script data-ad-client="ca-pub-4727444826827181" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

FF14 POT BLOG

どこよりも早く更新!今おすすめのFF14蒼天のイシュガルド 推奨BTOパソコンを、PC専門店5ショップからピックアップしています!ブログ内にはレビュー記事もあり。各パーツの選び方の目安などもわかりやすく紹介しています。

    吟遊詩人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    dc25a040d67b1922

    12/13 編集・追記しました。

    12/15 パッチ内容より更に編集

    最近はワンダーパレス周回と、レリックのためにアムダプールも行き始めたのですが、
    今まで使っていたマクロに少し疑問を感じてきていました。

    どこかのスレで、
    アクション直押しは先行入力が出来るが
    マクロはそれが出来ないみたいな事が書いてあって、
    先日からクロスホットバーのアクションとマクロについて
    改めて考えてみようとモードゥナあたりで試行錯誤を繰り返しています。

    グローバルクールダウンGCDスキルは
    2〜2.5秒の間隔で使える技ですが、
    このクールダウン中に同じGCD技は使えません。
    なのでその間にはバフやリキャの長い攻撃スキルを挟んで
    なるべく空き時間を作らないよう攻撃するのが
    DPSの仕事だと思うのですが、
    そのGCDスキルをマクロに収めてしまうと
    本来の特性を生かしきれなくなってしまうのです。

    アクションスキルは直に押せば
    次のクールダウン(アイコンの時計回りのアニメーション)が回り切る前に、
    大体時計で言う8〜9時のあたりで次の入力が可能になります。


    ところがマクロだとこの先行入力が出来ず、
    クールダウンが完全に回りきってからのコマンド受付になってしまいます。

    厳密には直押しだからと言って
    技の発動タイミングはマクロと変わるわけではないですが、
    マクロだと、連打しておくかきっちり目押ししないと
    最速でGCDスキルがリキャスト時に出ないのに比べ、
    直押しはアイコンを見て早めに押しておけば
    連打せずともリキャスト終わりで即発動する事になります。

    GCD技に関しては、
    このアイコンの回転速度を体で覚えれば
    リズム良く、効率もいい攻撃が出来るでしょう。

    僕の場合楽をしたくて
    低レベルからマクロに押し込んで使っていたので
    ほとんどGCDスキルをそのままクロスホットバーに
    置くことが無く、その利点に気づきませんでした。

    というわけで、
    GCD技をできるだけ直に配置して
    インスタント技などリキャストの長いスキルを
    マクロにする方式に変えました。

    具体的に詩人だと
    主に使うGCDスキルは

    ストレートショット
    ヘヴィショット
    ベノムバイト
    ウィンドバイト


    この4つが基本で
    あとは範囲技
    ワイドボレー
    レインオブデス
    クイックノック

    の3種ですが、こちらは普通スキル回しには
    組み込まないので置いておきます。
    範囲攻撃で進むワンダはこの限りではないですが。

    話を戻して
    基本4種の技の間にマクロでの以下の技
    ミザリーエンド、
    ブラッドレッター
    フレイミングアロー
    乱れ撃ち

    ホークアイ
    猛者の撃
    静者の撃


    アディショナルスキル
    内丹
    発勁
    捨身
    マントラ

    etc.
    を挟んで行く形になります。
    僕はマントラはまだ取ってませんが・・

    静者の撃は無理に組み込まず
    やばいなと思った時に使うのもありです。

    あとリペリングショットもありますが、
    マクロに組み込むと想定外の場所で使って
    大惨事の可能性があるので、あえて外しています。

    以前も掲載しましたが
    サイクル1:ストレート→発剄→ベノム→レッター→ ウインド→フレイミング→ヘヴィ

    サイクル2:ストレート→猛者→ベノム→レッター→ ウインド→乱れ撃ち→ヘヴィ

    サイクル3:ストレート→ホークアイ→ベノム→ レッター→ウインド→何か→ヘヴィ

    主流のスキル回しはこの辺りだそうなので
    捨身と静者、あとひとつアディショナル何かを組み込んでループさせればいいかなと
    僕なりにアレンジしたのが下で

    サイクル1:猛者→ストレート→ホークアイ→ベノム→レッター→ウインド→フレイミング→ヘヴィ→

    サイクル2:ストレート→発勁→ベノム→レッター→ ウインド→乱れ撃ち→ヘヴィ→

    サイクル3:ストレート→捨身→ベノム→ レッター→ウインド→静者→ヘヴィ

    これをクロスホットバーに落としこむと、

    R2+上ボタンからスタートし、
    右→下→左→
    R2+十字上→右→左番号から
    次のホットバーにチェンジ→3までループして1に戻る
    要するに時計回りに押して、
    ストレート・レッター・ミザリーのアイコンが光れば随時連打してます。

    Dotの二つは回っているのにさらに追い打ちするよりは
    切れてから撃つほうが本当はいいので、カウントを見て残っていれば
    ストレートやヘヴィを撃った方がいいかもしれませんね。
    必ずしも順番というわけではないです。

    ミザリーとレッターは
    アイコン表示にもしてますが、
    Procを見逃さないよう、近くに配置した
    ホットバーにも置いています。
    一緒に確認用のリキャストの長い自己強化スキルも置いています。

    便宜上ストレートショットだけは、
    開幕にターゲット指定と絡めたほうが使い勝手がいいので
    下のマクロにしてます。

    あとブラッドレッターとミザリーエンドを連打マクロにしています。
    基本攻撃マクロはR2の組み合わせの、
    3クロスホットバー切り替えでなんとか収まりました。

    内丹だけは便利なので皆に入れています(笑)


    クロスホットバー1
    /micon ストレートショット
    /as <2>
    /ft
    /ac オートアタック
    /ac 猛者の撃 <me>
    /ac ストレートショット <t>
    /ac ホークアイ <me>

    ブラッドレッター&ミザリーエンド
    /micon ブラッドレッター
    /ac ミザリーエンド <t>
    /ac ブラッドレッター <t>

    set1

    R2側は、ストレートショットとレッター&ミザリーのマクロ以外は
    すべてスキルをそのまま登録しています。

    R2+十字キー左の番号のマクロは、

    /crosshotbar change 3

    で次のループへ飛ぶようになっています。
    フレイミングを飛ばして、すぐその後ヘヴィを撃ったら
    切り替えてます。

    ※2.1パッチを見て
    フレイミングアローをパッチ後は
    敵を見て打つようになりますね。
    単体マクロを入れているので暴発はしないですが、
    おもわず流れで打ってしまわぬようにしたいです。

    魔人のレクイエムは
    道中の敵には出来るだけ撒きたい所なので
    常にL2+ボタン右に配置しています。
     
    /micon 魔人のレクイエム
    /tenemy
    /ac 魔人のレクイエム <t>

    にしておくとターゲット指定しなくても
    適当に近くのをタゲって歌ってくれるので便利ですが、
    ある程度タンクが敵視をとってないとこっちに来るので注意です。

    今後の動向が注目されるレインは、パッチで魔法属性耐性低下のバフが消えるかもしれません。
    もしも残るならいいんですが、今は範囲技なので特に指定がいらなければ

    /micon レイン・オブ・デス
    /tenemy
    /ac レイン・オブ・デス <t>


    で即打ちしてたりします。


    クロスホットバー2
    歌や範囲、移動系などはクロスホットバー2に登録して、
    R1で切り替えて使っています。
    とっさにバーが出やすいようにあえての2番目です。
    set2

    クロスホットバー3
    /micon ストレートショット
    /as <2>
    /ft
    /ac オートアタック <t>
    /ac ストレートショット <t>
    /ac 発勁  <me>

    set3

    ホットバー1との違いはストレートのマクロに発勁を入れてるのと、
    R2+十字キー上に乱れ撃ちを入れてる所です。
    L2側はまるまる1のコピーでもいいですし、適当に便利なものを入れるのもいいです。

    R2+十字キー左の番号のマクロは
    /crosshotbar change 4で飛ぶようになっています。

    クロスホットバー4
    /micon ストレートショット
    /as <2>
    /ft
    /ac オートアタック <t>
    /ac ストレートショット <t>
    /ac 捨身 <me>

    R2+十字キー左の番号のマクロは

    /crosshotbar change 1

    で最初に戻るようになります。
    set4

    違いはストレートに捨身を組み込んでいるのと、
    必要に応じてたまっていそうな敵視のために静者を置いている事です。

    今いい方法を考え中なのですが、
    ボス戦での雑魚処理など盾のターゲット以外を攻撃する場合、
    直接ターゲットするマクロも必要になってきますので、
    それ用に以下の開幕マクロを
    クロスホットバー1〜3の
    ストレートマクロに必要に応じて入れ替えてます。


    入れ替えが面倒だったり、つい忘れたりするので
    他にいい方法を考えねばなりません。
    一応記載しておきます。

    直接タゲ指定 クロスホットバー1
    /micon ストレートショット
    /ac オートアタック <t>
    /ac 猛者の撃 <me>
    /ac ストレートショット <t>
    /ac ホークアイ 

    直接タゲ指定 クロスホットバー3
    /micon ストレートショット
    /ac オートアタック <t>
    /ac ストレートショット <t>
    /ac 発勁  <me> 

    直接タゲ指定 クロスホットバー4
    /micon ストレートショット
    /ac オートアタック <t>
    /ac ストレートショット <t>
    /ac 捨身 <me>


    最寄りの敵をターゲット クロスホットバー1
    /micon ストレートショット
    /tenemy
    /ft
    /ac オートアタック <t>
    /ac 猛者の撃 <me>
    /ac ストレートショット <t>
    /ac ホークアイ <me>

    最寄りの敵をターゲット クロスホットバー3
    /micon ストレートショット
    /tenemy
    /ft
    /ac オートアタック <t>
    /ac ストレートショット <t>
    /ac 発勁  <me> 

    最寄りの敵をターゲット クロスホットバー4
    /micon ストレートショット
    /tenemy
    /ft
    /ac オートアタック <t>
    /ac ストレートショット <t>
    /ac 捨身 <me>

    フットペダルがあれば、

    /as <盾の番号>

    を登録しておけば

    常時踏み続けなければいけませんが、
    踏んだ時はアシストマクロでターゲット指定し、
    それ以外は十字キーで任意ターゲット指定、
    という使い方も可能ですかね。

    今後もさらに研究してゆきます。
    以上です。何かの参考になれば幸いです。 
    【新生FF14  改訂おっちゃん吟遊詩人 ゲームパッド用マクロ 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加
      12/05 さらに改良したものを最新日記で公開しています。


      【新生FF14 おっちゃん改訂 吟遊詩人 スキル回し&マクロ 】の続きを読む

          このエントリーをはてなブックマークに追加
        12/15さらに改良したものを最新日記で公開しています。

        グローバルクールダウン略してGCDは、
        アクションを発動させ、再使用出来るまでの間隔を表した言葉で、 
        弓に限らず基本技のGCDは2〜2.5秒という待ち時間が発生します。

        FF11経験者は、14ではオートアタックが意味をなさなくなった、
        ポチポチ押すのが面倒、なんて事を言いますが、
        オートで殴り続けてTPを貯める11の戦闘とは対称的に
        より戦略性の深みを与えるためにオートアタックの一発一発を
        自分で選べる2〜2.5秒おきのアクションに
        置き換えた、という感じでしょうか。
        ともかくFF14ではこのGCDを意識して
        どう技を組み立てて、さらにその2〜2.5秒回る間に
        発動条件がONになったアクションをどう割り込ませていくかで
        より高いDPS(単位時間ごとのダメージ量)を生み出すわけです。

        こちらの記事は吉田Pが実演で黒魔導士のLV50での
        スキル回し(アクションを使う順番)を披露しています。
        専門用語ばかりで意味がわからない人も多いでしょうが、
        要するにLV50になって最高のダメージを出すために
        追加効果の発動(Proc)を見逃さず
        それが起こった時に即適正なアクションを
        どんどん割り込ませてダメージを積んでいきましょう、
        と言っているのだと思います。 

        というわけで、吟遊詩人も改めて考察するべく
        現在使える各アクションの性能と特性を表にまとめてみました。

        ※表は2013/12/14 パッチ2.1改定後のものです。一応差し替えています。
        ginyu-21skill

        こうして並べて見てみると、威力が高い技はヘヴィとストレート、条件付きでミザリーです。
        さらにクリティカルを狙うことで高DPSを狙うのが基本で、
        開幕Dotは必ず2つセットで撃ち、
        クリティカル狙いのためにベノムに発勁ホークは仕込んでおき、
        猛者や捨て身はウィンドにでもマクロに組み込むのがよさそう。

        ベノム・ウィンドでProcしたらブラッドを撃ってくれるので
        ミザリーエンドかヘヴィショットと組ませるのがいいかも。
        確認のために、ブラッドレッターとミザリーのアイコンは
        /micon やホットバーを使って見やすい位置に配置してるといいです。

        ストレートショットのアイコンも何処かに表示させていれば、
        ヘヴィからのProcを見逃しませんね。

        あとDotが切れるのを敵のHPバー左下のカウントで
        常にチェックしてるといいですね。 

        乱れ撃ちもこのヘヴィあたりのマクロに組み込んでおけば
        クリティカルなオートアタック3連打が期待できます。

        静者の撃は、常に打つに越したことはないですが、
        吉田Pは複数相手の場合、眠らせるより範囲でガンガン殲滅するほうが
        良くなってくるとどこかで言っていたので、そんな時に静者をかけて
        範囲攻撃でのヘイトを抑えるやり方も必要になってくるのかもしれません。
        エンドコンテンツでは使い方が変わってくるかもしれないですね。 

        あと距離を見てみると、近距離が必要なのはリペリングとクイックノックのみですね。
        魔人のレクイエムが20mなので若干近づく程度ですが、
        いつもギリギリの距離にいるわけでもないですし。 

        一応GCDに挟めますがリペリングは威力も弱いですし、
        WS避けとしても横移動で大体は避けられるので
        ヘヴィしか撃つものがないタイミング手前とかでしょうか。

        クイックノックは、威力はLV50のワイドボレーと同じで
        ワイドの方が距離が長いので、ほぼ上位互換です。
        TP0になるというProcがレインオブデスにありますが、 
        気合とパイオンでの補充もありますし、近づくリスクがある場合は
        ワイド>レインの連打、もしくはレインからProcが付いた時だけでいい気がします。

        あとレイン・オブ・デスには敵の攻撃力を下げる追加効果があるので、
        痛い攻撃をしてくるボス戦などや
        盾が複数敵を集めたあと、眠らせる前に撃つのもありかななんて。
        ただスリプル役と事前相談が必要ですね。
        逆に眠らせる必要のない場面では定期的に撃つべきですかね。

        あとはフレイミングアロー、影縫い、ブラントアローこの3つは
        撃つ場面をよく考えなければいけないし、咄嗟に出せるべきな
        わりと大事な技で、GCDの合間に挟めるものですね。 

        これは余談ですが、この3つの技を 3連フットペダルに登録出来たら
        かなり効率よくなるはず。僕は1つだけのフットペダルを買いましたが、
        フレイミングアローはこれでやってたりします。
        ちなみにフローティングターゲットの位置決めですが、
        キーボードの矢印下キーをちょいちょいと押せば
        わりと持ってきやすいです。

        長くなりましたが、以上を踏まえてのスキル回しのフローチャートがこれです。
        前回のチャートから、ストレートの配置を改善しました。
        chart

        10/22現在、こんな感じで回しています。 あくまで個人の意見ですが。

        ちなみに今回は フォーラムでの意見や
        詩人スレでメジャーなものを参考にしています。 この辺りが鉄板なようです。
        バフは一気に開放せず、ループの中に散らすのが良いみたいですね。
        これをパッドでこなすには工夫が色々必要そうですね。

        サイクル1:ストレート→発剄→ベノム→レッター→ ウインド→フレイミング→ヘヴィ
        サイクル2:ストレート→猛者→ベノム→レッター→ ウインド→乱れ撃ち→ヘヴィ
        サイクル3:ストレート→ホークアイ→ベノム→ レッター→ウインド→何か→ヘヴィ
        もしくは
        サイクル1:ストレート→発勁→レイン→ホーク→ウインド→レッター→ ベノム→何か→ヘヴィ 
        サイクル2:ストレート→捨身→レイン→フレイム→ウインド→レッター→ ベノム→何か→ヘヴィ
        サイクル3:ストレート→猛者→レイン→乱れ→ウインド→レッター→ ベノム→何か→ヘヴィ 

        上手い詩人さんというのは、 自身のProcに即反応し高DPSを叩き出しながら
        さらに盾のヘイトを超えないよう
        周囲に気を常に気を配って跳ねた(盾の敵視集めからもれた敵)敵の足止め、
        詠唱する敵の沈黙、味方のMPの残り具合をチェックし適切に歌える事が出来るのでしょうね。
        まだまだ駆け出しなので、さらにマクロも改善し、装備も充実してゆきたいですね。

        今は主にゲームパッドでやれるよう工夫していますが、
        移動しながらL2や矢印キーを押すのは正直しんどいです。

        詩人は常に安全な場所に移動しながら撃ち込めるのが強みなので、
        それを最大に活かすのにはキーボードや他ボタンガジェットなのかもしれません。

        実は先日LogicoolのMMOゲーミングマウスG600rを購入しました。
        今まだ手になじましている段階なのでキー登録はあまりしてませんが、
        うまく使えるようならまたレポートしてみたいと思います。

        長文駄文失礼しましたm(__)m

          このページのトップヘ