script data-ad-client="ca-pub-4727444826827181" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

FF14 POT BLOG

どこよりも早く更新!今おすすめのFF14蒼天のイシュガルド 推奨BTOパソコンを、PC専門店5ショップからピックアップしています!ブログ内にはレビュー記事もあり。各パーツの選び方の目安などもわかりやすく紹介しています。

    ツクモ

    5
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    0021


    2014年9月19日にNVIDIAからGeForce GTX980GTX970を皮切りに、低消費電力に高パフォーマンスを実現したMaxwellコアを搭載した新ブランドが発売、それ以後同コアのGTX960TITANX、さらに2015年6月にGTX980とTITANXの間を埋めるGTX980Tiがリリースされました。
     


    CPUがCore i7-4790での目安ですが、新生FF14ベンチンチマークは上の表あたりを数値をマークします。

    GeForce GTX750(Ti)で新アーキテクチャのMaxwellコアを採用し、その高性能・低発熱・低電力ぶりで一気に人気カードになりましたが、今回GTX970・GTX980はその大本命になります。

    当初2chなどでは消費電力は低くても性能もそこそこでシングルGPU最上位の780Tiは超えられないだろうという予想でしたが、蓋を開けてみればGTX980定格で780Tiを1割以上超える性能を出してきました。
    その下のGTX970でさえGTX780TiとGTX780の間位はあり、Radeonの最上位R9 290Xに迫っています。

    新生FF14のベンチに至っては「非常に快適」クラスの2倍以上を叩き出し、WQHD(2560×1440)の解像度の液晶モニターでも最高品質でプレイ出来るレベルです。

    それに加え消費電力も格段に低くなっておりカード単体としてもすごい勢いで売れているようで、価格コムの売れ筋ランキングも各メーカーのカードでほとんど埋まっている状態です。実際管理人もGTX980を購入しました。

    さらに別ページでも紹介していますが、2015年1月にGTX960も仲間に加わり、GTX980・970・960・750Tiを搭載するBTOパソコンが引き続き売れ筋になっています。

    そこへさらにGTX980の上位であり、最上位のTITAN Xよりわずかに性能を落としたGTX980Tiを搭載したモデルも各ショップ出揃いました。DX11最高品質で非常に快適には少し届きませんが、4K(3840×2160)でのプレイもカード一枚で可能になってきたようです。価格もTITANXに性能的は近いのに10万円あたりのものも出ていてコスパは高そうです。

    ここで紹介するGTX970&GTX980搭載機は、推奨パソコンではない物も中にはありますが、フルHD60Hzの環境にでは物足りない、などさらなるスペックにこだわりたい方のためにおすすめなモデルです。

    スマホでご覧の方は、お手数ですが横向きにして頂くと幸いです。製品写真タッチからも公式ページへ移動できます。

    ドスパラ
    ファイナルファンタジー XIV: 新生エオルゼア 推奨パソコン ガレリア XF
    ¥154,980〜(税別)
    購入方法店舗・通販
    東京三菱UFJ銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャパンネット銀行リンク決済、ジャックスショッピングクレジット、各種クレジットカード
    CPU Core i7-4790 HDD/SSD 2TB/120GB
    VGA GeForce GTX970 4GB静音 Memory 4GB×2
    MBintel ATX H97chipsetOSWin 8.1 or 7
    当GTX970搭載機なら144Hzなどの高リフレッシュレートモニターや、27インチWQHDのモニターでフル画面で遊びたい方にはちょうどいいモデルです。HDDは2TBあり、256GBのSSDの追加も割安です。GTX970カードは、低負荷時にはファンが止まる静音タイプを標準搭載。さらに今なら120GBのSSDが無料でつきます!
    上位のGTX980を搭載したガレリアZGは、Core i7-4790Kに16GBメモリにSSD256GB付き、ブルーレイドライブ・Z97マザーでSLIなど拡張性もある全部入りで買い足しなく楽しめます。
    さらにGTX980推奨モデルにスリムケースを採用したガレリアSGが追加されました。ミドルケース機と性能は遜色なく、SSDも追加可能です。
    6月になりGTX980Tiがリリースされ、搭載PCのガレリアXiガレリアZIが出ています。

    カスタマイズ込みでも2営業日で出荷し、支払いが12回まで無金利でローンが組めるキャンペーンも引き続き行っており好評のようです。

    TSUKUMO(ツクモ)

    G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC |ハイエンドモデル
    ¥134,800〜(税別)
    購入方法店舗・通販
    みずほ銀行振込、代引き、ジャックスショッピングクレジット、各種クレジットカード
    CPU Core i7-4790 HDD/SSD 1TB/option
    VGA GeForce GTX970 4GB Memory 4GB×2
    MB GIGABYTE GA-H97-HD3 OS Win 7or 8.1
    上記モデルはは4種ある推奨パソコンの中で、GTX970搭載のハイエンドモデルになりますが、構成をシンプルにして価格を抑えているようです。
    新ケースに総入れ替えされ、更なる性能アップやメンテナンス性の向上を果たしました。
    6月になりGTX980Tiがリリース。推奨モデルではないですが、搭載PCのG-GEAR neo GX7J-Y63/ZEが出ています。

    マウスコンピューター

    マウスコンピューター/G-Tune NEXTGEAR i640GA6-FF14 icon
    icon icon

    ¥149,800~(税別)

    購入方法店舗・通販
    銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャックスショッピングローン、各種クレジットカード
    CPU Core i7-4790 HDD/SSD 1TB/120GB
    VGA GeForce GTX970 4GB Memory 8GB×2
    MB intel Z97 chipset OS Win 8.1
    現在FF14推奨BTOパソコンは、GTX970とGTX980搭載の2種類となっているようです。
    上記モデルはCPUがCore i7 4790Kでメモリが16GB標準で電源が700WとFF14推奨GTX970搭載機の中ではコスパ高めな基本構成になっています。カードリーダー付きです。
    GTX980を搭載したNEXTGEAR i640PA5-SP-FF14 iconiconもグラフィックカード以外は同じ構成で税別179,980円と、SSDはオプションというスタンスは変わらず、カスタマイズの幅は狭めではありますがその分お安くなっているようです。

    パソコン工房

    ゲームパソコン GS7100-i7-TMB-FFXIV
    ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 推奨パソコン
    icon
    icon icon
    icon icon

    ¥137,980~(税別)

    購入方法店舗・通販
    三井住友銀行振込、代引き、コンビニ決済、各種ネット銀行、Pay-easy、じぶん銀行、郵便振替、オリコショッピングクレジット、各種クレジットカード
    CPU Core i7-4790 HDD/SSD 1TB/option
    VGA GeForce GTX970 4GB Memory 8GB×1
    MB intel Z97 chipset OS Win 8.1
    4機種あるFF14推奨モデルの1つでGTX970搭載機になります。ツクモ製のハイエンドモデルとほぼ同じスペックですが、マザーが上位Z97でOCやSLIなどに少し差があります。今なら7,000円オフです。
    上位モデルであるGS7100-LCi7-VMRB-FFXIV iconはGTX980搭載で水冷CPUとSSDで速いと評判のサムスン840Evo250GBが付いて18万円台とコスパの高い構成となっています。
    6月からGTX980Ti搭載モデル「GS7100-i7-XMB icon」も登場しました。
    これらはフェイス、IIYAMA、パソコン工房で共通のモデルになり、エオルゼアカフェでは現在パソコン工房製のPCが置かれています。

    サイコム
    G-Master Hydro-GK3-FFXIV ★新生FFXIV推奨PC ★Hydro

    ¥194,930~(税込み)

    購入方法通販のみ
    三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、郵便口座への振込、代引き、セブンイレブン先払い、各種クレジットカード
    CPU Core i7-4790 水冷 HDD/SSD 1TB/option
    VGA GeForce GTX970 4GB水冷 Memory 8GB×2
    MB ASRock Z97 Extreme4 OS windows8.1
    今ならボーナスセールでGTX搭載BTOPCは最大5,000円引き+送料無料!
    CPUとグラフィックカードに水冷ユニットを標準装備した、静音+性能を追求したモデルになります。ケースもFractal Design最新のDEFINE R5を使い、メンテナンス性と静音性がアップしています。 管理人も買いましたが冷却に長けたお勧めのケースです。
    コストを抑えたい方には標準構成のG-Master Spear Z97-FFXIV でGTX970や980にカスタマイズ可能です。6月からGTX980Tiの水冷仕様のカードも選択可能になりました!マザーボードから選べる豊富な品揃えのカスタマイズ画面は、ちゃんと相性によって警告が出るのでわかりやすいです。
    納期と価格は他のショップよりは長く高めにはなりますが、こだわりのパーツを自由に選べて、プロの組み立てによる配線も美しい、自作派にもいじり甲斐のある一台だと思います。


    コスパが高いのはやはりGTX970搭載機でしょうね。一つ下のGTX960搭載機とあまり価格差が少ない割りにパフォーマンスはFF14ベンチで4,000以上の開きがありますし。

    紹介した中でGTX970搭載モデルを選ぶなら、ドスパラさんのガレリア XFが、価格コムでも受賞されコスパ静音ともに定評のあるPalit製GTX970カードを使用しており、SSDの追加も割安でHDDも2TBありますので、特に買ったままで中はいじりたくない方には、SSDの追加だけ最初にしておけば快適に長く使える一台になると思います。(8月現在もSSDが120GB無料で付いています。)
    期間限定で推奨モデルではないですが、マウスさんの上記MDV-GZ7560X2-SHもお得になっています。

    GTX980搭載モデルでしたらドスパラのガレリア ZGがグラフィックカード以外の構成も充実しており買い足しもなくおすすめです。上にも書きましたがドスパラはジャックスの分割払いが12回まで金利負担するキャンペーンが好評で買いやすく、注文から2日で発送されるのも好ポイントです。


    パソコン工房さんのGTX980モデルGS7100-LCi7-VMRB-FFXIV iconもスペック重視の方にはコスパ高めだと思います。


    自作趣味な管理人の個人的おすすめはサイコムさんのフルカスタムモデルですね。パーツひとつひとつメーカー・型番指定出来ますし、リストにないパーツも可能であれば組み込んでくれる融通も効くようです。世界に一台のわがままな完成品が欲しいならここです。

    管理人のPCは自作のものになりますが、構成的にはガレリアZGに一番近いですね。ブルーレイはないですが。自分が去年末に買い集めて作った時よりも、今はガレリアZGの方が断然お得です。

    ※おすすめ品は個人的な見解のもと選出しておりますので、ご参考程度にとどめて頂ければ幸いです。

     GTX970・980クラスおすすめの理由

    GTX980、970の性能アップの上に低電力消費なだけでも大きなトピックですが、もう1つ大きな進化としてHDMI2.0コネクタをグラフィックカードでは初めて搭載しています。これでやっと4K(3840✕2160)/60Hzの表示をHDMIで実現出来ました。(今までは4K/30hzがHDMI1.4では限界、ドライバで擬似的に可能だった)

    DisplayPort接続なら今でも4K/60Hz表示可能ですが、液晶モニターにはあってもほとんど4Kテレビの方には対応しておらず、ずっと歯がゆい状態でしたがHDMI2.0になったおかげで大画面4KテレビをPCモニターとして使えるようになりました。

    現在28インチあたりの廉価4Kモニターがかなり出回っていますが、ドットピッチが狭いためWindowsでは一部ソフトの文字表示などが小さくなりすぎ使い勝手が悪いため、写真を扱う人はまだいいとしても、大画面で4Kの広大な空間を使いたい人が待ち望んでいたのです。

    3月20日に、やっとPCモニターにもHDMI2.0HDCP2.2を搭載した製品が出ました。ASUSの32インチ4Kモニター PA328Qです。今人気なのかどこも在庫切れです。
    フィリップスから40インチの4Kモニターが出ておりますが、HDMIは1.4止まりのようです。

    一方4Kテレビの方はパナソニックと東芝がHDMI2.0に完全対応、シャープとソニーはHDMI2.0ではありますが、転送される情報の不足があり、一部文字のにじみが生じて使いにくいようです。
    例えば東芝製のREGZA40J9Xにはゲームモードという表示遅延を極力おさえたモードがあり、この機能がPC作業でのマウスの動きからPCゲームまでスムーズにこなせるようです。40インチと巨大ですが、自分のやり易いサイズでFF14をウインドウモードで表示し、余ったスペースにブラウザなり動画なりを同時表示させれば、とても快適なPC空間が手に入りますね。

    4月現在PCモニターとして使えるTVはパーソナルユースという範囲で考えた場合、東芝レグザ40J9X43J10X 、パナソニックのTH-40AX700あたりになると思います。いずれもHDMI2.0 HDCP2.2対応で遅延を極力抑えたゲームモードが付いています。


    あとPC接続で見るYoutubeの4K動画は綺麗ですよ。




    さらに有り余るパワーを有効利用できる「DSR」という機能がGTX660以上のカードに追加されました。
    これは例えばフルHDのプレイ画面を一度4K並みの高解像度化をしてダウンコンバートし、普通のフルHDのレンダリングよりも綺麗に表示させるという、要するに今まで以上に綺麗に見える処理をリアルタイムでこなす機能だそうです。最近のドライバーアップデートで、FGTX970や980以外でも有効になったようですが、かなりGPUのパワーを使うためフルHDでこの機能を使うなら実質GTX980クラスが必要でしょう。

    FF14にも対応しているようで、フルHDモニターでの森の景色などが、さらに細かく綺麗に表示されます。

    dsr


    フルHD解像度で24インチなどでフレームレート60Hzで普通に遊ぶには、GTX960あれば十分なんですが、
    • WQHDや4K解像度のモニターや、フルHD3枚並べての広々とした空間でプレイ
    • 144Hz対応のモニターなどで高リフレッシュレートでのヌルヌルプレイ
    • DirectX11版を最高設定でプレイする(後の情報で11の方が軽くなるらしいです)
    • DSR機能を使ってフルHDサイズでもさらにハイクオリティな画質でプレイなど
    ちなみに管理人としては、将来的にDirectX11版を27インチWQHDフル画面120Hzオーバーで快適に遊びたいです。それを叶えるIPSモニターがやっと2015年3月に登場予定で心待ちしているところですが、フルスペックで遊ぶならGTX980が2枚必要かも…。

    パッチ2.51がリリースされ、ゴールドソーサーが開始、春にはいよいよイシュガルド編の3.0拡張パックとますます楽しみな新生FF14。
    グラフィックカードに余力があればあるほど、様々な方向性でクオリティを上げて行ける楽しみがあります。
    この機会に高スペックなGTX970・980カード搭載モデルを検討してみてはいかがでしょうか。

    ご参考になれば幸いです。

     関連記事:

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      gtx960-400x254
      7月3日   ドスパラGTX960推奨モデルに新たにミニタワー型「ガレリアDT」が追加されました。
      6月22日 価格を更新、144Hzモニターに新製品を追加。

      現在新生FF14はグラフィックカードにNVIDIA製 Geforce GTXシリーズを推奨しており、
      ・エントリークラスにGTX750Ti(15,000円あたり)ベンチ6,000弱 
      ・メインストリームにGTX760(23,000円あたり)ベンチ9,500〜10,000
      ・ミドルアッパークラスにGTX970(44,000円あたり)ベンチ14,000台
      ・ハイエンドにGTX980(75,000円あたり)ベンチ16,000台
      とゲーム用途によって選べるわけですが、一番売れ筋であるメインストリームのGTX760だけが古いアーキテクチャで継続販売しておりましたが、そこへ取って代わるであろうGTX960が2015年1月になりようやくリリースとなります。(値はCPUがCore i7-4970、フルHD(1920×1080ドット)で最高品質で計ったおおよそのベンチマークスコアです) 

       GTX960の性能は?

      4Gamerさんがいち早くレビューしていたのでそこからの情報ですが、
      NVIDIAの思惑としてはGTX960はGTX660を使っていた方へのアップグレードにおすすめなクラスとしているようで、その比較では確かにかなりの性能アップを遂げていますが、ゲーマーが知りたいのはGTX760よりどのくらいアップしたかではないでしょうか。

      GTX201505

      結論から言うと、性能自体の伸び幅は新生FF14に関して言えば、GTX960はほぼ変わらないか、高負荷時ほどGTX760にじわじわ負ける場面もある、程度のようです。

      とりあえずGTX760に比べ描画性能はそのままに、それ以外の部分に注力したモデルに留まった印象ですね。
      ひとつは今流行りでもある低負荷時のファン速度の0コントロールと、GTX970や980もそうですがさらなる低消費電力による高いワットパフォーマンスが売りになると思います。
      ちなみにですが、GTX960のSLI(2枚挿し)をすれば、GTX980をゲームによっては凌駕するようです。

      さらに今までは各ベンダーがオリジナルのファンを搭載し独自で低負荷時には0回転するなどして騒音を抑える機能をつけていましたが、今回はNVIDIA自身が積極的にその機構に取り組んだようで、よりきめ細かにファン調節が可能になり、温度上昇にも強い仕組みになった、と受け取りました。

      個人的にはGTX760とGTX970の間を行く性能を期待していたので少し拍子抜けでしたが、これで新世代のGPUが出揃ったので様子見は終りました。

      2015年は少なくともフルHD(1920×1080ドット)の解像度、最高品質で遊びたいのであればGTX960が最適になると思います。それ以上の解像度でフルで遊ぶならGTX970以上がおすすめです。

      GeForce GTX 960 JetStream (NE5X960H1041-2061J 2GB)LoVA
      「LORD of VERMILION ARENA」特製アイテムがもらえる!
      ドスパラ通販特価:
      21,834円(+税)

      Palit製はドスパラさんのBTOパソコンに採用されていますが、何より性能も100Hzチューニングされたものでもお値段も他の960カードに比べお買い得プライス。製品自体も安定しており、価格コムでのプロダクトアワードも金銀銅を総なめです。

      おすすめはあくまで個人的な見解によりますので、ご参考程度にお願い致します。以下表はスマホの方は横向きでご覧いただけると幸いです。

      ドスパラ
      ファイナルファンタジー XIV: 新生エオルゼア 推奨パソコン ガレリア XT
      ¥129,620〜(税別)
      購入方法店舗・通販
      東京三菱UFJ銀行振込、コンビニ決済、ジャパンネット銀行リンク決済、代引き、各種クレジットカード

      ジャックス分割12回払いまで金利0%。
      CPU Core i7-4790 HDD/SSD 2TB/120GB
      VGA Geforce GTX960 2GB Memory 4GB×2
      MB intel H97chipset OS Win 7or8.1
      現在GTX960カードの推奨モデルは2種類あり、こちらは標準的なミドルATXケースのものになります。去年価格コムでプロダクトアワードで金賞を取ったガレリアXT-Aの後継モデルになり、新ベンチ値DX11モードも7,000超えで快適です。さらに高クロック静音タイプのカードも3,980円で交換可能です。今なら120GBのSSDが無料でついてきます。

      7/3同じGTX960搭載モデルにエントリークラスのミニタワー「ガレリアDT」が仲間入りしました。「ガレリアDT」はCPUがCore-i5 4590でHDDは1TBとなりますが、フルHD最高品質DirectX11モードで7,140と『非常に快適」、ガレリアXTやSTと遜色ない性能で109,980円で発売中です。

      もう一種ガレリア STほぼ同じスペックをスリムケースに入れた省スペース希望の方向けのモデルになっています。
      安心の国内組立てで、納期もカスタマイズ込みで2日で出荷され、お支払いもローン12回までなら金利0%でOKです。その他のFF14推奨モデル一覧はこちら

      パソコン工房
      ゲームパソコン ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン
      Lev-R007-i7-RM-FFXIV
      icon
      iconicon ¥122,980〜(税別)
      購入方法店舗・通販
      三井住友銀行振込、代引き、コンビニ決済、各種ネット銀行、Pay-easy、じぶん銀行、郵便振替、オリコショッピングクレジット、各種クレジットカード

      CPU Core i7-4790 HDD/SSD 500GB/Option
      VGA Geforce GTX960 2GB Memory 8GB×1
      MB intel H97 chipset OS Win 8.1update
      5種ある 推奨PCのうち、7月よりゲーミングPCは「LEVEL∞(インフィニティ)」ブランドになり、推奨モデルにも2種置き換わっています。オリジナル新ケースになり、前面I/Oの使い勝手の良さと赤を効果的に使ったスッキリしたデザインには好感が持てます。

      もう少し性能に余裕を持たせ拡張性も確保したい方には一つ上のGTX970搭載モデルGS7100-i7-TMB-FFXIV がおすすめで、こちらもキャンペーン価格で7,000円引きです。
      マウスコンピューター
      マウスコンピューター/G-Tune NEXTGEAR-MICRO im550SA8-FF14 icon
      icon icon ¥94,800〜(税別)
      購入方法店舗・通販
      みずほ銀行振込、ジャックスショッピングクレジット、代引き、各種クレジットカード

      CPU Core i5-4460 HDD/SSD 500GB/Option
      VGA Geforce GTX960 2GB Memory 8GB×1
      MB intel MATX H81chipset OS Win 8.1

      FF14推奨PCはしばらくGTX970とGTX980のモデルだけでしたが
      最近GTX960搭載モデルも加わりました。マウスさん的にはGTX960はエントリー向けの位置づけで、ケースも小型でHDDやCPUも控えめな分、お値段もお手頃です。

      ただマザーボードが少し古い型なので、将来性を考えたら上位のモデルがおすすめではあります。

      GTX960カードは固定ですが、もちろんCPUやSSD/HDDのカスタマイズが揃っており、他では珍しくサイドパネルのバリエーションが多数用意され、中身のイルミネーションをカスタマイズする楽しみがあるようです。


      TSUKUMO(ツクモ)
      G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC | スタンダードモデル
      ¥114,800〜(税別)
      購入方法店舗・通販
      みずほ銀行振込、ジャックスショッピングクレジット、代引き、各種クレジットカード

      CPU Core i7-4790 HDD/SSD 1TB/Option
      VGA Geforce GTX960 2GB Memory 4GB×2
      MB ASUS H97-PLUS OS Win 7or8.1
      3月に新たにFF14推奨スタンダードモデルのGTX760がGTX960に置き換わりました。ケースもさらに静音、排気のスムーズな機構のものにリニューアルされ、構成も必要最小限に抑えているぶんお値段もお安くなっています。6月になり品質に定評のあるASUS製のマザーボードに変更されました。

      Sycom(サイコム)
      G-Master Stinger Extreme
      ¥103,720〜(税込み)
      購入方法店舗・通販
      三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、郵便口座への振込、代引き、セブンイレブン先払い、各種クレジットカード

      CPU Core i5-4460 HDD/SSD 500GB/Option
      VGA Geforce GTX960 2GB Memory 4GB×2
      MB ASRock H97M-ITX/ac OS Win 8.1

      サイコムさんだけはわかりやすい税込み価格です。
      コンパクトなキューブ型の本体にミドルケース並みの性能を詰めこんでいます。CPUファンはNoctua製の新型を採用、薄型静音で冷却性の高いサイコムこだわりのパーツです。
      基本構成はCore i5-4460ですが、Core i7-4790Kにカスタマイズすれば新FF14DirectX11ベンチマークで7,325まで上がり「非常に快適」にプレイが出来ます。

      シンプルな構成がお望みな方にはGTX960搭載モデルも最近追加されましたのでおすすめです。
       

      マザーボードから選べるカスタマイズの細かさは一番ですが、ある程度知識も必要です。


      5社のBTOモデルをご紹介しましたが、一世代前のBTOパソコンと比べケースの性能も上がってますし、高性能・低騒音・低消費電力のランクがまた上がったと言えます。思えばペンティアム4だった頃はシングルCPUのくせに爆熱爆音電気食いのひどい自作環境でしたが、技術の進化は目覚ましいですね。 


      蒼天のイシュガルドが発売されたこのタイミングでパソコンを購入を考えている方も多いと思います。大手メーカーのノートや一体型PCもいいですが、同じお金を出すなら最新かつ静音・高性能のパーツ群を使ったショップBTOパソコンでプレイするのが一番満足感を味わえると思います。

      以上、ご参考になれば幸いです。

       144Hz液晶モニター

      話はかわりまして
      今回のパッチ2.5より、いくらGPUの性能があってもリフレッシュレートが60fps固定だったものが、
      120Hz以上のモニターを使った場合、そのモニターの性能に依存するようになるそうです。
      ss

      数値が高い程描画がなめらかになり、いわゆるヌルヌルプレイが可能です。ヌルヌルを一度体感するともう60hzには戻れないと言う人は多いですね。

      高リフレッシュレートな液晶モニターは、そもそもちょっとのカク付きが勝敗を分けるFPSや格闘ゲーム用に作られたもので、アクション要素が少ないMMOでそこまでのシビアなシーンは少ないですが時代のニーズに対応した形です。

      かくいう管理人は現在フルHDの60Hzモニターでプレイしているのですが、折角GTX980を導入したのでいずれはフルHD以上の解像度か高リフレッシュレートのついたものをと思っているんですが、このアップデートで楽しみがちょっと増えましたね。

      ちなみにこの高リフレッシュレートに対応したモニターはいくつかあって、
      AVAなんかのFPSやストリートファイター4などのヘビープレイヤーに人気なのがこのあたりです。

      icon
      icon
      EIZO ダイレクト直販
      FG2421 23.5インチ(1920×1080 / VAパネル / 120Hz 倍速処理240Hz / ハーフグレア)

      66,651円
      現在唯一TNパネルじゃない高リフレッシュレートモニターです。
      ただEIZOのダイレクトショップか、ツクモでのPCセット販売でしか買えません。
      実物を見ましたが、VAパネルらしく明暗のコントラストが高く、特に光の表現が秀逸に思えました。
      ただそれだけに結構いい値段です。


      BenQ XL-2411Z(DP)
       
      ドスパラオリジナル仕様
      フルHD 1920×1080 144hz TNパネル
      29,500円
      お手頃価格で手に入る144Hzモニター。Amazonの評価も悪くないですしゲーム用途として割り切ればコスパは高いんじゃないでしょうか。

      ASUS 液晶ディスプレイ 27型ワイドW-LED(2,560×1,440 (WQHD)) PG278Q
      ASUS PG278Q 27型 WQHD(2,560×1,440) 144Hz 120Hz 60Hz切替 G-SYNC対応
      99,066円
      モニター側でフレームレートを同期させて滑らかな描画を実現したNVIDIAが提唱する
      G-SYNC機能搭載。2015年8月現在、このモニターがゲーム用途にはトップと言えるでしょうね。
      その分ふっかけられた値段です。もうちょっと出せば4Kテレビが買えますよ。


      ASUS ゲーミングモニター 24型 フルHD 1ms 144Hz 昇降・ピボット機能対応 3年保証 VG248QE-J
      ASUSから「VG248QE-J」が発売。
      いかにも新製品のように発表していますが、TNパネルで24インチフルHD1920×1080、144HzG-SYNC非対応のこの新製品は、2013年に「VG248QE」として発売されていた製品のマイナーチェンジ版みたいです。

      前モデルも結構良く売れていたようですが、一体どこが違うのか調べたら、ほぼスペックは一緒、わかりやすい違いは電力効率が良くなったのか、消費電力が下がっている事位でしょうか。

      他は、書いてある範囲では前回同様フリッカーフリーやブルーライト軽減機能はないようです。
      お値段は前回3,6000円程だったのに、円安の影響もあってか現在39,000円あたりです。
      TNパネルの割りにはちょっと高いですね。

      144hz出せるモニターは今の所TNパネルがほとんどですが、視野角の問題があり手を出しにくい人がいると思われますが、6月21日、とうとう27インチで144Hz出せるIPSパネルを積んだ製品が国内に登場しました!
      スペック的にゲーマーが欲しい性能がおおかた揃う事になります。ただこのパネルサイズで144Hz駆動となるとさすがにGTX960では性能を発揮できないですね。GTX980より上が必要になってきそうです。


      ASUS 144Hzゲーミングモニター 27型ワイド( WQHD 2,560×1,440 / 広視野角IPSパネル / SRGBカバー率100% / Free-Sync / DisplayPort HDMI / 昇降・ピボット機能 / 3年保証 ) MG279Q

      G-SYNC自体はパーツがかさばる分高価になりあまり賛同してくれるメーカーが少なく、
      専用パーツのいらないVESA提唱のFree-syncとどちらが今後流行るのかはまだわかりません。
      このモニターはAMDでなくても普通に144Hzのモニターとして使えます。

      関連記事:
      新生FF14 GTX980・GTX970デビュー ベンチマークとおすすめBTOパソコン
      新生FF14 DirectX11と4Kに向けてのPC環境【吉田Pインタビューより】
      新生FF14 推奨ノートパソコン比較とおっちゃん的見解 

          このエントリーをはてなブックマークに追加
        camptitle

        11月14日からお得なシリアルコード(レジストレーションコード+プレイ権30日分チケット)がもらえるキャンペーンが始まっています。
        条件を満たせば最高シリアルカード3枚、つまり一人分のアカウント+最高90日分遊べます。

        scord
        以下いずれかの対象の商品を買い、応募することでシリアルカードがそれぞれもらえます。

        ・Intelの対象CPU(1枚)
        ・Windows 8.1Pro DSP版(1枚)
        ・指定のショップ製新生FF14推奨BTOパソコン(3枚 但し下記CPUとwin8.1Proを選んだ構成のもの
         
        以下キャンペーンの対象商品の補足とおすすめBTOパソコンの紹介をしてみようと思います。

         CPU(シリアルカード1枚…アカウント1つと無料期間30日)


        Intel CPU Haswell LGA-2011-v3 LGA-1150
        Core i7-5960X 3.00GHz Haswell-E エクストリーム・エディション【BOX】
        Core i7-5930K 3.50GHz Haswell-E【BOX】
        Core i7-5820K 3.30GHz Haswell-E【BOX】
        Core i7-4790K 4.00GHz Devil's Canyon【BOX】
        Core i5-4690K 3.50GHz Devil's Canyon【BOX】

        Ivy Bridge-E LGA2011(一世代前)
        Core i7-4960X 3.60GHz Ivy Bridge-E エクストリーム・エディション【BOX】  
        Core i7-4930K 3.40GHz Ivy Bridge-E【BOX】 
        Core i7-4820K 3.70GHz Ivy Bridge-E【BOX】 


        推奨PCからCPUを選ぶ場合、マザーボードの規格のため
        Core i5-4690KかCore i7-4790Kのどちらかになります。

         対象OS(シリアルカード1枚…アカウント1つと無料期間30日)


        Microsoft Windows 8.1 Pro (DSP版) 64bit 日本語
        CPUとWindows8.1Proを同時購入し、シリアルカード2枚ならアカウント1つ+無料期間60日ということです。もちろん1枚ずつ使うのもありでしょう。

         対象PCショップ製 新生FF14推奨BTOパソコン

        ドスパラ
        ガレリア DM CP
        CPU…Core i5-4690K
        GPU…NVIDIA Geforce GTX750Ti 2GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 8GB(4GB×2)
        HDD…500GB
        MB……Intel B85チップセット Micro ATX
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        109,980円(税別)

        推奨モデルのエントリークラスでCPUとGPUともに一つグレードを下げてますがベンチ的にはフルHD最高設定でも「とても快適」クラスで、PS4のクオリティレベルに近い性能だと思います。ケースも小ぶりなので扱いやすいです。
        ガレリア XT-A CP
        CPU…Core i7-4790K
        GPU…NVIDIA Geforce GTX760 2GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 8GB(4GB×2)
        HDD…2TB
        MB……Intel H97チップセット ATX
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        135,980円(税別)

        スタンダードモデルである元のXT-Aと比べて4790Kが標準でついており格安で付くSSDを足せば快適になる定番スペックです。フルHDモニターで遊ぶなら最高設定でも十分です。ドスパラでも売り上げナンバーワンのモデルのFF14特別カスタム品になります。
        ガレリア ZG CP
        CPU…Core i7-4790K
        GPU…NVIDIA Geforce GTX980 4GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 16GB(8GB×2)
        SSD…256GB(Crucial MX100)
        HDD…2TB
        MB……Intel Z97チップセット ATX
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        210,980円(税別)

        同じくFF14用特別カスタム品で、現時点で最高性能のGTX980を搭載したモデルでしっかりとメモリ16GBとSSDも標準でついております。今なら静音ファンのGTX980に無償交換も実施中です。FF14に限らず高スペックを要するゲームにも余裕もって対応でき、4KテレビにHDMI接続して広く画面を使う事にもおすすめなモデルです。
        キャンペーン専用にカスタマイズ済みのモデル3種です。このまま買えばシリアルカード3枚付いてきます。現在22周年キャンペーンも実施中で、その他のカスタマイズも特価で組み込めるチャンスです。支払い方法が豊富で、中でもジャックスでのショッピングローンは12回まで金利ゼロキャンペーン中なので買いやすいと思われます。

        パソコン工房
        icon icon
        GS7100-i7-TMB-FFXIV icon
        CPU…Core i7-4790K
        GPU…NVIDIA Geforce GTX970 4GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 8GB(8GB×1)
        HDD…1TB
        MB……Intel Z97チップセット ATX(11月現在MSI製)
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        137,980円(税別)

        推奨モデルをGTX970とGTX980だけに絞って製品化しています。その上価格も抑えて買いやすく、ある程度の拡張性やOCなどにも対応するZ97チップセットがベースに、あとは好みに応じてHDDを増量したりSSDをつけたりすればさらに快適になるでしょう。
        icon iconGS7100-LCi7-VMRB-FFXIV icon
        CPU…Core i7-4790K(水冷式CPUファン:メンテナンスフリー)
        GPU…NVIDIA Geforce GTX980 4GB GDDR5
        MEM…DDR3 PC3-12800 16GB(8GB×2)
        SSD…250GB(サムスンEvo840)
        HDD…1TB
        MB……Intel Z97チップセット ATX(11月現在MSI製)
        OS……Windows 8.1Pro 64bit 
        183,980円(税別)

        水冷ファンを採用したり、SSDも速いと評判のものを使ったりと今時のトレンドを取り入れた上にGTX980搭載機で18万円台はかなりコスパが高いと思います。あとはHDDが少なければ足す位でかなり快適なプレイが出来そうです。
        スペックと値段設定だけを見ると今はパソコン工房さんがかなりお得感があります。これにFF14アカウント+90日無料が付くんですから現時点ではGTX980搭載機でFF14をするならGS7100-LCi7-VMRB-FFXIVはおすすめです。

        あと公式のキャンペーンページではまだ推奨パソコンのラインナップに入ってませんが、ツクモさんも推奨パソコンのカスタマイズでCPUを対象のCore i5-4690KかCore i7-4790KにしてWindows 8.1Proにすれば、シリアルコードが3枚貰えるようです。

        ツクモ 対象FF14推奨BTOパソコン 
        G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC | エントリーモデル
        G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC | スタンダードモデル
        G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC |ハイエンドモデル

        現時点では、キャンペーン用に対象のものを組み込み済みでリリースしているのは上記ドスパラさんとパソコン工房さんだけになっているようです。今後さらに増えていくと思われます。

        あとはシリアルカードをもらったら、こちらで応募すれば、もれなくゲットです。
        以上、参考になれば幸いです。

          このページのトップヘ