【GTX1080】蒼天FF14もおすすめハイスペックBTOパソコン【GTX1070】

新生FF14推奨パソコンを販売しているショップはマイナーチェンジを重ねながら主力製品としてアピールしています。PCゲームをするなら断然BTOパソコンがおすすめです。

現在はかなりハイスペックな推奨モデルも出てきましたが、新生FF14は設定次第でロースペックでも遊べる懐の広さがありますので10万円前後の推奨モデルもありますしPS4と迷ってる方も手を出しやすくなってるかもしれません。

管理人は現在自作PCでプレイしていますが、以前はツクモさんのBTOモデルでした。もともと自作派で旧14をしたくて構成を考えてたらほぼ同じものが販売されていたので買っちゃいました。理想のスペックで完成品が届くのはやはり魅力的ですよね。

そこで本題なのですが、
これから自作あるいはBTOパソコンでで新生FF14をプレイしてみたい!
または最新スペックに買い換えたい!という方に、まず2016年6月現在のPCパーツのトレンドをまとめ、その上でおっちゃんおすすめのBTOパソコンを選んでみました。

おさえたいポイントとしては、
・新生FF14は特にですが、お金を掛けるならCPUよりもグラフィックカードに
・マザーボードは基本H170チップセット、SLIや、CPUをオーバークロックしたければZ170チップセット
・メモリーは8GB以上(無駄なく使うためにOSはWindows10 64bit版を)
・読み込み速度の速いSSDにOSとゲームプログラム本体、画像・動画などの保存データはHDDに
・電源は適切な容量と出来るだけ高いグレードを(4段階あります)


拡張パック3.0でDirectX11になっても基本は同じです。

以下は主に価格コムの売れ筋上位のものや、
価格コムプロダクトアワードなどを獲ったものからピックアップしており、
値段は基本的に最安値の辺りを示しています。
円安の影響でほぼ輸入品のPCパーツは値上がり傾向ですので、
今は自作よりコスパの高いBTOPCを見つけて買うほうがお得でしょうね。

CPU
intel Core i7-6700K(Devil's Canyon)40,000円前後で価格コム1位。プロダクトアワードでも銀賞受賞です。FF14推奨PCにはよく1つ下のCore i7-6700が採用されており充分な性能ですが、6700Kはさらにオーバークロックで性能を引き出したい方向けです。ちなみにOCせずとも周波数がデフォルトで6700よりも高いため人気があります。ただFF14に関してはSSDの追加や上位グラフィックカードの交換に予算を割り振った方が体感差を得やすいと思います。CPUはゲームと同時にプレイ録画や配信などの重い作業をする事があれば違いが出る程度でしょう。

CPUクーラー
虎徹 SCKTT-1000
定番人気の空冷CPUクーラーです。現在1位で3,300円前後。CPU付属の純正クーラーでは心もとない方には安くてよく冷える代表だと思います。個人的には自分のPCに導入しておりますNoctua製のものが、さらに静かなファンとよく冷えるヒートシンクを備えており、サイコム製の静音PCにもよく採用されているようでおすすめです。

マザーボード
ASUS H170-PRO  現在1位で13,000円前後、SKYLAKE対応の最新H170チップセットです。台湾メーカーのASUSは手堅い作りが人気で、国産大手メーカー製PCにも昔からよく使われています。他にもASRockやGIGABYTE製があり、推奨BTOパソコンにはこの3社いずれかのH170マザーを使ってる事が多いです。CPUを定格で、グラフィックカードも一枚で使うならH170で十分ですが、もしオーバークロックやSLIやCrossFireなどカード2枚挿し以上を考えているのであればZ170チップセットのモデルを選ぶのが一般的です。さらに上を目指すならX99チップセットもありますが、ゲーム用途としては別ベクトルでオーバースペックなので同時にいくつものアプリを操作したいマニア向けな気がします。

グラフィックカード
STRIX-GTX960-DC2OC-4GD5 [PCIExp 4GB] 26,000円前後。新生FF14をメインに考えるならばスコアも7,000前後出る一番程よいクラスのカードです。ゲーム以外の低負荷時にはファンを止めて静音を期待できる賢い機能つきでおすすめです。GTX960であれば蒼天のイシュガルドベンチマークでも、フルHD最高品質でスコア7,000前後で遊べる事がわかりました。FF14ならばまずGTX960をおすすめしますね。あとはお好みのモニターの解像度などに合わせてアップグレードをしてゆければいいと思います。現在順位はGTX1080の登場で大きく変動していますが、10万円前後でかなりのオーバースペックですので、さらなる高みを目指す方向けになっています。


メモリ
コルセア CMK16GX4M2A2666C16(DDR4 4GB2枚組)1位で9,000円前後です。定格で使うなら十分ですが、今時なら最低8GB欲しいところです。オーバークロックを視野に入れるなら、高クロックに耐えられるものがおすすめです。メモリといえば、秋葉で一番品揃え豊富なPCショップArk(アーク)販売のサンマックス製のものもおすすめです。

SSD
SanDisk SSDプラス SDSSDA-240G-J25C 240GBで7,400円前後。これの導入の有無でPCの起動やアプリケーションの立ち上がり等、HDDに比べ読み込み速度にかなりの差が出ます。新生FF14は特にエリア移動時の読み込みが多いので超おすすめです。マザーボードがZ170なら、さらに高速なM.2スロット直挿しのSSDもついており高速化していますので人気です。保存データをHDDに貯めるなら、SSDは256GBで十分だと思います。

HDD
WD30EZRZ-RT Western Digital製 1位で約3TBで9,000円前後、2位は同社2TBなので必要な容量に応じて。SSDはOSやアプリケーション入れで、HDDはデータ格納と使い分けがおすすめ。もちろん多いに越した事はないのですが、よほど大量に動画などを保存するのでなければまず2TBで十分だと思います。

電源
コルセア クーラーマスターV750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP 12,000円前後、定番電源メーカー、Gold認証で手頃なお値段の750Wの製品ただいま4位です。個人的には同じコルセアでもRMシリーズがセミファンレスで静かな上、BTOパソコンへ採用もよくされて信頼性も高くこちらもおすすめです。電源のグレードはBronze,Silver、Gold、Platinumとグレードによって値段も上がりますが信頼度も上がります。ちなみにRMシリーズはすべてゴールド認証です。他にシーソニック、玄人志向などがよく名前があがります。

DVDドライブ
パイオニア DVR-S21L 現在7位で3,000前後。国産内蔵型DVDドライブといえばパイオニア製です。BTOパソコンには韓国LG製ドライブがデフォルトな事が多いです。ブルーレイ記録対応タイプはぐっと高くなり12,000円前後しますが、BD再生だけ出来る(DVDには記録可能)パイオニア製BDC-207BKがあり安めではあります。


ケース
Define R5 FD-CA-DEF-R5
 1年以上1位をキープし続けている管理人の超おすすめケースです。16,000円前後。スウェーデン製のケースですが、そのデザインと剛性、値ごろ感で今人気です。ファンの取り付けも自由度が高く組みやすい内部機構が口コミで広がっているようですね。サイコムさんではMicroATX版ですが水冷式ゲーミングPCのケースに採用されています。BTOパソコンは人気のあるケースを使ったり、ショップオリジナルを開発して売り出している所も多いです。最近同じコンセプトのMicroATX版も出ました。

まとめると
CPU…Intel Core i7-6700、予算があればより実クロックの高い6700K
CPUファン…基本純正のCPUに付属のもの、オーバークロックなどを考えるなら別買い。
マザーボード…intel H170チップセット ASUS製かASrock製あたりが鉄板
グラフィックカード…1920×1080フルHDモニターで遊ぶならGTX960が最適 今人気なのは上位GTX1080
メモリ…ちゃんとしたパッケージ入りのDDR4-1600 4GBを2枚(デュアルチャネル)
ストレージ…HDD2TBあたりが平均、出来ればSSDを120GB以上入れ、そこへOSやFF14をインストール
電源…グラフィックカード2枚挿しなどの予定が無いなら、SILVER認証以上の最低500Wのもの
DVD…DVD再生、DVD-Rへの書き込みが出来ればいい
ケース…パーツを熱で寿命を縮めない為にも通気、排気などがしっかり出来るATXサイズのケースがベスト。
マウス・キーボード…直接操作するものなので、店頭で確かめるのが一番。あまりに安いとカサカサギシギシうるさかったりする。ロジテック製あたりがおすすめ。
OS…基本Windows10ですが、Windows7や8.1も一応購入可能のようです。

以上、価格コムで人気の最新パーツで自作するならDSP版OSも含めてグラフィックカードのグレードによって13〜20万強というところでしょうか。(キーボードマウスモニター除く)

フルHD1920×1080の解像度で最高品質設定で7,000出ればベンチで最上位の「非常に快適」ですので
CPUがよっぽど低性能でなければGTX960で十分達成できるラインです。せっかくPC版ですし、PS4がフルHD最高品質で非常に快適クラスで動いているのでそれよりは高画質で楽しみたいですよね。

ですが今より高画質になるであろうDirectX11版の新生FF14や、フルHD以上の解像度で楽しみたいと思われるならGTX980、GTX970あたりで余裕を持っておいてもいいと思います。

2016年6月現在、上のトレンドをふまえ、
なおかつ新生FF14推奨BTOパソコンで探してみると
このあたりが一番近かったです。


GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン XF ガレリア XF
144,980yen(税別)
一番人気ドスパラ製BTOパソコンです。GTX970搭載で標準でSSDが480GBもついており長く使える一台でしょう。
GTX960搭載モデルももちろん快適に遊べますが、高解像度モニターも最近は増えていますしそれに耐えうる性能を持つためにも今ならガレリアXFが魅力的に思います。FF14蒼天ベンチDX11モードでも最高品質フルHDで11,000オーバー、OSはwindows10(7も選択可)、CPUはCore i7-6700、H170マザー、DDR4メモリ8GB、ストレージはHDD2TBもついています。

グラフィックカードが2015年の価格コムプロダクトアワードで金銀銅総ナメしたPalit製なのもポイントです。カードの負荷によってファンの速度が変わり、低負荷時には完全に0になり静音性も高いカードを標準搭載しています。納期の早さや、12回払いまで金利0のジャックスクレジットローンもポイントです。

ツクモ
G-GEAR ファイナルファンタジーXIV:
新生エオルゼア推奨PC | ハイエンドモデル

134,800yen(税別)
こちらも新生FF14推奨パソコンで、GTX970搭載機であり、SSDは240GBが標準搭載ですが、HDDはオプションですのでご注意です。オリジナルケースも最新の静音メンテナンスが向上したものに入れ替わりました。
ちなみにGTX960搭載のスタンダードモデルもくせのない構成でおすすめです。


BTOパソコンは少しの知識があるだけで簡単に交換アップグレードできるのがいいですよね。ノートや一体型PCはよくやってメモリ増設とHDD交換位ですし。そもそも、BTOパソコンは無駄な物が付かない上に自作よりも場合によっては安く付きますし、何より完成品で届くのはやはり安心です。

ちなみに今もっとも新生FF14プレイヤーに売れている液晶モニターが
EIZOのFS2434-Rでしょう。売れすぎて部材調達が間に合わずなのか、値上げしてリネームし再発売されました。


お値段は42,000円前後とお高めではありますが、
・日本製、新生FF14公式推奨モニター
・視野角に優れたIPSパネルを使用し斜めから見ても色変化が少ない
・画面のちらつきをほぼゼロにするフリッカーフリー
・色合いや輝度などを付属のアプリケーションで、マウスで簡単に調整出来る
・ゲーム内の暗いエリアを明るく映しだして視認性を劇的にアップさせる機能(SMART INSHGHT2)
・リモコン付きでPS4や他ハードの切り替えも簡単
・VESAに対応してるので、モニターアームを取り付け可能

ここまで揃っているIPSフルHDモニターはFS2434-Rだけです。アマゾンでもかなりの高評価ですね。
5年保証、国産ブランドの信頼性が付いてゲーム以外の用途にもしっかり使えるのでおすすめです。
その他、おすすめのモニターを別記事でも紹介しています→こちら

自作PCを15年ばかり趣味にしているおっちゃんからすると、今BTOパソコンを買うなら
ドスパラさんやツクモさんが大手ですし、大量生産する分コスパも良く新しい規格にも対応が早いのでおすすめです。実際よく売れているようですしね。秋葉原ではこの2店に加えてパソコン工房(ユニットコム系)とマウスコンピュータさんが、ゲーミングBTOパソコン販売の四大柱という感じに思います。

あとは、通販専門店ですがパーツのメーカーまでこだわりたければサイコムさん、ガチガチの高性能PCならストームさんが得意そうに思います。

以上、最新スペックのBTOパソコンで快適なエオルゼアライフを楽しんで下さいね!
ご参考になれば幸いです。

下記関連記事も、若干内容はかぶりますが定期的に更新しておりますので良ければどうぞ。

関連記事: