notepc

2017年3月15日更新しました。

FF14は家族兄弟で遊んでいる方などは、デスクトップとPS3、もしくはPS4、ノートPCとの組み合わせで遊んでいる方も多いでしょう。

これだけあるプラットフォームの中で今ノートPCを選ばれる方の理由を考えてみると、
  1. 一体型でわずらわしい配線が必要なく設置が簡単
  2. 持ち運びが出来る。
  3. 存在を主張しない。
  4. 閉じればスリープになり扱いが楽。
  5. 居間などTVを見ながら横に置いて使える。
メリットはこのへんでしょうか。女性プレイヤーも多いFF14はノートでやってらっしゃる方も多いでしょうね。あと出張の多い方も検討してる方は多いはず。

デメリットとして挙げるなら、
  1. 詰め込んでコンパクトな分、デスクトップに比べて性能が劣る。
  2. 自分で交換できるのは基本メモリとHDD位。
  3. 液晶の質が低い(というイメージ)
  4. よくある15インチでフルHD解像度だと、文字が小さくなるので長時間使用は目が疲れる。
  5. 画面だけ壊れた時など、取り外しが利かず修理に結構な額を取られる場合がある。
  6. 液体がかかった時に致命傷になる場合も。

デメリットに関してですが、2017年になりかなり改善されてきたと思います。

1番目は比べれば確かにベンチは落ちますが、各々の性能がこの一〜二年で飛躍的に上がったので、もうノートじゃ遅くて遊べないどころか、大型のサブモニターを繋いで快適に遊ぶことも可能となってきました。GTX1000M番台のチップに置き換わる現在、FF14はもう余裕で動くようになったといっていいと思います。

2番目は以前より一体型が進んでおり、それ自体の交換も少し知識が必要そうです。その分容量も増えているので、わりと問題はなさそうですが。USBなどの速度もかなり上がっているので、外付けにデータを移行するのも気楽になってきたのもありますね。
 
3番目は確かに低価格ノートなどはTNパネルの見辛いものがありますが、ゲーミングノートと言われる物は総合的に高性能ですのであまり悪いものは返品されちゃうでしょうね。少なくとも管理人がレビューさせてもあったノートはすべて高品質なものでした。それどころか、単体モニターでは高級な機能であるG-SYNCがあらかじめ付いてるノートも登場してきています。

4番目それ単体だと確かに小さいですが、1番目でも言いましたが外部モニターへの接続がしやすくなったのもありますし、FF14自体もUIが改善されてフォントを大きく出来る様になったので、ほぼデメリットではなくなったと思います。上位モデルには17インチのものもありますしね。

5番目、これは経年劣化ですから仕方の無い所です。各ショップにある保証をしっかり使うなどで対応するしかないですね。修理の間ショップによっては代替機を貸してくれたりもするようですね。

6番目の液体は管理人の場合ブラックコーヒーだったのでなんとか持ちこたえましたが、砂糖など入っていたらもうダメだったかもしれません。これも気をつけるしかないですね。

FF14をフルHD画質で快適にプレイするという条件ならば、もうノートも十分選択肢に入るレベルになっていると思います。

今管理人がノートPCを買うのであれば、
  • 新生FF14ベンチマーク設定がノート高品質あたりで非常に快適レベルの性能
  • 持ち運びも考慮したら大きくても15.6インチ、フルHD1920×1080が表示可能なもの
  • 視野角が広くて見やすい液晶パネル
  • HDMI出力が付いていて、たまに居間の大画面TVや液晶モニターに繋いでプレイ出来る
  • SSDができれば標準装備
こんな感じのものがいいかなと思います。
以前はこういった条件でしたが、ノートの軽量化、薄型化が進んでるので17.3インチのものも十分な選択肢になってきているという印象です。 

具体的にスペックの理想は

CPU intel Core-i7 6700HQ〜7700HQ
VGA Geforce GTX1060M以上 / Intel HD Graphics 630 切替え
メモリ 4GB×2
HDD 2017になり徐々に大容量化SSD250GB HDD1TBなど
ドライブ DVDマルチ 読み書き
液晶パネル 15.6インチ以上 FullHD1920×1080 出来ればIPSパネル
入出力  USB3.0 Blutooth4.0 1000BASE-T有線LAN Wi-fi内蔵 HDMI出力端子

携帯性も重視するとこのスペックに行き着きました。
ただ、FF14などMMOは画面での数字や文字がとても多いので、ジョブによってはかなりの目の疲れを伴います。普段から3DSやPSVitaなどで遊んでいる方なら平気なのかもしれませんが、吉田P世代のおっちゃんには少々厳しいサイズになってきますね(汗)。

参考画像としてPCゲームに今一番売れているであろう液晶モニターEIZO FORIS FS2434-Rを例にとって、画面サイズの比較をしてみると…
gamen
吉田PのプレイSSを拝借してきましたが、15.6型ノートに至ってはこれだけ小さくなってしまいます。
UIの拡大が140%まで可能ですが、それだと今度はUIで画面が埋まってしまいますので、いっそ大画面に繋いで遊ぶのが無難ですが、それだとPS4でプレイする方が快適になってきそうですね。難しいところです。 
gamen2
逆にドラクエ10ならUIそのものがシンプルで大きいので15.6インチでも普通に遊べるでしょうね。


前置きが長くなりましたが上記の条件をふまえると、おっちゃん的見解  FF14おすすめの2017年ノートパソコンはこのあたりかな、と思います。スペックの詳細や、お値段は市場によって変わってきますので、製品写真や製品名をクリックしてお確かめ下さいませ。

Dospara(ドスパラ)


ガレリアGKF1050TNF

早速次世代モバイルCPUを搭載したモデルが出ました。Core-i7 7700HQ搭載にSSDも250GB、HDDも1TBついており、当面容量不足に困る事もないでしょう。
グラフィックも最新のGTX1050Mを積んでおり、ベンチマークもフルHD最高設定で8,000近い数値をだしています。エントリークラスでこの性能、お値段も15万円前後と今はこれかGTX1060M搭載機が総合的なスペックとお値段を考えるとバランス的におすすめですね。


TSUKUMO(ツクモ)

G-GEAR note N1563Jシリーズ N1563J-710/T
各社ノートはそれぞれメモリやストレージの無い半完成品を供給メーカー仕入れ、独自の色を付けていくパターンだと思いますが、そのベースモデルにも少しずつ差があります。
このモデルはHDDは500GBとかなり控えめですが、カスタマイズでSSD275GB+HDD1TBが+9,000円で変更可能です。液晶パネルはIPSと明記されてますので、グラフィック性能こそ最前線ではないですけど基本構成10万円とお安くノートPCでFF14を始めるにはいいかなと思います。


Mouse Computer(マウスコンピューター)
icon icon
NEXTGEAR-NOTE i5540SA1 icon
いつも紹介しているショップで推奨パソコンにノートが入ってるのはタイミング的なものもあるんでしょうが、ドスパラさんのみです(といっても完売になっていますが)ですが各ショップ魅力的なノートは沢山出しています。その中でもマウスさんはノートにもかなり力が入ってる印象ですね。このモデルも最新のCore i7-7700HQをベースにGTX1060M、16GBメモリ、SSD256GB+HDD1TB、IPS液晶パネルと旬なものを全て詰め込んだ高バランスなモデルになっていますね。

Dell(デル)
OriginalPng

alienware-13-laptop(2017/1/20発売)
スクエニが公式イベントやニコ超会議などで使うノートPCはほとんどこのデルのエイリアンウエアです。デザインとハイスペックを併せ持っているのでそうなるでしょうね。ですが他社と比べて幾分お高めなのも事実。このモデルは13インチモニターと今回紹介している中でも最小の部類です。デルのノートはデザインも凝ってますし、小型ですので持ち出す機会の多い方にはいいかなと思います。スペックもしっかり最新のCore i7-7700HQをベースにした構成でリンク先は4種ありますが、おすすめはプラチナグレードですかね。

以上、いいなと思う4つのショップからピックアップしてみました。それ以外にも沢山ありますが、自社工場で組み立てして納期もそれなりに早いとなるとこのあたりだと思います。サポートも皆しっかりしてますしね。

長くなりましたが、最初に記事を書いた頃(結構ネガティブな書き方)の事情と随分違ってきました。もちろん性能の向上によるポジティブな意味でです。デスクトップとの性能差はモバイルである以上あるんですが、FF14で遊ぶにはもはや十分すぎる性能をこの1〜2年でノートでも持てたという、時代の流れを感じます。今は沢山ノートPCもレビューさせてもらっていますしいい所も沢山知ったので、是非皆さんにも今時のノートを体験してもらいたいです。

以上、参考になれば幸いです。

※今回紹介している製品は推奨パソコンと銘打ったものはございません。あくまで管理人が独自に選んだものですので、ご購入の際にはスペックをよく確認し納得の上でご判断下さい。

 関連記事: