FF14 POT BLOG

どこよりも早く更新!今おすすめのFF14蒼天のイシュガルド 推奨BTOパソコンを、PC専門店5ショップからピックアップしています!ブログ内にはレビュー記事もあり。各パーツの選び方の目安などもわかりやすく紹介しています。

    新生FF14

    5
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    titkeviranz

    2020年3月15日更新 新卒・新学期に向けて春のセールを各ショップ開催中です。

    このブログでは今FF14をプレイするのに最適な推奨パソコンを5つのショップからピックアップしご紹介しています。

    現役で買い替えの方はもちろん、今までPS4やProでやっていた方、復帰したいけど今のPCのスペックが微妙だな・・という方にお役に立てると思います。


    漆黒のヴィランズのバージョンアップをもって32bitWindowsとDirectX9がサポート終了となり、動作は可能ですがプレイに支障が出る可能性があるそうです。スクエニ推奨の64bit版のWindows10に移行するいいきっかけにもなりそうですね。

    もちろん新規さんも今から始めて大丈夫!
    開始初期に滞在する街には新規さんがどんどん増えています。
    濃厚でちょっと大人向けなメインストーリーはハマる事請け合い。お仕事で忙しい方でも一つ一つのコンテンツは1時間ほどで終わるものが多く、自分のペースで遊べるように総合プロデューサーの吉田さんはこだわっています。

    新規さんや復帰組にもやさしいLV70スタートさらには過去のメインクエストをコンプリート済みにする有料オプションも出来ましたので、いきなり最新コンテンツだって楽しめちゃいます。(LV70で漆黒のヴィランズメインクエストを始めれば、メインクエスト完了時にはLV80になります)
    そんなズルはいやだ!という方も、ちゃんとベテランプレイヤーが手伝ってくれる仕組みになっており、ダンジョンなど緊張せずとも挨拶のみでOKなので気軽に遊べますよ。

    メインクエストを進める中で、3人のAI(コンピューターが勝手に戦ってくれる)プレイヤーが使えるフェイスシステムが実装され、自分の好きなタイミングでダンジョンでのレベリングを楽しめるシステムも導入されました。

    またゲーム内で本格的な麻雀も楽しめるようになり、麻雀きっかけでFF14の世界に入る新規さんが増えてるそうです。プロの方ともマッチング出来てかなり好評のようですね。


      漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン おおよその平均スペック

    漆黒のヴィランズになり推奨スペックが更新されました。
    555555

    紅蓮の開放者の推奨スペックと比較して変わったところは、PCスペックはそのままでWindowsが64bit必須となり同時にDirectX11への移行も推奨されています。

    グラフィックカードはNVIDIAでいうGTX970は少し前のカードですので、現役のカードにするとフルHDモニターでGTX1660Superが快適に遊べる最低ラインと思えば間違いないと思います。

    2020年3月時点のPCショップFF14推奨パソコンの平均スペックは

    OS:Windows 10  Home 64bit版
    CPU:Intel 第9世代Core i7-9700シリーズ、AMD Ryzen 7 シリーズ
    マザーボード:Intel第9世代B365,Z390、AMD B350、X470チップセット
    グラフィックカード:主にNVIDIA GeForce GTX1660Super・RTX2060・RTX2070・RTX2080Ti(各RTX Super)
    メモリ:DDR4メモリ8GB〜16GB
    SSD:240GB〜512GB 高速なNVMeのSSDが標準のショップもあり
    HDD:オプション〜3TB
    電源:80Plus BRONZE or SILVER認証 500W〜800W
    DVD:DVDマルチドライブ(再生/記録)最近はオプションで非搭載のモデルが増加
    ケース:ATXミドルタワー 目安:幅200×奥行500×高400(mm)

    スクエア・エニックスが検証し認定されている「漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン」は、上記推奨スペックを十分に満たし、例えば『Apex Legends』『Battlefield V』もうすぐ解禁の『モンスターハンター・ワールド ICEBORNE』などもしっかり楽しめるゲーミングパソコンです。
    最新グラフィックカードRTX搭載モデルはさらに4Kモニターでもサクサク遊べる性能を持っています。

      漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコンをおすすめする理由

    推奨パソコンと名が付く製品は、各ショップが勝手にやってるのではなく、スクエニさんに検証してもらい、プレイに問題ないものが認定ロゴを取得できます。

    前項目の平均スペックにGTX1660Tiを組み合わせたモデルでFF14漆黒のヴィランズベンチマークソフトにて、フルHD(1920×1080)、最高品質、DirectX11モードで計測すると13,000以上、最高ランクの「非常に快適」7,000を大幅に超えます。

    bd1ae734

    紹介しているモデルはすでにフルHDでのプレイならかなり余裕ですので、せっかくならその上のWQHD(2560✕1440ドット)以上のモニターで楽しめるとさらに満足度がアップします。解像度が高いほど、操作系のコマンドなどのUIの配置も高精細かつ自由な配置ができて、大事なキャラクターの動きを邪魔しないのでプレイもフルHDより有利になります。

    またPS4やPro版との大きな違いとしてWindows版にはウィンドウモードというものがあり、自分でプレイ画面の大きさを1ドット単位で自由に設定出来る事が挙げられます。

    今良く売れている31.5〜43インチなどの大きな4Kモニター使えば、例えばFF14は2560×1440ドットでウィンドウモードで表示させ、余ったスペースにブラウザなどを並べて情報チェックや攻略動画をチェックしながら遊べたり、将来的にはアドオンと言われる公式外部ツールが出ると言われていますので、そういったツール類も傍らに置いて遊べるのはかなり捗ると思います。

    また自由に横長のサイズにもできるので(3440×1440など)、大ボス戦などで視界が左右に広がりさらに有利なプレイも可能だったりします。そんなこんなを余裕持って実現出来る、GTX1660Super以上のグラフィックカードであれば、自分に最適なゲーム環境を構築できるんじゃないでしょうか。


    おすすめ5ショップの漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン

    ここではFF14がサービス開始から常に最新スペックに更新しながら推奨ゲーミングパソコン をリリースし続けているPC専門ショップドスパラ、ツクモ、サイコム、パソコン工房、マウスさんからピックアップしています。

    キャンペーンやパーツの相場などで価格が常に変動しており、定期的にチェックはしておりますが最新価格は各ショップの製品名や写真をクリックしてご確認下さい。スマホの方は横向きでご覧いただければと思います。


    Dospara(ドスパラ)
    ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン ガレリア XF(2070Super)
    adfa
    ¥169,980~(税別)
    購入方法店舗・通販
    東京三菱UFJ銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャパンネット銀行リンク決済、ジャックスショッピングクレジット最大48回まで金利0%キャンペーン中、各種クレジットカード

    CPU Core i7-9700K 漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080
    15366
    VGA GeForce RTX2070Super 8GB
    マザー intel B365 ATX おすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆☆☆☆
    コスパ:☆☆☆☆☆
    サポート:☆☆☆☆
    メモリ DDR4 16GB(8GB×2)
    SSD/HDD NVMe512GB/2TB
    OS Windows 10 Home
    おすすめポイントスマホ購入対応済み Amazon Pay・PayPay対応

    ゲーミングノート2モデルが追加されました。

    2月新たにRTX2080Super搭載のハイエンドモデルも推奨パソコンに仲間入り!→ガレリアZG
    なんとストレージは1TBのSSD!読み書きも高速なゲームやクリエイティブ作業にも強力なスペックです。
    この性能でコスパも高いおすすめモデルです。

    紹介のガレリアXF(2070super)はドスパラさんで人気No.1、最新のゲームや4K解像度でプレイをしたいならこのモデルでしょう。レビュー記事はこちら

    RTX2070Super搭載でAMD Ryzen7 3700XのハイコスパなガレリアFF14AXFも追加されました。AMDが好き、またはCPUブランドにこだわりが無ければ多少お安くおすすめです。

    最上級モデルガレリアZZも推奨パソコンに認定。第9世代Core i9-9900K+RTX2080Ti搭載の、今買える最高レベルのスペックが欲しい方におすすめです。
    レビュー記事はこちら

    最新 漆黒のヴィランズ推奨パソコン一覧はこちら。

    ドスパラさんの一番の売りはカスタマイズせずとも始めからしっかりとSSDやHDDがついており、保証や初心者向けサービスがしっかりしている点です。

    アジアで一番インテル製CPUを販売し、インテルから表彰されています。

    BTOパソコン全品を対象に最大48回まで金利手数料無料キャンペーンを開催中
    例:上記ガレリアXF JACCS分割払い(48回):月々3,800円(税込)

    秋葉原でも最大手のPCショップで、神奈川に国内最大の工場を持ち、熟練のスタッフが一つ一つ組み上げ、注文から最速2日で出荷されます。
    セーフティサービスに入れば電話にて基本操作からサポート、万が一の破損・故障も無償交換のサービスがございます。


    TSUKUMO(ツクモ)
    G-GEAR ファイナルファンタジーXIV 推奨ゲーミングパソコン |エクストリームモデル 
    tuku
    ¥219,800~(税別)
    購入方法店舗・通販
    みずほ銀行振込、代引き、ジャックスショッピングクレジット、各種クレジットカード

    CPUCore i7-9700K漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080
    17,666
    VGAGeForce RTX2080 
    マザーASUS TUF Z390-PLUS GAMINGおすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆☆☆
    コスパ:☆☆☆☆

    サポート:☆☆
    メモリ16GB(8GB×2)
    SSD/HDD500GB/オプション
    OSWindows 10
    おすすめポイント: スマホ購入対応済み

    現在FF14推奨モデルは2種あり、インテルCPU搭載のエントリーモデルが2月より加わりました。
    フルHDモニターでプレイするなら最適なモデルです。

    エクストリームモデルは第9世代Core i7-9700KとRTX2080搭載モデルになっており、高性能なRTXカードでレイトレーシング対応ゲームをお手頃に楽しみたいならツクモさんのモデルもおすすめです。

    電源など昔から定評のある壊れにくいパーツを選んで組まれている印象で、一見地味ですが信頼性は折り紙付きです。

    秋葉原でも老舗の一つで、ショップ数と扱うパーツ数は群を抜いており、昔からの自作派には外す事の出来ないショップです。液晶モニターの扱いも豊富で、常に詳しいスタッフが常駐しており、店舗に行けてセットで買うならツクモさんがおすすめです。

    Sycom(サイコム)
    2146114
    漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン G-Master Spear Z390-FX 基本構成
    sauko
    ¥203,510~(※税込み
    購入方法通販のみ
    三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、郵便口座への振込、代引き、セブンイレブン先払い、各種クレジットカード

    CPUCore i7-9700K漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080

    記載無し
    VGAGeForce RTX2060 6GB
    マザーASRock Z390 Pro4おすすめ度:中級者向け
    カスタマイズ:☆☆☆☆☆
    コスパ:☆☆☆
    サポート:☆☆☆☆
    メモリ8GB(8GB×1)
    SSD/HDD512GB/オプション
    OSWindows10 Home
    おすすめポイントAmazon Pay対応

    漆黒のヴィランズ推奨ゲームパソコンには3機種ラインナップされています。

    紹介のモデルはスタンダードモデルですが高速SSDに750Wの高品質電源を標準装備、RTX2060を積んでおりSSDも高速なものを採用、堅牢かつ高性能な一台です。

    2020年1月新たにコンパクトな筐体を採用しながらも性能は全く落ちない高性能モデル「G-Master Spear Z390-Mini III-FX」が追加されました。標準でRTX2060Superが付いており、FF14に充分なスペックを誇ります。その他パーツ群もこだわりのものばかり。LEDのオプションあったりと見た目と性能がハイレベルで融合したおすすめモデルです。

    ハイエンドモデルはCPUとグラフィックカードどちらにも水冷システムを採用。静音と安定した動作を求めるなら本製品です。


    G-Master Luminous Z390 RGB-FX」が推奨モデルに追加されました。妥協の無い性能に加えAura Sync対応パーツを駆使したLEDが暗闇に光る水冷式タワーモデルです。もちろん漆黒のヴィランズも超快適にプレイできます。

    サイコムさんといえばハイエンドモデルにグラフィックカードにオリジナルの水冷ユニットに換装した高性能&静音モデルが挙げられます。PC系Webサイトでもよく特集されていて自作派にも参考になる構成です。

    カスタマイズ画面は相性の悪い物はグレー表示になったり、消費電力の高いパーツはちゃんと推奨電源アドバイスしてくれたりと親切ですね。

    他ショップに比べ少し高めで納期も長めですが、ブランド指定で自分だけのカスタマイズが出来るので、こだわりのある方におすすめです。注文を受け埼玉の本社にて熟練のスタッフが一台一台手作りしており、その美しい配線は所有者の満足度も高いです。

    パソコン工房
    パソコン工房ァイナルファンタジーXIV 推奨パソコン LEVEL-R040-i7-ROA-XIV icon
    icon icon¥149,980~(税別)
    購入方法店舗・通販
    三井住友銀行振込、代引き、コンビニ決済、各種ネット銀行、Pay-easy、じぶん銀行、郵便振替、オリコショッピングクレジット、各種クレジットカード

    CPUintel Core i7-9700漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080

    現在記載なし
    VGAGeForce RTX2060 6GB
    マザーMSI Z390chipsetおすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆☆☆☆
    コスパ:☆☆☆☆

    サポート:☆☆☆
    メモリDDR4 16GB(8GB×2)
    SSD/HDD480GB/2TB
    OSWindows10 Home
    おすすめポイントスマホ購入対応済み
    icon

    「漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン 」 iconサイトがリニューアルされ、2モデルが認定されました。各種グラフィックカードのヴィランズベンチの最新スコア表が掲載されています。

    紹介の製品はRTX2060を搭載したモデルで、16GBメモリ、大容量ストレージ・DVDドライブ搭載と性能と使い勝手を追求したモデルです。もうひとつのモデルはCPU性能の高いAMD Ryzen 3700X搭載のRTX2060採用モデルになります。

    安心の国内生産、24時間電話サポートと、全国に支店も多く不具合時に直接見てもらいやすいメリットがあります。 あとカード以外の支払い方法が一番豊富です。

    Mouse(マウスコンピューター)
    マウスコンピューター/G-TuneァイナルファンタジーXIV 推奨パソコン NEXTGEAR-MICRO im610SA6 iconicon
    icon icon¥114,800~(税別)
    購入方法店舗・通販
    銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャックスショッピングローン、各種クレジットカード

    CPUCore i7-9700漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080
    現在記載なし
    VGAGeforce GTX1660
    マザーintel B360chipsetおすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆

    コスパ:☆☆☆
    サポート:☆☆
    メモリ16GB(8GB×1)
    SSD/HDD256GB/1TB
    OSWindows 10
    おすすめポイント: スマホ購入対応済み

    FF14推奨パソコンページがリニューアル。漆黒のヴィランズ推奨パソコンが発売となりました。
    構成はFF14をフルHDモニターでプレイするには十分な性能で、ミニケースなので机の上に置いても圧迫感なく使えるのが特長です。

    マウスさんはとにかく推奨ゲームPCの種類が多いので、目的にあったものが選びやすいイメージです。CMに乃木坂46を起用したりニコ生で実況したりとマーケティングが上手ですね。もちろん初心者にもやさしく、サポートも365日24時間体制です。

    BTOパソコンカスタマイズ画面で対象のHDDを選ぶと、1年間のうち1回限り故障・破損時にデータを復旧出来るサービスあり。


    トップページに戻る 

    ※ローン金利無料サービスはショップのキャンペーンによって変動しておりますので最新はショップのページにてご確認ください。

    おすすめ度はあくまで個人の見解ではありますので、ご参考程度にとどめていただければ幸いです。
    各ショップの名誉のために書いておきますが、5 点満点で☆3つを「標準的」という感覚で書いています。 逆を返せば標準以上のお店を厳選しているという事ですm(__)m

    おっちゃん的おすすめモデル

    ドスパラさんがSSDを基本構成で大容量を搭載している所に好感を持ちますし、このブログで30台以上レビューさせてもらっておりますが、一度も不具合に遭っていません。
    販売サイトのデザインも一番凝っていて、ラインナップも豊富でドスパラさんの力の入れようがよくわかると思います。今の所標準で最新のRTXシリーズのSuperを積んでるのはドスパラさんだけですね。(サイコムさんもカスタマイズ可能です)

    実際このサイトでの売れ行きを見てもガレリアXTがかなりの割合を占めていますので、FF14推奨PC選びに迷ったらおっちゃんはまずはガレリアXTをおすすめしています。2560✕1440ドットのWQHDモニターまではしっかり稼働してくれます。

    RTX2070SUPER発売で4K解像度でのプレイも可能になってきたのもあり、ガレリアXF2070SUPERモデルが今一番の売れ行き商品だそうなので、これから出るゲームも色々やってみたい方には先行投資的におすすめですね。

    予算がありかつひと味違うオーダーメイド感覚で選びたいのでしたら、サイコムさんもおすすめです。

      FF14推奨ゲーミングパソコン のカスタマイズについて

    CPUとマザーボード:固定倍率のもの(Corei7-9700)と、自分でオーバークロックして性能を調節出来る高クロック版(例:Core i7-9700K)の製品があります。マザーボードのグレードにもよりますが、標準のCPU(Core-i7 9700)ならB365やH390で十分ですし、もしBIOSをいじって性能を引き出したいのであればZ390チップセットを選ぶのがおすすめです。(但し無理なクロックアップは製品の寿命を縮めますので正しい知識が必要ですし、壊れても自己責任になります)

    無理に最高レベルのCPUにせずとも、その時代に一番コスパの高いパーツを3〜5年周期で替えるのが一番満足度が高く感じます。やはり予算の割り振りはグラフィックカードが最優先ですね。

    HDD/SSD:このクラスのNVIDIAのグラフィックカードになると、プレイを簡単に録画・配信出来る「シャドウプレイ」という機能が無料で使え、Youtubeにアップしたり、配信してFCや固定メンバーと攻略研究などをする場合重宝すると思いますので、録画するのでしたらHDDは多めにあった方が良いと思います。おっちゃん的には最低SSD240GB+HDD2TB以上あるものを選びたいです。音楽を楽しんでる方なんかは非圧縮のCDデータを沢山収容出来ますしね。

    メモリ:予算に余裕があるのでしたら、最後のひと押しに16GBにしておくと、動作に余裕が出るのでおすすめですね。

    電源:GTX1660クラスでしたら500Wあれば十分です。今後グラフィックカードを自分で差し替える予定があるのでしたら、700Wあたりにしておけば無難でしょう。メーカーはSeasonic、Corsair、Silverstoneが候補にあればおすすめです。

    ケース:ATXサイズのミドルケースなら、開ければ全てを見渡せる構造になっています。グラフィックカードを取り替えたり、HDDなどの追加は少し調べれば誰でも出来るようになりますので、初めて購入の方ほどメンテや拡張のしやすいミドルATXケースがおすすめです。

    naibuZZ8700
    例:ドスパラさんのPCの構造

    ここではミドルケースのPCを優先的に紹介しており、自分で拡張できれば丸まま買い換えずともより長く楽しめますよ。例えばですが、そのままで3年遊んで、グラフィックカードを最新に変えてさらに2年、その間HDDをもっと大容量に取り替えたり、メモリを増やしたりで、壊れない限り5~6年楽しめるのがこのサイズのPCの魅力ですね。コンパクトなものはグラフィックカードを選んだり、配線がごちゃついて初心者は難しいと思います。

     PCショップのゲーミングパソコンが自作よりおすすめな理由

    昔から和洋問わずPCのRPG好きでしたが、吉田Pと同じくウルティマオンランでMMORPGの楽しさに目覚め、快適にプレイしたくて自作PCを始め、EverQuest、Lotroなどを経てFF11も6年ほどプレイして来たおっちゃんとしては、PCを組む(BTO含む)なら経験上、パーツのバランスもありますが大体13〜15万の予算が突っ込みすぎず、かといって陳腐すぎないラインだと思っています。そういった意味でまさにFF14推奨PCはバランスのいい構成だと思います。

    最近だとYoutubeなどにあげる動画編集にもグラフィックカードがエンコードの支援をしてくれるのでHDDを足せば強力なツールにもなってくれます。

    自作PCの世界も楽しいのですが、どうしてもパーツの相性や組み立て時のショートなどによる故障の場合すべて自己責任になってしまいますし、最初からパーツが壊れていた場合、その特定と交換にとても時間もかかってしまいます。

    ですがPCショップのゲーミングパソコンなら最新パーツで思った通りの完成品が届く上に保証までつきますもんね。FF14をプレイするなら、是非上の5ショップから選ぶ事をおすすめします。

    続きに現在のパーツの簡単な説明とトレンド、さらに各ショップのポイントなど追記していますのでよければどうぞ。

    ※購入について分からない事があればコメントの方にお気軽にどうぞ。今までの回答もヒントになるかもしれませんのでよかったらご覧ください。

    【新生FF14 推奨BTOゲーミングパソコン おっちゃんのおすすめ度チェック 2020年3月】の続きを読む

      5
        このエントリーをはてなブックマークに追加
      suinote

      2018年10月27日 おすすめな推奨ゲーミングノートを更新しました。

      FF14をフルHD画質で快適にプレイするならノートパソコンもかなり余裕ある性能となりました。去年まではノートでのプレイはおっちゃん的にあまり大きくおすすめしてなかったのですが、時代は変わりましたね。Wifi技術もかなり高速・大容量化したので、いつでもどこでもがさらに現実的となったのも大きいと思います。

      去年から今年にかけ、沢山のノートパソコンもレビューさせて頂いた経験もふまえ、今おっちゃんがノートPCを買うもしくは人に勧めるなら、
      • 紅蓮FF14新ベンチでフルHD1920×1080最高画質で7,000(非常に快適)以上
      • 視野角が広く見やすい液晶パネル 
      • 高解像出力が付いていてマルチモニター化もストレスフリー
      • 長時間プレイに強いしっかりした排熱機構
      • SSDが標準装備
      こんな感じのものがいいかなと思います。CPUの最適化が進んで発熱が抑えられているため軽量化・薄型化が進んでるので、予算が許せば17.3インチモデルも選択肢に入れたいところです。

      具体的にスペックの理想は

      CPU intel Core-i7 7700HQ
      VGA Geforce GTX1060以上 / Intel HD Graphics 切替え
      メモリ 8GB以上
      ストレージ SSD250GB〜 HDD1TB〜
      DVDドライブ 最近は非内蔵が増えています
      液晶パネル 15.6インチ以上 FullHD1920×1080 
      入出力  USB3.0 Blutooth4.0 1000BASE-T有線LAN Wi-fi内蔵 HDMI出力端子

      上記の条件から、おっちゃん的見解  紅蓮FF14おすすめの2018年ノートパソコンを探すとこのあたりでしょうね。スクエニの推奨するモデルでもあるので間違いはないかと思われます。スペックやお値段は常に変動していますので、製品写真や製品名をクリックして詳細はお確かめ下さい。

      Dospara(ドスパラ)
      ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIA GCF1060GF
      gcf1060gf_70gf_410
      ¥164,980~(税別)
      購入方法店舗・通販
      東京三菱UFJ銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャパンネット銀行リンク決済、ジャックスショッピングクレジット48回までなら金利0%キャンペーン中、各種クレジットカード

      CPUCore i7-8750H紅蓮FF14ベンチ
      DX11最高品質1920×1080
      記載なし
      VGAGeforce GTX1060 6GB
      液晶パネル15.6インチ フルHD リフレッシュレート120Hzおすすめ度:
      総合力:☆☆☆☆☆
      コスパ:☆☆☆☆
      サポート:☆☆☆☆☆
      メモリDDR4 8GB(4GB×2)
      SSD/HDDM.2 250GB/1TB
      OSWindows 10
      おすすめポイント: スマホ購入対応済み

      上記の条件のお手本のようなモデルです。
      液晶モニターは15.6インチでフルHDですが、リフレッシュレートは最高120Hzまで描画可能なパネルになっています。ノートPCでヌルヌル感が楽しめるのは、わりと横並びな性能の中で光るポイントかなと思います。
      長時間プレイにも熱対策はデュアルファンで冷却してくれますので安心です。
      あとノートにしてちゃんとストレージがM.2のSSDとHDD両方あるのは嬉しいですね。

      注意点としてはDVDドライブは別途必要な事とメモリ量が気になるなら最初にカスタマイズしておくのがおすすめです。

      お値段もデスクトップの同等品ともそれほど高くならず高性能液晶パネルも搭載と、総合力の非常に高い一台だと思います。

      秋葉原でも最大手のPCショップで、納期も最速2日で出荷されます。お支払いも今なら48回までなら無利息で組めます。セーフティサービスに入れば電話にて基本操作からサポート、万が一の破損・故障も無償交換のサービスあり。

      パソコン工房
      パソコン工房ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン LEVEL-15FR101-i7-TNRVI-XIV icon
      icon icon¥198,980~(税別)
      購入方法店舗・通販
      三井住友銀行振込、代引き、コンビニ決済、各種ネット銀行、Pay-easy、じぶん銀行、郵便振替、オリコショッピングクレジット、各種クレジットカード
      CPUCore i7-8750H紅蓮FF14ベンチ
      DX11最高品質1920×1080
      記載なし
      VGAGeforce GTX1070 8GB
      液晶パネル15.6インチフルHD IPS液晶おすすめ度:
      総合力:☆☆☆☆
      コスパ:☆☆☆☆
      サポート:☆☆☆☆
      メモリ16GB
      SSD/HDDNVMe対応 M.2 256GB/1TB
      OSWindows 10
      おすすめポイント: スマホ購入対応済み

      グラフィックチップはGTX1070搭載の先進スペックを贅沢に詰め込んだモデルです。モニターは視野角の広く綺麗なIPS液晶、メモリ量や高速ストレージもしっかりと備え、マルチモニターとして4Kモニターも普通に使えるミニディスプレイポートとHDMIがつき、USB Type-Cもあるので最新の対応モニターへの接続も可能です。FF14推奨パソコンとしては最高峰だと思います。

      ドスパラさんもそうですがパソコン工房さんは全国にお店がありますので、いざ故障や分からない事があると持ち込みできるのは心強いと思います。

      その他パソコン工房さんも来年一月までジャックスローンを使えば最大48回まで金利ゼロで購入出来ますので、特にノートパソコンは高価な買い物などはお得かなと思います。

      DELL(デル) 
      デル株式会社ファイナルファンタジー14推奨ゲーミングノートALIENWARE 15

      icon
      ¥227,980~(税別)
      購入方法店舗・通販
      銀行振込、各種クレジットカード
      card
      CPUCore i7-8750H紅蓮FF14ベンチ
      DX11最高品質1920×1080

      現在記載なし
      VGAGeforce GTX1070 8GB
      液晶パネル15.6インチ フルHD IPS液晶 G-SYNCおすすめ度:
      総合力:☆
      ☆☆
      コスパ:☆☆☆☆
      サポート:☆☆☆☆
      メモリDDR4 16GB
      SSD/HDDNVMe対応M.2 256GB/1TB
      OSWindows10 Home
      おすすめポイントスマホ購入対応済み

      高性能ゲーミングノートといえばデルさんのエイリアンウェアは外せないと思います。スクエニの公式イベントでもよく使われていますね。

      ALIENWAREというブランドでゲーミングPCをラインナップしていますがスペックも大手メーカーにも関わらずPC専門ショップ並みにスペックに本気のこだわりが見えますし、ケースもカッコいいので人気です。

      他にはない特徴としてオリジナル筐体とモニターが高品位な自社製パネルでIPS、そしてNVIDIAチップに欠かせないG-SYNC機能もついています。動きの激しいゲームの描画などでチラつきやみにくいブレなどを滑らかにしてくれます。

      他にも17インチのモデルもあり、注目は13インチの推奨モデルになんとディスプレイが有機ELになっています。

      米国で年に一度開催されるコンシューマーエレクトロニクスショー(CES)で2,000点以上出品される電化製品の中でイノベーションアワード(革新的製品)として受賞しています。

      そして2018年の顧客満足度でも第一位を取っていますので購入後のサポートも安心ですね。

      以上、いいなと思う3つのメーカーからピックアップしてみました。ノートも推奨モデルの基準が随分と上がりましたね。皆GTX1060以上を積み、SSDも高速なM.2接続が当たり前になっていました。
      それ以外にも沢山ありますが、ノートは半完成品を仕入れショップで独自にカスタマイズ後販売しているので、割とベースが同じものが多いです。その中でネームバリューもあり納期もそれなりに早いとなるとこのあたりだと思います。サポートも皆しっかりしてますしね。

        ここ数年のノートの進化・デメリットの解消

      今FF14をプレイするにはPS4、デスクトップ型のウィンドウズ、Macもしくはそれぞれのノートパソコンが必要です。

      この中で今ノートPCを選ばれる方の理由を考えてみると、
      1. 一体型でわずらわしい配線が少なく済み設置が簡単
      2. 室内外に持ち運びが出来る。
      3. コンパクトで存在を主張しない。
      4. 閉じればスリープになり扱いが楽。
      5. 居間などTVを見ながら横に置いて使える。
      メリットはこのへんでしょうか。女性プレイヤーも多いFF14はノートでやってらっしゃる方も多いでしょうね。あと出張の多い方も検討してる方は多いはず。

      一昔前のデメリットとして挙げるなら、
      1. 詰め込んでコンパクトな分、デスクトップに比べて性能が劣る。
      2. 自分で交換できるのは基本メモリとHDD位。
      3. 液晶の質が低い(というイメージ)
      4. ノートは特にMMOは文字が小さくなるので長時間使用は目が疲れる。
      5. 液体がかかったり画面だけ壊れた時など、取り外しが利かず修理に結構な額を取られる場合がある。

      このあたりがかなり改善されてきたと思います。

      1番目は比べれば確かにベンチは落ちますが、各々の性能がこの1〜2年で飛躍的に上がったので、もうノートじゃ遅くて遊べないどころか、大型のサブモニターを繋いで快適に遊ぶことも可能となってきました。GTX1060以上のチップに置き換わった現在、FF14はもう余裕で動くようになったといっていいと思います。

      以前はチップの末尾にモバイルGPUのM(GTX960M)が付いてましたが、今はMが付いてません。デスクトップとほぼ近い性能が出せる事を意味しているのでしょう。

      2番目は逆に以前より一体化が進んでおり交換も少し知識が必要そうです。ですが今はSSD+HDDが主流になって容量も十分な上、USB3.0で高速な外付けストレージも使えるのであまり中を開ける必要性も減っていってはいると思います。メモリ量だけ最初にしっかり決めておけばいいでしょう。

      3番目は確かに低価格ノートなどはTNパネルの見辛いものがありますが、ゲーミングノートと言われる物を沢山レビューしてきた経験上、飛躍的に画質が上がったと思いましたが、まだ大半が解像度はフルHD(1920×1080)が主流です。ただフルHDでもハイエンド機にはリフレッシュレートが75HzにアップしていたりG-SYNCが付いて3Dゲームのチラツキを抑える機能もついているモデルも出てきました。

      4番目ノート単体だと確かに画面は小さいですが、1番目でも言いましたが外部モニターへの接続がしやすくなったのもありますし、FF14自体もUIが改善されてフォントを大きく出来る様になったので随分見やすくはなったと思います。上位モデルには17インチのものもありますしね。とは言え15.6インチはさすがにUIの占める割合が大きすぎて人によっては辛いかも。。。(おまけを参照ください)

      5番目、こんなトラブルや経年劣化は仕方の無い所です。各ショップにある保証をしっかり使うなどで対応するしかないですね。修理の間ショップによっては代替機を貸してくれたりもするようです。

      以上のような全て解消とは言えませんがメリットはそのままで、かなりデスクトップと同じ感覚で遊べるようになったと思います。

        おまけ:画面サイズごとのUIのサイズ

      参考画像としてPCゲームで人気の24インチ液晶モニターEIZO FORIS FS2434-Rを例にとって、画面サイズの比較をしてみると…
      gamen
      吉田PのプレイSSを拝借してきましたが、15.6型ノートに至ってはこれだけ小さくなってしまいます。
      UIの拡大が140%まで可能ですが、それだと今度はUIで画面が埋まってしまいますので、いっそ大画面に繋いで遊ぶのが無難です。その場合外部キーボードやマウスが必要になりますが、デスクトップ感覚で遊べますね。今回紹介したゲーミングノートは2560×1440ドットのモニター位までなら余裕で動いてくれるでしょう。

      長くなりましたが、
      確かにそれなりのスペックを選ぶとお値段も高くなりますが、一体型なのにここ数年でFF14が当たり前に快適に遊べるにまでなったんですから、デスクトップとの差は縮まるばかりに思います。もちろんデスクトップ機の良さも色々あるとは思いますが、若い方ほどそのあたりの選択は柔軟なんじゃないかな、と思います。ぜひデスクトップを考えている方も、ノートも一緒に検討してみられてはと思います。

      以上、参考になれば幸いです。

        5
          このエントリーをはてなブックマークに追加
        2017年1月更新しました。

        管理人がモニターを選ぶにあたって、色々調べた事を記事にしました。

        近頃はサイズ、解像度、機能、応答速度、パネルの種類など、
        かなりのバリエーションがあってこだわる程選ぶのが大変です。

        管理人はFF14プレイヤーとしてはおっちゃんのほうだと思うので、目に優しい液晶なのは最低条件です。
        でもこれは若い人でもそれに越した事はないですよね。

        今時の液晶モニターの特性と使い易い条件を考えてみると

        1. 24インチ1920×1080ドットを基準として、それよりあまり目の細かくないもの
        2. ゲームのために表示遅延の少ないもの
        3. フリッカーフリーでバックライトのちらつきが無いもの
        4. 角度で色変化の少ない 目に優しいIPS液晶
        5. 垂直リフレッシュレート120Hz以上のヌルヌル感
        6. 狭額ベゼルでスッキリ マルチモニター化に向いている

        優先順位で並べるとこうなります。でも4番目までは入っていて欲しいです。
        まぁIPSパネルと高リフレッシュレートは相成れない事が多いようですのでかなり絞られてくるんですが…。

         管理人おすすめのモニター

         FF14をプレイする事を前提として挙げると、やはりスクエニ推奨モニターは強いです。
        新生FF14推奨機器にも認定済みで、24インチフルHD、国産5年保証、IPSパネル(ノングレア)で応答時間が短く(表示遅延0.05フレーム未満)、フリッカーフリーでfpsは60Hz、狭額ベゼル、リモコン付きとかなり条件をクリアしています。アマゾンで見る限りは概ね評判もよいようです。
        HDMIも二つあり、PS4などもリモコンですぐ入力切替できていいですね。

        部材の値上がりを理由にリネーム&値上がりしてしまいましたが、これからもEIZOゲーミングモニターフルHDクラスの主軸として長く売られていくとも言えますね。

        管理人も買いました。
        やはりゲーミングモニターとしてフルHDサイズの中では隙のない作りだと思います。
        売り文句どおりチラツキもなくシャープ、さらにそのシャープさも自由に調整出来る点や、一切モニター前面の調節ボタンを触らずにPCでソフト(公式サイトからDL)G-Ignition2で全ての色調整をマウスで出来るのもいいですね。普通の液晶ではまず出来ない様な明るさまで上げられますし、逆にブルーライトを低減するPaperモードで文字を読む時など簡単な切り替えで刺激を抑えられ勝手がいいです。

        ソフトのヴァージョンアップにより、ユーザーの作った調整パラメーターをDLし、自分のモニターに反映出来るようになりました。FF14ユーザーおすすめの設定もありましたよ。

        暗い画面を見やすくするSmart-Insight2もゲームのみならずYoutubeなどの動画にも反映出来ますので思いのほか色んなものが見やすくなりました。HuluやNetFlixなどの動画視聴も綺麗です。
        リモコンも便利で、オンオフ含む大抵の操作が出来ますので毎日使っています。電池もボタン電池で軽くてスッと持てます。

        あらかじめDVIケーブルとHDMIケーブルは付いてます。画面調整にはUSBでPCと繋ぐ必要がありますがこのUSBケーブルも付属。本体はUSBハブとしても使えますので、配線を無理に引っ張ってくる事もなくなり便利になりました。あとHDMI接続なら音声信号も同時に伝送されるので、内蔵スピーカーから出力可能です。

        肝心のFF14ももう何十時間とプレイしましたが、綺麗で何も問題ありません。唯一の気になる点は管理人がもともと1920×1200ドットのモニターでプレイしていたので少し縦が削られた事ですが、分かった上で買ってますし、それを差し引いても色の鮮やかさや視野角、反応速度など前の液晶とは比べ物にならないです。買って良かったです。もちろんPS4ユーザーもHDMI接続でしっかり使えます。

        注意したいのはDisplayPortが今時の液晶にしては付いてないので、マルチモニター等をされている方はグラフィックカード側の接続ポートを確認された方がいいかなと思います。
        今回モニターアームも一緒に買いました。組み立ても簡単です。
        関節は固定式ではなく自分の好きな位置に随時動かしその位置にピタリと止まるのでとても使い勝手がいいです。モニターアーム専門の会社だけあってかなり頑丈なつくりになっており、モニターが変わっても使い続けていけそうなので、値段は少し張りますが思い切りました。

        その他のスクエニ推奨液晶モニター
        EIZOの最新ゲーミングモニターで、27インチでWQHDなのは当たり前、高品質IPSパネルで144Hzまで表示可能な、まさに次世代スペック全部入りです。この性能をフルに活かすにはハイエンドカード1枚では足らない程です。付加価値として色調整などがPC側からは当然としてスマホからも調整可能になること、世界中のユーザーがゲーム毎に最適なモニターの調整パラメーター公開でき、シェア出来るBenQなどではよく使われる機能も搭載されました。FS2434-Rの完全上位互換モデルですね。Amazonレビューも多く、やはり信頼あるモニターメーカーの強みがあります。

        唯一個人的にはNVIDIAのG-Syncに対応してくれればと思ってましたけど、それを補って余りある一台です。国産では唯一無二のスペックなので、お値段もさすがに高いですね。
        現在は液晶部門から残念ながら撤退してしまった三菱が、EIZOとPC用モニターで競い合ってた頃、とても評判のよかった動画表示の技術「ギガクリア・エンジン」を、アイオーがメーカーの垣根を越えて継承し、さらに独自の技術と合わせて誕生しました。現在マイナーチェンジし二代目になっています。
        27インチフルHDで、ドットピッチが大きくなり、精細感は落ちますがその分UIのサイズを小さめにして、可視範囲を広げられる利点はあります。デフォルトで字も大きく目に優しいです。
        I-Oからは24インチのLCD-RDT242XPBとこの27インチと2機推奨機器となっています。実際お店でも見ましたがFS2434が並んで置かれており、ギガクリアエンジンの効果か確かにくっきり感じました。しっかりリモコンも付いているので他のソースを利用するのも便利ですね。

        そのほかのおすすめ液晶モニター
        ゲーミング向けFORISブランドではありませんが、24インチでフルHDのIPSモニターがリリースされています。リモコンや頻繁な色調整が必要の無い方はこちらがおすすめです。お値段もFS2434より若干お安くなっており、幅広い用途にお考えならこちらもいい製品だと思います。

        fg2421

        EIZOストア直販限定なので一切の値引きが出来ませんが、唯一のVAパネルで低遅延、リフレッシュレート120Hzさらに倍速の240Hz駆動のまさにゲームのために生まれて来たモニターです。実際画面も見ましたがコントラストが高く、ゾディアックウェポンなど光っている装備が本当に光を放ってるように見え、リアル感が増したように感じました。フルHDでは現時点で最強の部類ですね。今は貴重な、国産シャープ製VAパネルで数が確保出来ないのが直販の理由なのでしょうか。一部PCとセットでしたらツクモさんやパソコン工房さんでも買う事が出来ます。このモニターでFF14はちょっと贅沢ではありますかね。
        このFG2421に対抗するモニターがこちら。TN液晶ではありますが倍速表示240Hzが設定可能で、144hzモニターとしても使用可能な海外のゲーマーからも人気の高い液晶モニターになるそうです。お値段もFG2421のほぼ半値になっております。お手軽にヌルヌルを体験したいならこちらかと。

        生産国から敬遠する方もいらっしゃると思いますが、今やEIZOでもほとんど国産パネルは使ってないので馬鹿に出来ないと思います。FS2434-RもLGパネルです。
        ドスパラさんにお借りして見る目が変わった144HzTN液晶です。正面、多少横から見ても映りは鮮明でしたし、144Hzのヌルヌル具合は感動しました。お値段もそこまで高くないですし、色調整も専用のマウス型スイッチが付属しており用途による切り替えが簡単で、全体的に使い易い印象でした。
        上記EIZOのFS2735のスペックと同等のパネルになり、機能的にはEIZOよりシンプルな分、お値段も安くなっています。同じくAMDのFreesyncに対応してますので、Radeon派の方にはいいモニターですね。
        IPSパネルでWQHD最高165Hz、さらにG-SYNC対応とNVIDIAユーザーが最も待ち望んだスペックだと思いますが、画質優先のパネルのため、わずかにTNパネルには表示遅延で遅れを取ります。ゲーマーの方はここにこだわる方も多いので、同社から出ているPG278Qと今までは迷う方も多かったと思います。ただ一つ問題も。
        PG278QはDisplayPortでのみ接続可能で人を選ぶ機種でしたが、その後同スペックでHDMIも増えたものがDellから登場しました。G-SYNCまでついてかなり格安なお値段です。表示遅延もTNならではの1msですのでWQHDゲーミングモニターの中ではかなり条件を満たしたものになります。実は管理人もポチりました。まぁ相当PG279QやFS2735と迷っての選択でしたが、ゲームに特化したモニターをひとつ、その他の作業をIPS液晶(手持ちのFS2434)でマルチで使おうと思い、コスパとスペックを優先させました。他の方のレビューでも、正面から見る分には十分な画質とのことを信じて…。機会あればレビューしたいです。

        メインモニターとして使い、予算に余裕がある方はやはりPG279QやFS2735、一番下に紹介したPG348Qが今はおすすめですね。

         そのほかウルトラワイドタイプのモニター
        以前アキバに行ってツクモのモニターコーナーでこのモニターにフル画面いっぱいのFF14プレイ画面のSSが貼られていました。その広さは圧倒的ですごく欲しくなりました。モニター担当の店員さん自身のSSで、発売と同時にこのモニターを買ったとの事でしたが、FF14プレイヤーにおすすめだそうです。フリッカーフリーとブルーライト軽減付きです。アマゾンではタイムセールで1万円引きをよくやってるようです。
        Dellからもほぼ同等品が出ています。
        こちらもDellショップで実物を見ました。同じLG製パネルを使用してますが、よりよい選別品を使用しているとの事。LG製よりもお値段も安めで、店員さん曰くモニターは赤字覚悟で作っているそうで、その分しっかり目立つロゴをつけて広告がわりにアピールする目的があるのだとか。作りも値段相応しっかりしておりました。ただバックライトのムラ補正機能はありますが、フリッカーフリーは付いてないとの事です。

        ただ上記2製品は4Kテレビが買えるお値段なのでかなりニッチではありますかね…。
        このモニターを選ぶ人は相当なゲームのエンスージアストですね。まさに選ばれし者のモニター(大袈裟)上記で紹介した色んな要素をすべて合わせてインスパイアしたらこれになる、という感じです。お値段もEIZOの4Kモニターが買えちゃうお値段でなかなか思い切りが要りますが、今のGPUなら一枚でも使いこなせそうなスペックですので、どんな世界があるのか興味が尽きません。

        グラフィックカードの性能も上がって来てますし、その性能をリフレッシュレートに費やすか、高解像度モニターに使うか、はたまた両方か…悩みはつきません。

        以上、何かのご参考になれば幸いです。

        続きにスペックの見方などを自分なりに説明したものを載せています。
        以前冒頭に書いてた記事を、長過ぎるので後回しにしちゃいました。

        ご興味があればどうぞ。 
        【新生FF14 2017年1月 PC液晶モニター選びの条件】の続きを読む

          このページのトップヘ