FF14 POT BLOG

どこよりも早く更新!今おすすめのFF14蒼天のイシュガルド 推奨BTOパソコンを、PC専門店5ショップからピックアップしています!ブログ内にはレビュー記事もあり。各パーツの選び方の目安などもわかりやすく紹介しています。

    BTOパソコン

    5
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    titkeviranz

    2020年3月15日更新 新卒・新学期に向けて春のセールを各ショップ開催中です。

    このブログでは今FF14をプレイするのに最適な推奨パソコンを5つのショップからピックアップしご紹介しています。

    現役で買い替えの方はもちろん、今までPS4やProでやっていた方、復帰したいけど今のPCのスペックが微妙だな・・という方にお役に立てると思います。


    漆黒のヴィランズのバージョンアップをもって32bitWindowsとDirectX9がサポート終了となり、動作は可能ですがプレイに支障が出る可能性があるそうです。スクエニ推奨の64bit版のWindows10に移行するいいきっかけにもなりそうですね。

    もちろん新規さんも今から始めて大丈夫!
    開始初期に滞在する街には新規さんがどんどん増えています。
    濃厚でちょっと大人向けなメインストーリーはハマる事請け合い。お仕事で忙しい方でも一つ一つのコンテンツは1時間ほどで終わるものが多く、自分のペースで遊べるように総合プロデューサーの吉田さんはこだわっています。

    新規さんや復帰組にもやさしいLV70スタートさらには過去のメインクエストをコンプリート済みにする有料オプションも出来ましたので、いきなり最新コンテンツだって楽しめちゃいます。(LV70で漆黒のヴィランズメインクエストを始めれば、メインクエスト完了時にはLV80になります)
    そんなズルはいやだ!という方も、ちゃんとベテランプレイヤーが手伝ってくれる仕組みになっており、ダンジョンなど緊張せずとも挨拶のみでOKなので気軽に遊べますよ。

    メインクエストを進める中で、3人のAI(コンピューターが勝手に戦ってくれる)プレイヤーが使えるフェイスシステムが実装され、自分の好きなタイミングでダンジョンでのレベリングを楽しめるシステムも導入されました。

    またゲーム内で本格的な麻雀も楽しめるようになり、麻雀きっかけでFF14の世界に入る新規さんが増えてるそうです。プロの方ともマッチング出来てかなり好評のようですね。


      漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン おおよその平均スペック

    漆黒のヴィランズになり推奨スペックが更新されました。
    555555

    紅蓮の開放者の推奨スペックと比較して変わったところは、PCスペックはそのままでWindowsが64bit必須となり同時にDirectX11への移行も推奨されています。

    グラフィックカードはNVIDIAでいうGTX970は少し前のカードですので、現役のカードにするとフルHDモニターでGTX1660Superが快適に遊べる最低ラインと思えば間違いないと思います。

    2020年3月時点のPCショップFF14推奨パソコンの平均スペックは

    OS:Windows 10  Home 64bit版
    CPU:Intel 第9世代Core i7-9700シリーズ、AMD Ryzen 7 シリーズ
    マザーボード:Intel第9世代B365,Z390、AMD B350、X470チップセット
    グラフィックカード:主にNVIDIA GeForce GTX1660Super・RTX2060・RTX2070・RTX2080Ti(各RTX Super)
    メモリ:DDR4メモリ8GB〜16GB
    SSD:240GB〜512GB 高速なNVMeのSSDが標準のショップもあり
    HDD:オプション〜3TB
    電源:80Plus BRONZE or SILVER認証 500W〜800W
    DVD:DVDマルチドライブ(再生/記録)最近はオプションで非搭載のモデルが増加
    ケース:ATXミドルタワー 目安:幅200×奥行500×高400(mm)

    スクエア・エニックスが検証し認定されている「漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン」は、上記推奨スペックを十分に満たし、例えば『Apex Legends』『Battlefield V』もうすぐ解禁の『モンスターハンター・ワールド ICEBORNE』などもしっかり楽しめるゲーミングパソコンです。
    最新グラフィックカードRTX搭載モデルはさらに4Kモニターでもサクサク遊べる性能を持っています。

      漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコンをおすすめする理由

    推奨パソコンと名が付く製品は、各ショップが勝手にやってるのではなく、スクエニさんに検証してもらい、プレイに問題ないものが認定ロゴを取得できます。

    前項目の平均スペックにGTX1660Tiを組み合わせたモデルでFF14漆黒のヴィランズベンチマークソフトにて、フルHD(1920×1080)、最高品質、DirectX11モードで計測すると13,000以上、最高ランクの「非常に快適」7,000を大幅に超えます。

    bd1ae734

    紹介しているモデルはすでにフルHDでのプレイならかなり余裕ですので、せっかくならその上のWQHD(2560✕1440ドット)以上のモニターで楽しめるとさらに満足度がアップします。解像度が高いほど、操作系のコマンドなどのUIの配置も高精細かつ自由な配置ができて、大事なキャラクターの動きを邪魔しないのでプレイもフルHDより有利になります。

    またPS4やPro版との大きな違いとしてWindows版にはウィンドウモードというものがあり、自分でプレイ画面の大きさを1ドット単位で自由に設定出来る事が挙げられます。

    今良く売れている31.5〜43インチなどの大きな4Kモニター使えば、例えばFF14は2560×1440ドットでウィンドウモードで表示させ、余ったスペースにブラウザなどを並べて情報チェックや攻略動画をチェックしながら遊べたり、将来的にはアドオンと言われる公式外部ツールが出ると言われていますので、そういったツール類も傍らに置いて遊べるのはかなり捗ると思います。

    また自由に横長のサイズにもできるので(3440×1440など)、大ボス戦などで視界が左右に広がりさらに有利なプレイも可能だったりします。そんなこんなを余裕持って実現出来る、GTX1660Super以上のグラフィックカードであれば、自分に最適なゲーム環境を構築できるんじゃないでしょうか。


    おすすめ5ショップの漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン

    ここではFF14がサービス開始から常に最新スペックに更新しながら推奨ゲーミングパソコン をリリースし続けているPC専門ショップドスパラ、ツクモ、サイコム、パソコン工房、マウスさんからピックアップしています。

    キャンペーンやパーツの相場などで価格が常に変動しており、定期的にチェックはしておりますが最新価格は各ショップの製品名や写真をクリックしてご確認下さい。スマホの方は横向きでご覧いただければと思います。


    Dospara(ドスパラ)
    ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン ガレリア XF(2070Super)
    adfa
    ¥169,980~(税別)
    購入方法店舗・通販
    東京三菱UFJ銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャパンネット銀行リンク決済、ジャックスショッピングクレジット最大48回まで金利0%キャンペーン中、各種クレジットカード

    CPU Core i7-9700K 漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080
    15366
    VGA GeForce RTX2070Super 8GB
    マザー intel B365 ATX おすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆☆☆☆
    コスパ:☆☆☆☆☆
    サポート:☆☆☆☆
    メモリ DDR4 16GB(8GB×2)
    SSD/HDD NVMe512GB/2TB
    OS Windows 10 Home
    おすすめポイントスマホ購入対応済み Amazon Pay・PayPay対応

    ゲーミングノート2モデルが追加されました。

    2月新たにRTX2080Super搭載のハイエンドモデルも推奨パソコンに仲間入り!→ガレリアZG
    なんとストレージは1TBのSSD!読み書きも高速なゲームやクリエイティブ作業にも強力なスペックです。
    この性能でコスパも高いおすすめモデルです。

    紹介のガレリアXF(2070super)はドスパラさんで人気No.1、最新のゲームや4K解像度でプレイをしたいならこのモデルでしょう。レビュー記事はこちら

    RTX2070Super搭載でAMD Ryzen7 3700XのハイコスパなガレリアFF14AXFも追加されました。AMDが好き、またはCPUブランドにこだわりが無ければ多少お安くおすすめです。

    最上級モデルガレリアZZも推奨パソコンに認定。第9世代Core i9-9900K+RTX2080Ti搭載の、今買える最高レベルのスペックが欲しい方におすすめです。
    レビュー記事はこちら

    最新 漆黒のヴィランズ推奨パソコン一覧はこちら。

    ドスパラさんの一番の売りはカスタマイズせずとも始めからしっかりとSSDやHDDがついており、保証や初心者向けサービスがしっかりしている点です。

    アジアで一番インテル製CPUを販売し、インテルから表彰されています。

    BTOパソコン全品を対象に最大48回まで金利手数料無料キャンペーンを開催中
    例:上記ガレリアXF JACCS分割払い(48回):月々3,800円(税込)

    秋葉原でも最大手のPCショップで、神奈川に国内最大の工場を持ち、熟練のスタッフが一つ一つ組み上げ、注文から最速2日で出荷されます。
    セーフティサービスに入れば電話にて基本操作からサポート、万が一の破損・故障も無償交換のサービスがございます。


    TSUKUMO(ツクモ)
    G-GEAR ファイナルファンタジーXIV 推奨ゲーミングパソコン |エクストリームモデル 
    tuku
    ¥219,800~(税別)
    購入方法店舗・通販
    みずほ銀行振込、代引き、ジャックスショッピングクレジット、各種クレジットカード

    CPUCore i7-9700K漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080
    17,666
    VGAGeForce RTX2080 
    マザーASUS TUF Z390-PLUS GAMINGおすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆☆☆
    コスパ:☆☆☆☆

    サポート:☆☆
    メモリ16GB(8GB×2)
    SSD/HDD500GB/オプション
    OSWindows 10
    おすすめポイント: スマホ購入対応済み

    現在FF14推奨モデルは2種あり、インテルCPU搭載のエントリーモデルが2月より加わりました。
    フルHDモニターでプレイするなら最適なモデルです。

    エクストリームモデルは第9世代Core i7-9700KとRTX2080搭載モデルになっており、高性能なRTXカードでレイトレーシング対応ゲームをお手頃に楽しみたいならツクモさんのモデルもおすすめです。

    電源など昔から定評のある壊れにくいパーツを選んで組まれている印象で、一見地味ですが信頼性は折り紙付きです。

    秋葉原でも老舗の一つで、ショップ数と扱うパーツ数は群を抜いており、昔からの自作派には外す事の出来ないショップです。液晶モニターの扱いも豊富で、常に詳しいスタッフが常駐しており、店舗に行けてセットで買うならツクモさんがおすすめです。

    Sycom(サイコム)
    2146114
    漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン G-Master Spear Z390-FX 基本構成
    sauko
    ¥203,510~(※税込み
    購入方法通販のみ
    三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、郵便口座への振込、代引き、セブンイレブン先払い、各種クレジットカード

    CPUCore i7-9700K漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080

    記載無し
    VGAGeForce RTX2060 6GB
    マザーASRock Z390 Pro4おすすめ度:中級者向け
    カスタマイズ:☆☆☆☆☆
    コスパ:☆☆☆
    サポート:☆☆☆☆
    メモリ8GB(8GB×1)
    SSD/HDD512GB/オプション
    OSWindows10 Home
    おすすめポイントAmazon Pay対応

    漆黒のヴィランズ推奨ゲームパソコンには3機種ラインナップされています。

    紹介のモデルはスタンダードモデルですが高速SSDに750Wの高品質電源を標準装備、RTX2060を積んでおりSSDも高速なものを採用、堅牢かつ高性能な一台です。

    2020年1月新たにコンパクトな筐体を採用しながらも性能は全く落ちない高性能モデル「G-Master Spear Z390-Mini III-FX」が追加されました。標準でRTX2060Superが付いており、FF14に充分なスペックを誇ります。その他パーツ群もこだわりのものばかり。LEDのオプションあったりと見た目と性能がハイレベルで融合したおすすめモデルです。

    ハイエンドモデルはCPUとグラフィックカードどちらにも水冷システムを採用。静音と安定した動作を求めるなら本製品です。


    G-Master Luminous Z390 RGB-FX」が推奨モデルに追加されました。妥協の無い性能に加えAura Sync対応パーツを駆使したLEDが暗闇に光る水冷式タワーモデルです。もちろん漆黒のヴィランズも超快適にプレイできます。

    サイコムさんといえばハイエンドモデルにグラフィックカードにオリジナルの水冷ユニットに換装した高性能&静音モデルが挙げられます。PC系Webサイトでもよく特集されていて自作派にも参考になる構成です。

    カスタマイズ画面は相性の悪い物はグレー表示になったり、消費電力の高いパーツはちゃんと推奨電源アドバイスしてくれたりと親切ですね。

    他ショップに比べ少し高めで納期も長めですが、ブランド指定で自分だけのカスタマイズが出来るので、こだわりのある方におすすめです。注文を受け埼玉の本社にて熟練のスタッフが一台一台手作りしており、その美しい配線は所有者の満足度も高いです。

    パソコン工房
    パソコン工房ァイナルファンタジーXIV 推奨パソコン LEVEL-R040-i7-ROA-XIV icon
    icon icon¥149,980~(税別)
    購入方法店舗・通販
    三井住友銀行振込、代引き、コンビニ決済、各種ネット銀行、Pay-easy、じぶん銀行、郵便振替、オリコショッピングクレジット、各種クレジットカード

    CPUintel Core i7-9700漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080

    現在記載なし
    VGAGeForce RTX2060 6GB
    マザーMSI Z390chipsetおすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆☆☆☆
    コスパ:☆☆☆☆

    サポート:☆☆☆
    メモリDDR4 16GB(8GB×2)
    SSD/HDD480GB/2TB
    OSWindows10 Home
    おすすめポイントスマホ購入対応済み
    icon

    「漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン 」 iconサイトがリニューアルされ、2モデルが認定されました。各種グラフィックカードのヴィランズベンチの最新スコア表が掲載されています。

    紹介の製品はRTX2060を搭載したモデルで、16GBメモリ、大容量ストレージ・DVDドライブ搭載と性能と使い勝手を追求したモデルです。もうひとつのモデルはCPU性能の高いAMD Ryzen 3700X搭載のRTX2060採用モデルになります。

    安心の国内生産、24時間電話サポートと、全国に支店も多く不具合時に直接見てもらいやすいメリットがあります。 あとカード以外の支払い方法が一番豊富です。

    Mouse(マウスコンピューター)
    マウスコンピューター/G-TuneァイナルファンタジーXIV 推奨パソコン NEXTGEAR-MICRO im610SA6 iconicon
    icon icon¥114,800~(税別)
    購入方法店舗・通販
    銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャックスショッピングローン、各種クレジットカード

    CPUCore i7-9700漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080
    現在記載なし
    VGAGeforce GTX1660
    マザーintel B360chipsetおすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆

    コスパ:☆☆☆
    サポート:☆☆
    メモリ16GB(8GB×1)
    SSD/HDD256GB/1TB
    OSWindows 10
    おすすめポイント: スマホ購入対応済み

    FF14推奨パソコンページがリニューアル。漆黒のヴィランズ推奨パソコンが発売となりました。
    構成はFF14をフルHDモニターでプレイするには十分な性能で、ミニケースなので机の上に置いても圧迫感なく使えるのが特長です。

    マウスさんはとにかく推奨ゲームPCの種類が多いので、目的にあったものが選びやすいイメージです。CMに乃木坂46を起用したりニコ生で実況したりとマーケティングが上手ですね。もちろん初心者にもやさしく、サポートも365日24時間体制です。

    BTOパソコンカスタマイズ画面で対象のHDDを選ぶと、1年間のうち1回限り故障・破損時にデータを復旧出来るサービスあり。


    トップページに戻る 

    ※ローン金利無料サービスはショップのキャンペーンによって変動しておりますので最新はショップのページにてご確認ください。

    おすすめ度はあくまで個人の見解ではありますので、ご参考程度にとどめていただければ幸いです。
    各ショップの名誉のために書いておきますが、5 点満点で☆3つを「標準的」という感覚で書いています。 逆を返せば標準以上のお店を厳選しているという事ですm(__)m

    おっちゃん的おすすめモデル

    ドスパラさんがSSDを基本構成で大容量を搭載している所に好感を持ちますし、このブログで30台以上レビューさせてもらっておりますが、一度も不具合に遭っていません。
    販売サイトのデザインも一番凝っていて、ラインナップも豊富でドスパラさんの力の入れようがよくわかると思います。今の所標準で最新のRTXシリーズのSuperを積んでるのはドスパラさんだけですね。(サイコムさんもカスタマイズ可能です)

    実際このサイトでの売れ行きを見てもガレリアXTがかなりの割合を占めていますので、FF14推奨PC選びに迷ったらおっちゃんはまずはガレリアXTをおすすめしています。2560✕1440ドットのWQHDモニターまではしっかり稼働してくれます。

    RTX2070SUPER発売で4K解像度でのプレイも可能になってきたのもあり、ガレリアXF2070SUPERモデルが今一番の売れ行き商品だそうなので、これから出るゲームも色々やってみたい方には先行投資的におすすめですね。

    予算がありかつひと味違うオーダーメイド感覚で選びたいのでしたら、サイコムさんもおすすめです。

      FF14推奨ゲーミングパソコン のカスタマイズについて

    CPUとマザーボード:固定倍率のもの(Corei7-9700)と、自分でオーバークロックして性能を調節出来る高クロック版(例:Core i7-9700K)の製品があります。マザーボードのグレードにもよりますが、標準のCPU(Core-i7 9700)ならB365やH390で十分ですし、もしBIOSをいじって性能を引き出したいのであればZ390チップセットを選ぶのがおすすめです。(但し無理なクロックアップは製品の寿命を縮めますので正しい知識が必要ですし、壊れても自己責任になります)

    無理に最高レベルのCPUにせずとも、その時代に一番コスパの高いパーツを3〜5年周期で替えるのが一番満足度が高く感じます。やはり予算の割り振りはグラフィックカードが最優先ですね。

    HDD/SSD:このクラスのNVIDIAのグラフィックカードになると、プレイを簡単に録画・配信出来る「シャドウプレイ」という機能が無料で使え、Youtubeにアップしたり、配信してFCや固定メンバーと攻略研究などをする場合重宝すると思いますので、録画するのでしたらHDDは多めにあった方が良いと思います。おっちゃん的には最低SSD240GB+HDD2TB以上あるものを選びたいです。音楽を楽しんでる方なんかは非圧縮のCDデータを沢山収容出来ますしね。

    メモリ:予算に余裕があるのでしたら、最後のひと押しに16GBにしておくと、動作に余裕が出るのでおすすめですね。

    電源:GTX1660クラスでしたら500Wあれば十分です。今後グラフィックカードを自分で差し替える予定があるのでしたら、700Wあたりにしておけば無難でしょう。メーカーはSeasonic、Corsair、Silverstoneが候補にあればおすすめです。

    ケース:ATXサイズのミドルケースなら、開ければ全てを見渡せる構造になっています。グラフィックカードを取り替えたり、HDDなどの追加は少し調べれば誰でも出来るようになりますので、初めて購入の方ほどメンテや拡張のしやすいミドルATXケースがおすすめです。

    naibuZZ8700
    例:ドスパラさんのPCの構造

    ここではミドルケースのPCを優先的に紹介しており、自分で拡張できれば丸まま買い換えずともより長く楽しめますよ。例えばですが、そのままで3年遊んで、グラフィックカードを最新に変えてさらに2年、その間HDDをもっと大容量に取り替えたり、メモリを増やしたりで、壊れない限り5~6年楽しめるのがこのサイズのPCの魅力ですね。コンパクトなものはグラフィックカードを選んだり、配線がごちゃついて初心者は難しいと思います。

     PCショップのゲーミングパソコンが自作よりおすすめな理由

    昔から和洋問わずPCのRPG好きでしたが、吉田Pと同じくウルティマオンランでMMORPGの楽しさに目覚め、快適にプレイしたくて自作PCを始め、EverQuest、Lotroなどを経てFF11も6年ほどプレイして来たおっちゃんとしては、PCを組む(BTO含む)なら経験上、パーツのバランスもありますが大体13〜15万の予算が突っ込みすぎず、かといって陳腐すぎないラインだと思っています。そういった意味でまさにFF14推奨PCはバランスのいい構成だと思います。

    最近だとYoutubeなどにあげる動画編集にもグラフィックカードがエンコードの支援をしてくれるのでHDDを足せば強力なツールにもなってくれます。

    自作PCの世界も楽しいのですが、どうしてもパーツの相性や組み立て時のショートなどによる故障の場合すべて自己責任になってしまいますし、最初からパーツが壊れていた場合、その特定と交換にとても時間もかかってしまいます。

    ですがPCショップのゲーミングパソコンなら最新パーツで思った通りの完成品が届く上に保証までつきますもんね。FF14をプレイするなら、是非上の5ショップから選ぶ事をおすすめします。

    続きに現在のパーツの簡単な説明とトレンド、さらに各ショップのポイントなど追記していますのでよければどうぞ。

    ※購入について分からない事があればコメントの方にお気軽にどうぞ。今までの回答もヒントになるかもしれませんのでよかったらご覧ください。

    【新生FF14 推奨BTOゲーミングパソコン おっちゃんのおすすめ度チェック 2020年3月】の続きを読む

      5
        このエントリーをはてなブックマークに追加
      81g5J1zI-1L__SL1500_

      2017年6月20日に二回目の拡張パック「紅蓮の解放者(レベレーター)」がリリース決定となり、予約販売も始まりました。新しいジョブ「赤魔導士」も発表され、FF11経験者はかなり色めき立つニュースでした。まだまだこれから驚きのニュースはあると思いますが、先だって発表された内容に少し残念なこともありました。かねてから懸案であったPS3のサポートが、拡張パックリリースと同時に終了となります。厳密には拡張後のパッチがもうPS3には当らないので、プレイは出来ても新しい事が出来ない、というこのようです。

      こうなっては遊べないのと同然で、仲間との絆も危うくなりますよね。そうなる前に手を打たなければなりません。PS4へ移行するのもいいとは思いますが、ここではせっかくなのでパソコンへ移行してみませんか、というご提案をしてみたいと思います。

      まず、パソコンに移行したら何が違うの、今でも不便感じてないし。とお思いの方もいるかもしれません。ですが、逆にパソコン経験者が、PS3もしかしたらPS4版に戻れ、と言われたら色んな意味で躊躇すると思うんです。
      その理由は、
      1.  グラフィックの綺麗さ、きめの細かさ、プレイヤー自身もより美しくなり、それがグリグリ動く。
      2. パソコンの性能次第では4Kテレビに目一杯高精細なまま動かせる。またヌルヌル動かせる。
      3. 逆に表示サイズが自由に調整(ウインドウモード)できるので、大きなモニターの一角へ配置し、同時にブラウザなどが見られる。
      4. 高性能なマウスやキーボードが使えるので、工夫次第でコマンドの操作が高速になる。
      5. 自分のプレイを簡単に録画、動画サイトへアップもしくは配信が出来る。
      6. CF待ち時間に、他のゲームを同時起動して遊べる。
      7. skypeやLINEなどでボイスチャットしながら遊べる。
      8. その気になれば5.1chのリアルサラウンドでプレイ出来る。
      9. ノートパソコンなら、持ち出して出先で遊べる。
      10. キャラクター情報が簡単に持ち運び出来るので、友達のPCや漫喫ですぐ自分の環境を再現出来る。
      PS4も可能な部分はありますが、完全な上位互換ですよね。まだまだあると思います。
      あとは最新パソコンなら高性能なので、データの読み込みや記憶が高速ですし、 HDDはまだまだ増設出来るのでお気に入りの動画や好きな音楽も貯め放題です。最近はVRというゴーグル型のモニターを装着してヴァーチャル空間でゲームも出来たりが個人ベースで可能となりました。これは大きなゲーム界の革命でしょう。PS4でも可能になっていますけどね。最近のゲーミングパソコンと言われるものは、高性能になりすぎて普通のゲームではもう力を持て余す位にアップしてますので、FF14は最高品質が余裕で動いたりします。

      なのでエントリークラスのデスクトップパソコンでも十分PS4以上の画質が実現出来るので、随分と買いやすくなったと思います。

      そんなわけで、PS3から買い換えを検討してる方に予算別に大きく3つにわけて紹介してみたいと思います。

      まず最初に、予算は限られてるけどPS4よりは快適に遊びたい、とお思いの方に。
      PS4は1920×1080ドットのTVもしくは液晶モニターで快適に遊べるよう解像度は固定されており、表示品質も固定です。その点パソコン版は自分で細かく設定出来るので、パフォーマンス重視や画質重視にと自由なので、SS時だけ高品質、ふだんは滑らかに動かすため設定を絞るなんて事も可能です。

      フルHDの液晶モニターでフル画面で遊ぶなら、グラフィックカードのグレードもエントリークラスで動いてくれます。具体的に言うとNVIDIA GTX1050(Ti)がPS4とのボーダーラインになる性能と言えそうです。
      これを搭載したゲーミングパソコン、出来ればFF14推奨モデルを探すと…

      G-GEAR ファイナルファンタジーXIV
      推奨パソコン | エントリーモデル

      89,800円(税別 2017.2月現在)
      Core i5-7400(kabylake)4コア4スレッド 3Ghz ターボ時3.5Ghz
      H110チップセット(mini-ITX)
      メモリ8GB
      NVIDIA GeForce GTX1050Ti 4GB
      SSD 240GB
      HDD オプション
      電源 500W

      ベンチマークDIrect X11 フルHD 最高品質で7,564
      ベンチ結果の指標として、最高品質で7,000を超えるとFF14は最高性能と見なされるので
      エントリークラスでもPS4のクオリティを越えてると言えます。
      この数値を出すと言う事は、今ある他のMMOの部類は大抵遊べることを示してもいます。ドラクエ、PSO2、ドラゴンズドグマオンライン、エルダーズスクロールオンライン、韓国系MMOもまず困る事はないはずです。

      サイズがミニケースなので、よく言えばコンパクトで置き場所に困らないし、見た目もシンプルなので存在を主張しないのはいいですね。注意点はこのサイズゆえに拡張性は期待出来ないので外付け製品に頼る事になります。DVDも外付けのオプションですね。SSDはもう一台とHDDも別に選択可能のようです。
      最近はCPUの冷却性能が上がってるのでミニケースのゲーミングパソコンが増えましたね。
      次に買い替えるまで中身は触りたくない!と言う方にはこのサイズですし据置ゲーム機の感覚で使えるかもしれません。


      このパソコンのお供として選んで欲しいのが、なんといってもキングオブFF14推奨モニターである 
       EIZOのFS2434-Rです。医療やデザイン現場のプロ用機器も多く手がける信頼の国産メーカーが出したゲーミングモニターで、FF14プレイヤーに一番売れているモニターでしょう。IPSパネルを使用し視野角は広く応答性能もピカイチ、リモコンも付いていて画質調整もかなり幅広く、ゲーム以外の用途にも十分な画質を誇ります。
      もっと大きなモニターが欲しくなればこれをサブモニターにまた長く使える相棒になると思います。
       

      次にPC本体に15万円前後まで可能な方!
      この価格帯では、長年BTOパソコンを見ていますが一番売れ筋のスペックで、それを見越してメーカーも大量生産するためコスパが高いものが多いイメージです。 

      自作PCも極端にいいものを選ばなければ大体この位に落ちつくんですが、組立手数料を足したとしてもショップのBTOパソコンはお得だと思います。
      で、この価格帯で狙い目はズバリGTX1060搭載機!一昔前でいえば、GTX980を少し上回る性能でベンチマークで言えば12000前後と、もはや標準的なフルHDモニターでは持て余す性能なのでそれなりの環境を構築したくなります。

      このクラスになると、CPUのグレードやストレージ、マザーボードの拡張性もそれなりに欲しいとこです。
      今一番トレンドなスペックを取り入れるとしたら、手堅くこの推奨モデルがいいですね。

      GALLERIA ファイナルファンタジーXIV
      推奨パソコン XT ガレリア XT

      144,980円
      (税別 2017.2月現在)
      Core i7-7700(kabylake)4コア8スレッド 3.6Ghz ターボ時4.2Ghz
      H270チップセット(ATX)
      メモリ8GB
      NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
      SSD 500GB
      HDD 2TB
      電源 500W


      税込みだと15万ちょっと越えちゃいますが…1月に出たばかりの最新KabylakeのCPU搭載になります。
      売れ筋のこのグレードは旧モデルはあっという間にはけてしまうので。 
      他店にないポイントはストレージが最初からたっぷりあるため、色んなゲームを試してみたい方なんかは気兼ねなくインストール出来る所ですね。他ショップももちろん追加は出来ますけど、結局割高になっちゃう事があると思います。なのでカスタマイズなしでポンと買うならガレリアXTですね。
      初めてゲーミングパソコンを買うという方に一番おすすめしやすいモデルだと思います。

      逆にグラフィック性能を予算内で出来る限り確保して他のスペックはそこそこでいいと言うなら、
      今はツクモさんのハイエンドモデルですね。

      G-GEAR ファイナルファンタジーXIV
      推奨パソコン | ハイエンドモデル
      149,800円
      (税別 2017.2月現在)
      Core i7-7700(kabylake)4コア8スレッド 3.6Ghz ターボ時4.2Ghz
      H270チップセット(ATX)
      メモリ16GB
      NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
      SSD 240GB
      HDD オプション
      電源 500W


      老舗のツクモさんだけあって、こちらもコスパが高いモデルですね。
      ただここもよく売れるのか限定数なのか、よく在庫が切れますのでお早めに。

      このクラスのグラフィック性能を使い切りたいなら、モニターもそれなりのものを用意すべきですね。
      その性能は高解像度(縦横のドット数)に向けるか高リフレッシュレート(一秒間に書き換える描画枚数)
      へ向けるか、人によって好みが分かれると思います。後者はどちらかといえば、FPSなどの高速で移動し視点が激しく移動するゲーム向けですが、FF14にも違いはハッキリ分かります。

      GTX1070ならなおのこと、どちらにも特化出来るモニターがおすすめです。
      画面解像度はWQHD(2560×1440)そして描画書き換え数最高144枚(144Hz)を有するモニターで、さらにNVIDIAのカードを使う方に向けたG-SYNCまで搭載のIPS液晶モニターです。

      FS2434-Rを出しているEIZOからもハイスペックゲーミングモニターが出ています。こちらはG-SYNCは無くAMDのグラフィックカード向けな所はありますけど、使用上は全く問題なく使え、国産品質にこだわりたい方はこちらを選びます。公式FF14推奨モニターのお墨付きももらっています。アマゾンのレビュー数からもこのモニターの人気度がわかりますね。

      デスクトップを広く使いたい!と言う方には、40インチオーバーの4Kモニターが今人気です。
      個人的にはこのサイズのモニターへFF14を2560×1440ドットのウィンドウモードにし、余ったスペースをブラウザやウィジェットなどを並べて使うのが便利でした。居間に置くようなサイズですので最初はでか!と思いますがすぐ慣れちゃいます。モニターの性質上、応答速度はそれなりですので、他の用途、たとえば4K放送やYouTube4Kなどに興味がある方にもおすすめですね。IPSパネルなので近くで見ても端々の色変化は少ないと思います。
      ミドルクラスのゲーミングパソコンでもこれだけ様々なスペックのモニターが使え、ゲームプレイものびのびしたものになっていますね。

      最後に、貯金通帳が火を噴くときは今だ!という方に。 
      と言っても推奨パソコンでの範囲ですけどね(汗)BTOパソコンは青天井ですのでその気になれば100万とか行っちゃいますし。

      先にモニターのお話をしますと、
      ゲーム用途で現在最高峰なのは、ASUS ROGブランドで2017年発表された新しいモニター PG27UQになるんじゃないかと思います。まだ発売日もわかりませんが、これは4K(3840×2160)で144Hzというモンスタースペックでこれをフルリフレッシュレートで動かすにはかなりのパワーが必要だと思いますので規格外の構成が必要になりますし、その次の世代でやっとカード一枚で動かせる位になるんじゃないでしょうか。

      パソコンの性能に少し上乗せするようにモニターの性能も上がってます。なのでこれらをいかにフルで動かせるかが一つの指標となる場合がありますね。

      現時点で一番カード性能を要するのはこれもASUSの製品です。

      横長でわずかに湾曲してるため端まで見やすいとされています。3440×1440ドットという変則的な解像度で100Hzまでリフレッシュレートは上げる事が出来るそうです。IPSパネルなので視認性も高いようですね。

      ただ今後はゲームの遊び方もクラウドを使ってPS4のようにリモート操作で重いゲームは遊べるようになる話もあるので、必ずしも高性能なカードは必要なくなってきたりするのかも知れません。

      まぁまだそれは少し先のお話、ここでは当面FF14の拡張パックをいかに楽しむか、です。
      話を戻しまして 、今発売されていて最高峰のスペックを有するFF14推奨パソコンは
        
      GALLERIA ファイナルファンタジーXIV
      推奨パソコン XG ガレリア XG

      204,980円(税別 2017.2月現在)
      Core i7-7700(kabylake)4コア8スレッド 3.6Ghz ターボ時4.2Ghz
      H270チップセット(ATX)
      メモリ8GB
      NVIDIA GeForce GTX1080 8GB
      SSD 500GB
      HDD 2TB
      電源 700W


      最新KabylakeのCPUとマザーボードで、GTX1080搭載機はこのガレリアXGだけです(2月時点)
      ストレージの容量はガレリアXTと同じでグラフィック性能とそれに合わせて電源を強化した構成になっていますね。ただこちらは旧Skylakeベースもまだ在庫はあるようです。GTX1080搭載機なら、先に紹介したモニターもかなりの所まで性能を引き出せるんじゃないかと思います。
       
      推奨パソコンならスクエニのお墨付きということなので安心して購入出来ますが、実のところはゲーミングPCと言われていて、言うなればGTX1050以上ならFF14はどれでもプレイは快適に出来ますので、推奨という垣根を取っ払えば、選択肢は随分広がります…

      どうせ予算無制限(勝手に言ってますが)なら自作派から見て魅力的なBTOパソコンは他にもあります。 

      PCの自作が趣味だと言われる方たちは、内部の構造にこだわり、より性能を引き出そうとします。それは主にCPUやグラフィックカードを電圧を挙げてクロックアップさせる事ですが、限られたケース内のスペースでその時出た高熱をいかに効率よく逃がすかに力を入れます。またグラフィックカードを複数枚使い、さらなる解像度で運用したりを目指します。なので空冷では間に合わない場合が多く、次の手段として、パイプをめぐらせ冷却液による水冷方式を採用しており、もちろん液漏れなどは無いような仕組みになってるので、ここまで人気なんだと思います。そんな自作で流行のこの機構を、BTOパソコンでも実現しているメーカーがあります。

      管理人もお金があれば欲しいゲーミングパソコンです。まぁこれは参考程度ですが…


      G-Master Hydro Z270
      195,270円
      (税込み 2017.2月現在)
      Core i5-7400(kabylake)4コア4スレッド 3.0Ghz ターボ時3.5Ghz
      Z270チップセット(ATX)
      メモリ8GB
      NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
      SSD 480GB
      HDD オプション
      電源 750W


      このサイコムさんのモデルはスペックだけ見たら割と普通ですが、普通でないポイントとしてCPUとグラフィックカードを冷却する方式がどちらも水冷になります。水冷の方が空冷よりもよく冷え、直接的な空冷よりファンが抑えられる分高性能と静音を両立できるメリットがあります。
      そして、今現在最高性能と思われるGTX TITAN X(pascal)もオリジナルの水冷パーツを組み込んでのカスタマイズが可能という、他にはない特徴があります。

      それを選べるのはもちろん、他のカスタマイズもかなり幅広いので、
      世界に一つしか無いワガママ仕様が完成品として届くというわけです。

      管理人が常識の範囲で(?)組むなら
      CPU Core i7-7700K(サイコムオリジナル水冷仕様)
      マザー ASUS STRIX Z270F GAMING
      メモリ 8GB×2 PC4-19200 DDR4
      VGA サイコムオリジナル水冷静音仕様 NVIDIA TITAN X(Pascal)12GB
      SSD Samsung SM961 MZVKW512HMJP [M.2 PCI-E SSD 512GB]
               サイコムオリジナルM.2ヒートシンク(SSDの冷却パーツ)
      HDD Western Digital WD30EZRZ [3TB 64MB 省電力] 
      DVD Pioneer BD- BDR-209JBK Blu-Ray 
      電源 CoolerMaster V750 750W 80PLUS-Gold


      …しめて439,790円!常識じゃないね(笑)グラフィックカードがお値段の半分を占めています。
      でもGPU水冷はマニアだとしても、自作好きなら組んでみたい構成じゃないでしょうか…。

      まぁこの三分の一のお値段でも十分遊べるので見なかった事にしてください^^;

      最後に軽くまとめますと、FF14をプレイしている方は実に様々な環境だと思いますが、同じゲームでも実は性能によっても上手下手の差は随分出てると思われます。範囲攻撃を避けるのであってもグラフィックカードの性能、回線のレスポンス、モニターの応答速度が結構関わっていたり、コマンドやチャットのUIの見やすさ、整頓具合によってもレスポンスが違って来ると思います。頭の回転だけでは追いつかないような差を描画性能や広大な操作画面によりかなりカバー出来るんじゃないかと思っています。

      今選ぶFF14推奨パソコンはエントリークラスからでも相当なレベルでのプレイを可能にしてますので、PS4もいいですが、これを機にBTOパソコンに移行してみませんか。

      PS3の方は色々と大変な期間になると思いますが、この記事がなにかの参考になれば幸いです。
      購入に関して分からない事があれば、コメントを頂ければ分かる範囲ではありますがお答え致しますよ。 

        5
          このエントリーをはてなブックマークに追加
        0021


        2014年9月19日にNVIDIAからGeForce GTX980GTX970を皮切りに、低消費電力に高パフォーマンスを実現したMaxwellコアを搭載した新ブランドが発売、それ以後同コアのGTX960TITANX、さらに2015年6月にGTX980とTITANXの間を埋めるGTX980Tiがリリースされました。
         


        CPUがCore i7-4790での目安ですが、新生FF14ベンチンチマークは上の表あたりを数値をマークします。

        GeForce GTX750(Ti)で新アーキテクチャのMaxwellコアを採用し、その高性能・低発熱・低電力ぶりで一気に人気カードになりましたが、今回GTX970・GTX980はその大本命になります。

        当初2chなどでは消費電力は低くても性能もそこそこでシングルGPU最上位の780Tiは超えられないだろうという予想でしたが、蓋を開けてみればGTX980定格で780Tiを1割以上超える性能を出してきました。
        その下のGTX970でさえGTX780TiとGTX780の間位はあり、Radeonの最上位R9 290Xに迫っています。

        新生FF14のベンチに至っては「非常に快適」クラスの2倍以上を叩き出し、WQHD(2560×1440)の解像度の液晶モニターでも最高品質でプレイ出来るレベルです。

        それに加え消費電力も格段に低くなっておりカード単体としてもすごい勢いで売れているようで、価格コムの売れ筋ランキングも各メーカーのカードでほとんど埋まっている状態です。実際管理人もGTX980を購入しました。

        さらに別ページでも紹介していますが、2015年1月にGTX960も仲間に加わり、GTX980・970・960・750Tiを搭載するBTOパソコンが引き続き売れ筋になっています。

        そこへさらにGTX980の上位であり、最上位のTITAN Xよりわずかに性能を落としたGTX980Tiを搭載したモデルも各ショップ出揃いました。DX11最高品質で非常に快適には少し届きませんが、4K(3840×2160)でのプレイもカード一枚で可能になってきたようです。価格もTITANXに性能的は近いのに10万円あたりのものも出ていてコスパは高そうです。

        ここで紹介するGTX970&GTX980搭載機は、推奨パソコンではない物も中にはありますが、フルHD60Hzの環境にでは物足りない、などさらなるスペックにこだわりたい方のためにおすすめなモデルです。

        スマホでご覧の方は、お手数ですが横向きにして頂くと幸いです。製品写真タッチからも公式ページへ移動できます。

        ドスパラ
        ファイナルファンタジー XIV: 新生エオルゼア 推奨パソコン ガレリア XF
        ¥154,980〜(税別)
        購入方法店舗・通販
        東京三菱UFJ銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャパンネット銀行リンク決済、ジャックスショッピングクレジット、各種クレジットカード
        CPU Core i7-4790 HDD/SSD 2TB/120GB
        VGA GeForce GTX970 4GB静音 Memory 4GB×2
        MBintel ATX H97chipsetOSWin 8.1 or 7
        当GTX970搭載機なら144Hzなどの高リフレッシュレートモニターや、27インチWQHDのモニターでフル画面で遊びたい方にはちょうどいいモデルです。HDDは2TBあり、256GBのSSDの追加も割安です。GTX970カードは、低負荷時にはファンが止まる静音タイプを標準搭載。さらに今なら120GBのSSDが無料でつきます!
        上位のGTX980を搭載したガレリアZGは、Core i7-4790Kに16GBメモリにSSD256GB付き、ブルーレイドライブ・Z97マザーでSLIなど拡張性もある全部入りで買い足しなく楽しめます。
        さらにGTX980推奨モデルにスリムケースを採用したガレリアSGが追加されました。ミドルケース機と性能は遜色なく、SSDも追加可能です。
        6月になりGTX980Tiがリリースされ、搭載PCのガレリアXiガレリアZIが出ています。

        カスタマイズ込みでも2営業日で出荷し、支払いが12回まで無金利でローンが組めるキャンペーンも引き続き行っており好評のようです。

        TSUKUMO(ツクモ)

        G-GEAR ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア推奨PC |ハイエンドモデル
        ¥134,800〜(税別)
        購入方法店舗・通販
        みずほ銀行振込、代引き、ジャックスショッピングクレジット、各種クレジットカード
        CPU Core i7-4790 HDD/SSD 1TB/option
        VGA GeForce GTX970 4GB Memory 4GB×2
        MB GIGABYTE GA-H97-HD3 OS Win 7or 8.1
        上記モデルはは4種ある推奨パソコンの中で、GTX970搭載のハイエンドモデルになりますが、構成をシンプルにして価格を抑えているようです。
        新ケースに総入れ替えされ、更なる性能アップやメンテナンス性の向上を果たしました。
        6月になりGTX980Tiがリリース。推奨モデルではないですが、搭載PCのG-GEAR neo GX7J-Y63/ZEが出ています。

        マウスコンピューター

        マウスコンピューター/G-Tune NEXTGEAR i640GA6-FF14 icon
        icon icon

        ¥149,800~(税別)

        購入方法店舗・通販
        銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャックスショッピングローン、各種クレジットカード
        CPU Core i7-4790 HDD/SSD 1TB/120GB
        VGA GeForce GTX970 4GB Memory 8GB×2
        MB intel Z97 chipset OS Win 8.1
        現在FF14推奨BTOパソコンは、GTX970とGTX980搭載の2種類となっているようです。
        上記モデルはCPUがCore i7 4790Kでメモリが16GB標準で電源が700WとFF14推奨GTX970搭載機の中ではコスパ高めな基本構成になっています。カードリーダー付きです。
        GTX980を搭載したNEXTGEAR i640PA5-SP-FF14 iconiconもグラフィックカード以外は同じ構成で税別179,980円と、SSDはオプションというスタンスは変わらず、カスタマイズの幅は狭めではありますがその分お安くなっているようです。

        パソコン工房

        ゲームパソコン GS7100-i7-TMB-FFXIV
        ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 推奨パソコン
        icon
        icon icon
        icon icon

        ¥137,980~(税別)

        購入方法店舗・通販
        三井住友銀行振込、代引き、コンビニ決済、各種ネット銀行、Pay-easy、じぶん銀行、郵便振替、オリコショッピングクレジット、各種クレジットカード
        CPU Core i7-4790 HDD/SSD 1TB/option
        VGA GeForce GTX970 4GB Memory 8GB×1
        MB intel Z97 chipset OS Win 8.1
        4機種あるFF14推奨モデルの1つでGTX970搭載機になります。ツクモ製のハイエンドモデルとほぼ同じスペックですが、マザーが上位Z97でOCやSLIなどに少し差があります。今なら7,000円オフです。
        上位モデルであるGS7100-LCi7-VMRB-FFXIV iconはGTX980搭載で水冷CPUとSSDで速いと評判のサムスン840Evo250GBが付いて18万円台とコスパの高い構成となっています。
        6月からGTX980Ti搭載モデル「GS7100-i7-XMB icon」も登場しました。
        これらはフェイス、IIYAMA、パソコン工房で共通のモデルになり、エオルゼアカフェでは現在パソコン工房製のPCが置かれています。

        サイコム
        G-Master Hydro-GK3-FFXIV ★新生FFXIV推奨PC ★Hydro

        ¥194,930~(税込み)

        購入方法通販のみ
        三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、郵便口座への振込、代引き、セブンイレブン先払い、各種クレジットカード
        CPU Core i7-4790 水冷 HDD/SSD 1TB/option
        VGA GeForce GTX970 4GB水冷 Memory 8GB×2
        MB ASRock Z97 Extreme4 OS windows8.1
        今ならボーナスセールでGTX搭載BTOPCは最大5,000円引き+送料無料!
        CPUとグラフィックカードに水冷ユニットを標準装備した、静音+性能を追求したモデルになります。ケースもFractal Design最新のDEFINE R5を使い、メンテナンス性と静音性がアップしています。 管理人も買いましたが冷却に長けたお勧めのケースです。
        コストを抑えたい方には標準構成のG-Master Spear Z97-FFXIV でGTX970や980にカスタマイズ可能です。6月からGTX980Tiの水冷仕様のカードも選択可能になりました!マザーボードから選べる豊富な品揃えのカスタマイズ画面は、ちゃんと相性によって警告が出るのでわかりやすいです。
        納期と価格は他のショップよりは長く高めにはなりますが、こだわりのパーツを自由に選べて、プロの組み立てによる配線も美しい、自作派にもいじり甲斐のある一台だと思います。


        コスパが高いのはやはりGTX970搭載機でしょうね。一つ下のGTX960搭載機とあまり価格差が少ない割りにパフォーマンスはFF14ベンチで4,000以上の開きがありますし。

        紹介した中でGTX970搭載モデルを選ぶなら、ドスパラさんのガレリア XFが、価格コムでも受賞されコスパ静音ともに定評のあるPalit製GTX970カードを使用しており、SSDの追加も割安でHDDも2TBありますので、特に買ったままで中はいじりたくない方には、SSDの追加だけ最初にしておけば快適に長く使える一台になると思います。(8月現在もSSDが120GB無料で付いています。)
        期間限定で推奨モデルではないですが、マウスさんの上記MDV-GZ7560X2-SHもお得になっています。

        GTX980搭載モデルでしたらドスパラのガレリア ZGがグラフィックカード以外の構成も充実しており買い足しもなくおすすめです。上にも書きましたがドスパラはジャックスの分割払いが12回まで金利負担するキャンペーンが好評で買いやすく、注文から2日で発送されるのも好ポイントです。


        パソコン工房さんのGTX980モデルGS7100-LCi7-VMRB-FFXIV iconもスペック重視の方にはコスパ高めだと思います。


        自作趣味な管理人の個人的おすすめはサイコムさんのフルカスタムモデルですね。パーツひとつひとつメーカー・型番指定出来ますし、リストにないパーツも可能であれば組み込んでくれる融通も効くようです。世界に一台のわがままな完成品が欲しいならここです。

        管理人のPCは自作のものになりますが、構成的にはガレリアZGに一番近いですね。ブルーレイはないですが。自分が去年末に買い集めて作った時よりも、今はガレリアZGの方が断然お得です。

        ※おすすめ品は個人的な見解のもと選出しておりますので、ご参考程度にとどめて頂ければ幸いです。

         GTX970・980クラスおすすめの理由

        GTX980、970の性能アップの上に低電力消費なだけでも大きなトピックですが、もう1つ大きな進化としてHDMI2.0コネクタをグラフィックカードでは初めて搭載しています。これでやっと4K(3840✕2160)/60Hzの表示をHDMIで実現出来ました。(今までは4K/30hzがHDMI1.4では限界、ドライバで擬似的に可能だった)

        DisplayPort接続なら今でも4K/60Hz表示可能ですが、液晶モニターにはあってもほとんど4Kテレビの方には対応しておらず、ずっと歯がゆい状態でしたがHDMI2.0になったおかげで大画面4KテレビをPCモニターとして使えるようになりました。

        現在28インチあたりの廉価4Kモニターがかなり出回っていますが、ドットピッチが狭いためWindowsでは一部ソフトの文字表示などが小さくなりすぎ使い勝手が悪いため、写真を扱う人はまだいいとしても、大画面で4Kの広大な空間を使いたい人が待ち望んでいたのです。

        3月20日に、やっとPCモニターにもHDMI2.0HDCP2.2を搭載した製品が出ました。ASUSの32インチ4Kモニター PA328Qです。今人気なのかどこも在庫切れです。
        フィリップスから40インチの4Kモニターが出ておりますが、HDMIは1.4止まりのようです。

        一方4Kテレビの方はパナソニックと東芝がHDMI2.0に完全対応、シャープとソニーはHDMI2.0ではありますが、転送される情報の不足があり、一部文字のにじみが生じて使いにくいようです。
        例えば東芝製のREGZA40J9Xにはゲームモードという表示遅延を極力おさえたモードがあり、この機能がPC作業でのマウスの動きからPCゲームまでスムーズにこなせるようです。40インチと巨大ですが、自分のやり易いサイズでFF14をウインドウモードで表示し、余ったスペースにブラウザなり動画なりを同時表示させれば、とても快適なPC空間が手に入りますね。

        4月現在PCモニターとして使えるTVはパーソナルユースという範囲で考えた場合、東芝レグザ40J9X43J10X 、パナソニックのTH-40AX700あたりになると思います。いずれもHDMI2.0 HDCP2.2対応で遅延を極力抑えたゲームモードが付いています。


        あとPC接続で見るYoutubeの4K動画は綺麗ですよ。




        さらに有り余るパワーを有効利用できる「DSR」という機能がGTX660以上のカードに追加されました。
        これは例えばフルHDのプレイ画面を一度4K並みの高解像度化をしてダウンコンバートし、普通のフルHDのレンダリングよりも綺麗に表示させるという、要するに今まで以上に綺麗に見える処理をリアルタイムでこなす機能だそうです。最近のドライバーアップデートで、FGTX970や980以外でも有効になったようですが、かなりGPUのパワーを使うためフルHDでこの機能を使うなら実質GTX980クラスが必要でしょう。

        FF14にも対応しているようで、フルHDモニターでの森の景色などが、さらに細かく綺麗に表示されます。

        dsr


        フルHD解像度で24インチなどでフレームレート60Hzで普通に遊ぶには、GTX960あれば十分なんですが、
        • WQHDや4K解像度のモニターや、フルHD3枚並べての広々とした空間でプレイ
        • 144Hz対応のモニターなどで高リフレッシュレートでのヌルヌルプレイ
        • DirectX11版を最高設定でプレイする(後の情報で11の方が軽くなるらしいです)
        • DSR機能を使ってフルHDサイズでもさらにハイクオリティな画質でプレイなど
        ちなみに管理人としては、将来的にDirectX11版を27インチWQHDフル画面120Hzオーバーで快適に遊びたいです。それを叶えるIPSモニターがやっと2015年3月に登場予定で心待ちしているところですが、フルスペックで遊ぶならGTX980が2枚必要かも…。

        パッチ2.51がリリースされ、ゴールドソーサーが開始、春にはいよいよイシュガルド編の3.0拡張パックとますます楽しみな新生FF14。
        グラフィックカードに余力があればあるほど、様々な方向性でクオリティを上げて行ける楽しみがあります。
        この機会に高スペックなGTX970・980カード搭載モデルを検討してみてはいかがでしょうか。

        ご参考になれば幸いです。

         関連記事:

          このページのトップヘ