script data-ad-client="ca-pub-4727444826827181" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

FF14 POT BLOG

どこよりも早く更新!今おすすめのFF14蒼天のイシュガルド 推奨BTOパソコンを、PC専門店5ショップからピックアップしています!ブログ内にはレビュー記事もあり。各パーツの選び方の目安などもわかりやすく紹介しています。

    おすすめ

    5
      このエントリーをはてなブックマークに追加

    20160年4月 さらに性能アップ!GTX965M搭載モデル「ガレリアQSF965HE」も新発売しました!

    今回ドスパラさんのご厚意により、FF14蒼天のイシュガルド推奨ノートPCになりますガレリアQSF960HEをお借りできましたので、自分なりにレビューしてみたいと思います。

    ノートパソコンは省スペースで気軽に持ち歩けて、一体型で買い足しがなくていい、などデスクトップにはないメリットがありますね。そんな「ガレリアQSF960HE」は、CPUがSkylake-H世代にアップグレードし、回路が一段階微細化(14nm)されたことで基本処理の速度向上、さらに省電力にも貢献してますので前世代よりお得感は随分上がってると思います。
    ゲームなどの3D処理にNVIDIAのモバイルグラフィックチップ「GeForece GTX960M」を搭載しており、現在ノート型に組み込まれる物の中でも3番目(シングル構成で)に位置する性能を持ち、推奨モデルの上位にはGTX980Mを搭載したクラスがありますが、ぐっとお値段を抑えてしっかりプレイも出来るコスパの高い一台となっています。

     ガレリア QSF960HEの主なスペックは

    OS:Windows10
    CPU:intel Core i7-6700HQ (4コア8スレッド 2.6GHz ターボブースト時3.5GHzまで上昇)
    ストレージ:2.5インチHDD 500GB + M.2接続 SSD120GB 無料プレゼント中! 

    メモリ:8GB(DDR4 SO-DIMM 4GB×2)デュアルチャネル
    グラフィック:NVIDIA GeForce GTX960M メモリ2GB+インテルHDグラフィックス530
    DVD:DVDスーパーマルチドライブ(DVD/CD読み書き)
    液晶画面
    :15.6インチ ノングレア フルHD(1920×1080ドット)
    USB:2.0×1、3.0×2、3.1×1
    カードリーダー:SDカード(前面)
    グラフィック出力:HDMI×1、D-sub×1
    有線LAN:1000BASE-T
    無線LAN:IEEE802.11 ac/b/a/g/n
    Bluetooth:4.0+HS
    カメラ:HD画質 液晶上前面Webカメラ
    バッテリー:リチウムイオンバッテリー(公証2.2時間)
    サイズ
    :383.0(幅)×249.0(奥行き)×37.8(高さ) mm(B4サイズより少し横幅が大きい位)
    重量:約2.5kg(バッテリー込み)
    ※2016年2月12日現在

    上位モデルと大きく違う点はグラフィックのグレードもありますが、他にサイズと重量があげられます。よりコンパクトになり、液晶も15.6インチではありますが上位と同じフルHD解像度ですので、より高精細になります。オプションですがブルーレイドライブに変更すればより緻密な映像が見られるでしょうね。余談ではありますが動画支援のチップがついてますのでYoutubeでの2160p60fpsで検索した4K動画もヌルヌル動きました。(※回線速度によります)
     
    筐体サイズの違いもありバッテリーも小さくなりますので、消費電力の多いゲーム時などは電源アダプターをつないで使うのがよさそうですね。
     
    ストレージは基本HDDは500GBですが、それに加え只今キャンペーンとしてSSDが120GB無料で付いてきます。この価格帯でSSD付きはうれしいですね。さらに5,000円プラスすれば250GBに変更できます。

    USBも新しい規格の3.1がついています。対応した外付けストレージ等を繋げばさらに高速でアクセスできるようになります。HDMI出力端子もあり、マルチモニター化も容易ですね。

     ガレリア QSF960HE実機レビュー

    さてここから実機レビューをしたいと思います。本機はシンプルなデザインの手提げ付きの箱に入っていました。

    1box

    本体サイズは紙のサイズでB4程の大きさで、15.6インチというのもありますので持ち運びも割と楽です。

    2notemain

    同梱されている物一式です。本体とバッテリー、電源コード、マニュアルにPowerDVD12(シリアルコード付き)、PC-Doctor(OSの不調時に原因と修復をしてくれるソフト)、ドライバソフト。スペアのネジが入っていました。 

    4panel2

    液晶パネルはTNパネルで、上下の視認角度は少し色の変化が見られますがパネルの角度調整でベストの位置にもっていけます。左右の視認性は問題なく、パネル自体の質は高く全くにじみはありません。
    標準でLEDバックライト付きのキーボードですので、暗い手元でもしっかりタイプ出来ます。写真は設定を白にしていますが、付属ソフトで自分でエリア毎の色を変更する事も可能です。

    6etc
    写真のレイアウトの都合上変な順番になってしまいごめんなさい。右上がDVDスロット、右下がソフトでのキーボードバックLEDの色変更例、左は自宅の無線LAN機器ですが、ガレリアQSF960HEを初めて立ち上げて初期設定時、無線LANの項目で白丸のらくらくスタートボタンを押し続けるだけで、面倒なパスワードを打ち込むことなくすんなり開通しました。
     
    5side

    本体左右側面のインターフェース群です。上が左側、下が右側です。有線マウスを付ける場合は左から回して付けるほうが邪魔にならないので左側にUSBが多いのは便利ですね。右側にはUSB3.1だけがついています。
    他に主だった所でDVDスロットにD-sub出力、LANコネクタ、HDMI出力に電源ジャック、ヘッドフォン端子、液晶パネル上部にビデオチャット用のマイクとカメラは付いていますが、別にマイク端子が付いています。

    killer

    無線LANがすんなり開通しましたが、実はこのノートの売りは有線LANにあります。ゲーマーのために開発されたイーサネットの回路で、Killer E2400という物騒な名前ですが、同時に立ち上がっているネット回線を使うソフトの優先順位を自分で決められるソフトが同梱されてますので、突然の回線切れなどを極力おさえ、安定した回線品質を保てるという、特にオンラインゲームに特化した機能といっていいと思います。写真の白丸の部分が、プライオリティ(優先度)でFF14を一番にした状態です。 回線落ちの許されないような固定メンバーでの攻略時など不安要素を出来るだけ潰したい方には、頼もしい機能かもしれません。

    sbcinema2
    サウンド関連もしっかりしています。PCゲーマーの音響機器の一番人気といえばシンガポールの会社クリエイティブの製品で、そのサウンドチップが組み込まれておりますので、臨場感溢れるサウンドが楽しめます。youtubeでの5.1chのデモ動画などで確認してみると擬似サラウンドではありますが、その効果がわかると思います。もちろんDVDの映画も、左右の音がはっきり分かれ、セリフがちゃんと真中から聞こえるので、自分だけのミニシアターとして楽しめますよ。
     

    7multi
    HDMIを自宅の液晶モニター(EIZO FS2434)に接続してフルHDの2画面マルチモニター化してみました。ケーブルは少しかさばりますが、これで画面のサイズを気にすることなく、プレイしながら調べ物なども簡単にこなせますね。腰を据えてプレイ時など必要な時だけマルチ化し、ソロ時などはこたつの上なり、寝室なりでギャザクラをまったり、など自由が効くのもノートの利点ですね。

     「ガレリアQSF960HE」製品特長の詳しくはこちら

     ベンチマークからみるQSF960HEの性能と実際の使用感

    お約束のベンチマークです。皆フルスクリーン、DirectX11で計測しています。
    1920hdsaiko
    基本のフルHD(1920×1080)最高品質です。GTX960Mモバイルチップとはいえ「快適」クラスに入っています。推奨ノートPCたるゆえんですね。平均フレームレートは33.795でした。
     
    notehighhd
    チップにあまり高負荷をかけ続けたくない、という方には高品質(ノートPC)でちょうどいい設定加減になりますね。もう少しで「非常に快適」に届く数値が出ています。平均フレームレートは49.677でした。

    nomalnote
    標準品質まで落とせば、平均フレームレートも76.925まで上がりリフレッシュレートも十分になります。普段ここまで落す事はないと思いますが、長時間高設定で遊んだあとにクールダウンのために設定を緩める、という使い方もありかもしれません。
     
    ddon
    ついでにですが、カプコンのドラゴンズドグマオンラインのベンチも計ってみました。最高品質の設定でとても快適と出ました。こちらのゲームもされている方にもうってつけのノートですね。

    ffss

    もしかしたら、推奨ノートでも下のクラスだから動くか心配だった方がいるかもしれません。そこはもうまったく問題ありませんでした。
    FF14の新しめのコンテンツ、24人で挑む「魔工船ヴォイドアーク」に参加してみました。フルHD、ノート高品質でネット回線は有線LANにしています。当然ですが回線が不安定になることもなく、遅延もないので攻撃範囲を出たのにダメージを受けた、という事もなかったですし、24人と巨大なボスがひしめく場面でもデスクトップと同様快適に攻略出来ました。従いましてこれ以下の人数で挑むIDやレイドなどはまず問題なさそうです。ただ液晶のサイズなりに、UIなどは結構小さくなります。巷には15.6型ノートは他のメーカーでも結構出てますので、念のため電気屋さんなどでサイズ感はチェックしておくといいかもしれませんね。

    今回お借りしたノートにはSSD(現在120GBプレゼント中)がついてなかったので、エリア移動のローディングは時間を要しましたが、キャンペーン中に購入すれば、PS3や4から移行した方はエリア移動の快適さをしっかり感じられると思います。

    あと良かったポイントとして、Windows10の高速ブートに対応してますので、電源オンからの使用可能になるまでの時間がかなり短くなったのと、ノートを閉じてスリープからの復帰も随分速くなっていますね。
     
    ひとつ気になったポイントは発熱です。左側面からグラフィックチップを冷却するファンが廃熱を行ってるんですが、長時間プレイをしていると結構な熱とファン音をだしますね。プレイをしていないときはほぼ気にならないレベルになります。熱の逃げ場をつくるため、ノートの置き場所は左側にスペースがある所がよいかもしれません。
    netu
    上の写真ですがガレリアQSF960HEにはゲームプレイ前提で作られているため、廃熱にも気を使っており左上の青いボタンを押すと強制冷却ファンを任意で回せる様になっています。長期戦がしいられる戦闘などは、あらかじめ回しておくなどするといいかもしれませんね。

    レビューは以上です。現在自宅にはメインのPC一台しかありませんので、何かあった時のサブPCが欲しいなと常々思っていまして、ガレリアQSF960HEは携帯性や最新のスペック、マルチモニターのしやすさなどトータルの使いやすさのレベルが高く、その上お値段も十万円前半というのですから、私も欲しくなりましたし、メインの方もサブの方にもお勧め出来るノートPCだと思いましたね。

    ギャザクラを頑張ってる方にはわかる話しだと思いますが、マイスターシステムという非常に悩ましいものが追加されました。8職ある製作クラスのうち、1キャラだと最大3職までしかマイスターになれず、マイスター以外は専用レシピが作れません。最悪今後見知らぬ人の銘が入った装備を身につけなくてはならない事態も…途中でマイスター変更する手も残されてますが、いっそ2キャラ目を作ってクラフターだけでも60にすれば6職まで自由に出来るのに…と思ってしまいます。そんな場合に2つアカウントがあると色々便利なんですよね。メインはデスクトップやPS4であっても、並べて遊べ、かつ持ち歩けるノートがサブにあると何かと捗るなぁと今回思いました。

     ガレリア QSF960HEの価格・購入方法は

     ガレリアQSF960HE」基本構成 税込み価格140,378円+送料2,160円です。※2016年2月現在

    safty

    ノートPCは、デスクトップ機よりも様々なトラブルに巻き込まれ易いもの(経験者)誤って落下させたり、飲み物をこぼしてしまったりした場合は丸ごと修理に出す事になります。そんなまさかの時のためにセーフティサービスに入っておくと安心です。月額680円から加入出来、破損度にもよりますが、大抵の部品交換、修理は無料で行ってくれます。さらに加入による特典として
    送料無料込みで5,000円値引きになります。くわしくはこちらにどうぞ。

    ssd

    上でも書きましたが今ならSSD120GBがもれなく無料でついてきます。こんなキャンペーンは他社ではなかなか無いので購入を検討されている方はお急ぎ下さい。SSDは読み込みが速い上に無音ですし、発熱・消費電力も少ないのでノートPCには特に向いていると思います。

    納期が早いのも特長で、午前中までに注文確定でカスタマイズ含め2日後には出荷します。

    そして古いPCがあるなら、どんなパソコンでも1,00
    0円で引き取ってくれるので併せてどうぞ。

    ※上図は2016年2月現在のものであり、時期により変更する可能性がありますので詳しくは公式サイトでお確かめください。
     
    お支払い方法は、最も早く手数料もかからない方法がジャパンネット銀行のリンク決済、次にクレジットカードでの注文が早いです。その他コンビに決済に代引き、銀行振込など。

    そしてパソコン本体に限りますがJACCS分割払いの場合、1回ボーナス払いか、12回払いまでなら金利0%になるキャンペーンを好評につき延長実施中です。高い買い物ですので悩んでいる方には大きなポイントかもしれません。詳しくはこちらにどうぞ


    以上、ご参考になれば幸いです。

    2016年4月さらに性能アップした「ガレリアQSF965HE」も発売しました。こちらも是非チェックを!

     
    関連記事:ドスパラFF14推奨PCレビュー

      5
        このエントリーをはてなブックマークに追加
      この一年ほど、主要なパソコンショップのBTOパソコンを追って来て、実際に秋葉原に行き実機も可能な限り体験してきました。 その中で、BTOパソコンを実際にお借りして、レビューする機会まで頂きました。

      基本ショップBTOパソコンは、自作PCの延長上のものであり簡単に言えば代行業であるため、共通のパーツを使う事が多くPC自体にはあまりショップごとの色を出しにくいものです。
      なので初めてBTOパソコンを買おうとする方には、スペックだけ見ても特にその差を見いだすのは難しいと思います。

      話は少し逸れますが、最近南條愛乃さんという人気声優さんが放送する
      エオルゼアより愛をこめて」というWebラジオを聞いたのですが、南條さん目当てで聞きに来た人たちが、楽しそうにプレイする様子を聞いて興味を持つ方も多いようで、どんなパソコンを買ったらいいですかなどの質問が結構ありました。FF好きのみならず、こんなルートでも新規さんが増えたりするんだなぁと思いました。

      話を戻し、まず安心して買える第一条件として、スクエニ公式の推奨ページに載っているかがありますね。
      非公式で推奨モデルを売っているショップも結構あります。
      決して動かないわけじゃないですが高い買い物ですし、よほどそのショップが好きとかの理由がなければ手を出しにくいですよね。

      さてその第一条件をクリアしても、そこからどれを選ぶか。
      まず自分だったら、推奨モデルと謳いながらも、リンク先にただ製品の写真とスペックが書いてあるだけのページなら安くてもスルーしちゃいます。新生FF14専用のページを設けているかが第二の条件ですね。

      そういうショップはぐっと限られてきます。
      今までここで紹介してきたBTOパソコンはここが充実している所を選んでいるつもりです。
      特に詳しく紹介しているのは、ドスパラさんとサイコムさんですね。

      さらにそこから各ショップごとの付加価値を詳しく調べていくのですが、ここFF14POTBLOGで総合的に見て結論から申しますと…

      2014年FF14推奨BTOパソコンのベストバイ
      ドスパラの「ガレリア XT-A」を始めとした推奨ラインナップになると思います。

      基本スペックは
      OS…Windows7か8.1を選択可能
      CPU…intel Core i7-4790(+5,000円で4790K+静音CPUFANに交換)
      マザーボード…intel H97チップセットATX 
      メモリ…PC3-12800 DDR3 SDRAM 4GB×2枚組 
      HDD…SATA3 7200rpm 2TB
      SSD…価格コム金賞記念128GBプレゼント中(+6,000円で
      256GBを選択可)
      グラフィックカード…NVIDIA Geforce GTX760 2GB(メモリ4GB+静音タイプに+3,500円で交換可)
      電源…AcBel製 80Plus Bronze認証 500W 
      DVD…マルチDVD/CDドライブ
      ケース… オリジナル ガレリア専用KTケース(4種類のケースから選択可能)

      価格129,980円(税込み140,378円+送料2,160円 計142,538円)※2014年12月19日現在    


      理由は、コスパの高さは基本として、
      ドスパラさんの推奨モデルの性能別バリエーションの多さ、各モデルのベンチ値の明記、
      新しいパーツなどが出た時、いち早く動作検証しリリースするスピードや、
      今回の90日無料シリアルカードが貰えるキャンペーンにも即専用モデルを出してくる事など、
      いかに新生FF14に重点を置いているかをこの一年みて来て感じました。

      そして今使っているパソコンの下取りによる割引や、
      12回払いまで無金利で組めるショッピングローンなども親切な取り組みだと思います。
      あとは納期の早さです。神奈川県綾瀬市にある大きな工場で管理してますので
      在庫数も潤沢ですし、カスタマイズしても注文後2日後には出荷されます。

      急激な円安で、輸入パーツだらけのパソコンはどうしても直であおりを食らってしまい、
      特にこの2ヶ月ほどは値上げを余儀なくされているのは仕方のない所ですが、
      ドスパラさんはそれでもオプションパーツを格安で提供し続けており、
      特にSSDなど他のショップは120GBがオプションで5,000〜7,000円アップなところ、
      3,000円で提供、今なら無料プレゼント中です。256GBも安く付けられます。
      またファンの回転数が高くうるさいグラフィックカードを静音タイプ+4GBメモリのものに3,500円でアップグレードにできたり、新生FF14のためにMMO向けのマウスやキーボードのオプションがあったりと、
      キャンペーンごとに細かい更新をしているカスタマイズ画面もポイント高いです。
      もしカスタマイズ困ったら、サポートとチャットでやり取り出来るのでどんな質問もぶつけてみればさらに最適な一台が完成すると思います。

      以上ここまですべて出来ているショップは見る限りドスパラさんだけです。

      その企業努力が口コミとなり、「ガレリアXT-A」は価格コムでも常に上位にランクインしていましたが、
      今年2014年、数ある大手メーカーパソコンを差し置いてデスクトップパソコンの部門で
      価格コムプロダクトアワード金賞を受賞し、いかに今年よく売れたBTOパソコンかを証明しています。
      それにこれだけ売れたのは新生FF14というキラータイトルがあったからこそじゃないかと個人的には思います。

      もちろん「ガレリア XT-A」は推奨というだけあって新生FF14をプレイするには十分なスペックを備えており、一番の売れ筋であるフルHD1920×1080の液晶モニターで新生FF14ベンチキャラクター編は最高品質でも9,500をマークし、最高評価「非常に快適」である7,000を軽く越えます。
      これはどのショップも標準に積んでいるカードでGeforce GTX760になりますが吉田Pもこのカードをオススメしておりますし、長く安心して使える思います。
      そこにSSDが無料で128GB付いた上でSSDにOSもインストール済みでまず画質や速度に不満が出る事は無いでしょう。
      いずれ物足りなくなる時が来るなら、グラフィックカードを買い替えれば性能アップも簡単なのがBTOパソコンのいい所ですし。

      あと基本ソフトも余計な物は一切入らず動作も軽快で、大手メーカーパソコンのように一度も使わないソフトで容量を圧迫したり、期限切れで頻繁に催促してくるわずらわしさもありません。

      パソコンは自分で自由にパーツを選んで組む楽しさもありますが、反面
      初期不良時の交換や、組み込み時に誤って破損させたときのリスクは全て自己責任ですので、「ガレリア XT-A」だけに限りませんが、PCゲームをするならよほどパーツに拘りが無い限り完成品で保証があるショップBTOパソコンが一番です。

      これはもう、今のSO◯YやTO◯HIBAやFU◯ITSU、N◯Cにも出来ない事です。
      昔はまだグラフィックカード付きのモデルも販売していましたが、ほぼCPUの内蔵グラフィック機能のみになってしまいました。FF14ベンチだと最高品質2〜3,000程です。品質を落せば遊べない事もない、程度なのでそれならPS4を買った方がいくぶんましですね。

      以上のことをふまえ、この一年ほど色んなBTOパソコンを紹介して来ましたが、
      「FF14POTBLOG」的には、
      推奨モデル専用ページの情報量や更新頻度、
      キャンペーンへの迅速な取り組み、
      ラインナップの豊富さとオプション含むコスパの高さから、
      ドスパラさんが新生FF14への熱意を一番感じましたし、
      加えて価格コムでも金賞受賞をした「ガレリア XT-A」をベストバイに選びました。

      12月20日・21日の新生FF14ファンフェスにガレリアXT-Aが正式出展されるそうです。
      来場される方は是非実機を試してみて下さい。

      FF14推奨キャンペーン専用モデル「ガレリア XT-A CP」なら、OSがwindows 8.1ProでCPU Core i7-4790K
      が標準装備になりシリアルカードが3枚、2015年1月14日までに対象モデルを買ってキャンペーンに応募すれば、上乗せスペック分お値段は高いですが、新規アカウント+最大90日分のプレイ権を貰えるので、これから始める方には特にコスパが高いと思います。

      以上、ご参考になれば幸いです。


      ベストバイの選定は個人の見解でのものです。ご参考程度にとどめて下されば幸いです。
      キャンペーンによってはオプションのラインナップが変わったり、値段が変わったりすると思いますので、正しくは公式ページにてご確認されるようお願い致します。

      関連記事:
      【ドスパラ】新生FF14推奨BTOパソコン ガレリアXT-A【レビュー】
      【GTX970搭載】 ドスパラ ガレリアXFレビュー【バンドルゲーム付き】
      新生FF14 GTX980・GTX970デビュー ベンチマークとおすすめBTOパソコン

          このエントリーをはてなブックマークに追加
        camptitle

        11月14日からお得なシリアルコード(レジストレーションコード+プレイ権30日分チケット)がもらえるキャンペーンが始まっています。
        条件を満たせば最高シリアルカード3枚、つまり一人分のアカウント+最高90日分遊べます。

        scord
        以下いずれかの対象の商品を買い、応募することでシリアルカードがそれぞれもらえます。

        ・Intelの対象CPU(1枚)
        ・Windows 8.1Pro DSP版(1枚)
        ・指定のショップ製新生FF14推奨BTOパソコン(3枚 但し下記CPUとwin8.1Proを選んだ構成のもの
         
        以下キャンペーンの対象商品の補足とおすすめBTOパソコンの紹介をしてみようと思います。

         CPU(シリアルカード1枚…アカウント1つと無料期間30日)


        Intel CPU Haswell LGA-2011-v3 LGA-1150
        Core i7-5960X 3.00GHz Haswell-E エクストリーム・エディション【BOX】
        Core i7-5930K 3.50GHz Haswell-E【BOX】
        Core i7-5820K 3.30GHz Haswell-E【BOX】
        Core i7-4790K 4.00GHz Devil's Canyon【BOX】
        Core i5-4690K 3.50GHz Devil's Canyon【BOX】

        Ivy Bridge-E LGA2011(一世代前)
        Core i7-4960X 3.60GHz Ivy Bridge-E エクストリーム・エディション【BOX】  
        Core i7-4930K 3.40GHz Ivy Bridge-E【BOX】 
        Core i7-4820K 3.70GHz Ivy Bridge-E【BOX】 


        推奨PCからCPUを選ぶ場合、マザーボードの規格のため
        Core i5-4690KかCore i7-4790Kのどちらかになります。

         対象OS(シリアルカード1枚…アカウント1つと無料期間30日)


        Microsoft Windows 8.1 Pro (DSP版) 64bit 日本語
        CPUとWindows8.1Proを同時購入し、シリアルカード2枚ならアカウント1つ+無料期間60日ということです。もちろん1枚ずつ使うのもありでしょう。

         対象PCショップ製 新生FF14推奨BTOパソコン

        ドスパラ
        ガレリア DM CP
        CPU…Core i5-4690K
        GPU…NVIDIA Geforce GTX750Ti 2GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 8GB(4GB×2)
        HDD…500GB
        MB……Intel B85チップセット Micro ATX
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        109,980円(税別)

        推奨モデルのエントリークラスでCPUとGPUともに一つグレードを下げてますがベンチ的にはフルHD最高設定でも「とても快適」クラスで、PS4のクオリティレベルに近い性能だと思います。ケースも小ぶりなので扱いやすいです。
        ガレリア XT-A CP
        CPU…Core i7-4790K
        GPU…NVIDIA Geforce GTX760 2GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 8GB(4GB×2)
        HDD…2TB
        MB……Intel H97チップセット ATX
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        135,980円(税別)

        スタンダードモデルである元のXT-Aと比べて4790Kが標準でついており格安で付くSSDを足せば快適になる定番スペックです。フルHDモニターで遊ぶなら最高設定でも十分です。ドスパラでも売り上げナンバーワンのモデルのFF14特別カスタム品になります。
        ガレリア ZG CP
        CPU…Core i7-4790K
        GPU…NVIDIA Geforce GTX980 4GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 16GB(8GB×2)
        SSD…256GB(Crucial MX100)
        HDD…2TB
        MB……Intel Z97チップセット ATX
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        210,980円(税別)

        同じくFF14用特別カスタム品で、現時点で最高性能のGTX980を搭載したモデルでしっかりとメモリ16GBとSSDも標準でついております。今なら静音ファンのGTX980に無償交換も実施中です。FF14に限らず高スペックを要するゲームにも余裕もって対応でき、4KテレビにHDMI接続して広く画面を使う事にもおすすめなモデルです。
        キャンペーン専用にカスタマイズ済みのモデル3種です。このまま買えばシリアルカード3枚付いてきます。現在22周年キャンペーンも実施中で、その他のカスタマイズも特価で組み込めるチャンスです。支払い方法が豊富で、中でもジャックスでのショッピングローンは12回まで金利ゼロキャンペーン中なので買いやすいと思われます。

        パソコン工房
        icon icon
        GS7100-i7-TMB-FFXIV icon
        CPU…Core i7-4790K
        GPU…NVIDIA Geforce GTX970 4GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 8GB(8GB×1)
        HDD…1TB
        MB……Intel Z97チップセット ATX(11月現在MSI製)
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        137,980円(税別)

        推奨モデルをGTX970とGTX980だけに絞って製品化しています。その上価格も抑えて買いやすく、ある程度の拡張性やOCなどにも対応するZ97チップセットがベースに、あとは好みに応じてHDDを増量したりSSDをつけたりすればさらに快適になるでしょう。
        icon iconGS7100-LCi7-VMRB-FFXIV icon
        CPU…Core i7-4790K(水冷式CPUファン:メンテナンスフリー)
        GPU…NVIDIA Geforce GTX980 4GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 16GB(8GB×2)
        SSD…250GB(サムスンEvo840)
        HDD…1TB
        MB……Intel Z97チップセット ATX(11月現在MSI製)
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        183,980円(税別)

        水冷ファンを採用したり、SSDも速いと評判のものを使ったりと今時のトレンドを取り入れた上にGTX980搭載機で18万円台はかなりコスパが高いと思います。あとはHDDが少なければ足す位でかなり快適なプレイが出来そうです。
        スペックと値段設定だけを見ると今はパソコン工房さんがかなりお得感があります。これにFF14アカウント+90日無料が付くんですから現時点ではGTX980搭載機でFF14をするならGS7100-LCi7-VMRB-FFXIVはおすすめです。

        あと公式のキャンペーンページではまだ推奨パソコンのラインナップに入ってませんが、ツクモさんも推奨パソコンのカスタマイズでCPUを対象のCore i5-4690KかCore i7-4790KにしてWindows 8.1Proにすれば、シリアルコードが3枚貰えるようです。

        ツクモ 対象FF14推奨BTOパソコン 
        G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC | エントリーモデル
        G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC | スタンダードモデル
        G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC |ハイエンドモデル

        現時点では、キャンペーン用に対象のものを組み込み済みでリリースしているのは上記ドスパラさんとパソコン工房さんだけになっているようです。今後さらに増えていくと思われます。

        あとはシリアルカードをもらったら、こちらで応募すれば、もれなくゲットです。
        以上、参考になれば幸いです。

          このページのトップヘ