FF14 POT BLOG

どこよりも早く更新!今おすすめのFF14蒼天のイシュガルド 推奨BTOパソコンを、PC専門店5ショップからピックアップしています!ブログ内にはレビュー記事もあり。各パーツの選び方の目安などもわかりやすく紹介しています。

    TSUKUMO

    5
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    titkeviranz

    2020年10月1日更新 

    ここではおっちゃんがFF14漆黒のヴィランズをプレイするのに最適な推奨パソコンを5つのPC専門ショップ『ドスパラ』『ツクモ』『サイコム』『パソコン工房』『マウス』さんからピックアップし、ご紹介しています。


    5555


    現役で買い替えの方はもちろん、復帰したいけど今のPCのスペックが微妙だな・・という方にお役に立てると思います。
    もちろん新規さんも今から始めて大丈夫!
    開始初期に滞在する街には新規さんがどんどん増えています。

    濃厚でちょっと大人向けなメインストーリーはハマる事うけあい!お仕事で忙しい方でも一つ一つのコンテンツは1時間ほどで終わるものが多く、自分のペースで遊べるように総合プロデューサーの吉田さんはこだわっています。

    新規さんや復帰組にもやさしいLV70スタートさらには過去のメインクエストをコンプリート済みにする有料オプションも出来ましたので、いきなり最新コンテンツだって楽しめちゃいます。(LV70で漆黒のヴィランズメインクエストを始めれば、メインクエスト完了時にはLV80になります)

    そんなズルはいやだ!という方も、ちゃんとベテランプレイヤーが手伝ってくれる仕組みになっており、ダンジョンなど緊張せずとも挨拶のみでOKなので気軽に遊べますよ。まずはアタッカージョブをすれば勝手に皆がどんどん進んでくれますし。

    メインクエストを進める中で、3人のAI(コンピューターが勝手に戦ってくれる)プレイヤーが使えるフェイスシステムが実装され、自分の好きなタイミングでダンジョンでのレベリングを楽しめるようになりました。
    NWOrIvqwNyzSD0G7XKgmBssxPs

    またゲーム内で本格的な麻雀も楽しめるようになり、麻雀きっかけでFF14の世界に入る新規さんが増えてるそうです。プロの方ともマッチング出来てかなり好評のようですね。ひとまずの無料プレイでも遊べるそうです。


      漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン おおよその平均スペック

    漆黒のヴィランズになり推奨スペックが更新されました。
    555555

    紅蓮の開放者の推奨スペックと比較して変わったところは、PCスペックはそのままでWindowsが64bit必須となり同時にDirectX11への移行も推奨されています。

    グラフィックカードはNVIDIAでいうGTX970は少し前のカードですので、現役のカードにするとフルHDモニターでGTX1660が快適に遊べる最低ラインと思えば間違いないと思います。

    2020年10月時点のPCショップFF14推奨パソコンの平均スペックは

    OS:Windows 10  Home 64bit版
    CPU:Intel 第9世代Core i7-9700シリーズ、AMD Ryzen 7 シリーズ
    マザーボード:Intel第9世代B365,Z390、AMD B350、X470チップセット
    グラフィックカード:主にNVIDIA GeForce GTX1660Super・RTX2060・RTX2070・RTX2080Ti(各RTX Super)
    メモリ:DDR4メモリ8GB〜16GB
    SSD:240GB〜512GB 高速なNVMeのSSDが標準のショップもあり
    HDD:オプション〜3TB
    電源:80Plus BRONZE or SILVER認証 500W〜800W
    DVD:DVDマルチドライブ(再生/記録)最近はオプションで非搭載のモデルが増加
    ケース:ATXミドルタワー 目安:幅200×奥行500×高400(mm)

    スクエア・エニックスが検証し認定されている「漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン」は、上記推奨スペックを十分に満たし、例えば『Apex Legends』『Battlefield V』『モンスターハンター・ワールド ICEBORNE』などもしっかり楽しめるゲーミングパソコンです。
    最新グラフィックカードRTX搭載モデルはさらに4Kモニターでもサクサク遊べる性能を持っています。

    2020年9月現在 推奨パソコンとしては検証の余地があるため、コロナ情勢もあり登場するのは時間がかかると思われます。

      漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコンをおすすめする理由

    推奨パソコンと名が付く製品は各ショップが勝手にやってるのではなく、スクエニさんに検証してもらいプレイに問題ないものが認定ロゴを取得できます。

    前項目の平均スペックにGTX1660Superを組み合わせたモデルでFF14漆黒のヴィランズベンチマークソフトにて、フルHD(1920×1080)、最高品質、DirectX11モードで計測すると12,000以上、最高ランクの「非常に快適」7,000を大幅に超えフルHDモニターなら余裕なため、その上の解像度でもサクサク動くレベルが現在はエントリークラスとなっています。

    bd1ae734

    具体的にはWQHD(2560✕1440ドット)以上だと満足度がアップします。解像度が高いほど、操作系のコマンドなどのUIの配置も高精細かつ自由な配置ができて、大事なキャラクターの動きを邪魔しないのでプレイもより有利になります。

    またPS4やPro版との大きな違いとしてWindows版にはウィンドウモードというものがあり、自分でプレイ画面の大きさを1ドット単位で自由に設定出来る事が挙げられます。

    今良く売れている31.5〜43インチなどの大きな4Kモニター使えば、例えばFF14は2560×1440ドットでウィンドウモードで表示させ、余ったスペースにブラウザなどを並べて情報チェックや攻略動画をチェックしながら遊べたり、将来的にはアドオンと言われる公式外部ツールが出ると言われていますので、そういったツール類も傍らに置いて遊べるのはかなり捗ると思います。

    また自由に横長のサイズにもできるので(3440×1440など)、大ボス戦などで視界が左右に広がりさらに有利なプレイも可能だったりします。そんなこんなを余裕持って実現出来る、GTX1660Super以上のグラフィックカードであれば、自分に最適なゲーム環境を構築できるんじゃないでしょうか。

    コロナ自粛を機に日本も在宅ワークが見直されるようになります。ゲーミングノートは仕事に余りある性能ですので、一台もっておくといい時代になりそうです。幸い最近のゲーミングノートもかなり大画面でも薄型軽量化していますよ。レビュー記事あり→こちら

    おすすめ5ショップの漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン

    ここではFF14がサービス開始から常に最新スペックに更新しながら推奨ゲーミングパソコン をリリースし続けているPC専門ショップドスパラ、ツクモ、サイコム、パソコン工房、マウスさんからピックアップしています。

    キャンペーンやパーツの相場などで価格が常に変動しており、定期的にチェックはしておりますが最新価格は各ショップの製品名や写真をクリックしてご確認下さい。スマホの方は横向きでご覧いただければと思います。


    Dospara(ドスパラ)
    新ケース版
    ガレリアXA7C-R70S RTX2070Super
    搭載
    sk_410
    ¥169,980~(税別)
    購入方法店舗・通販
    東京三菱UFJ銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャパンネット銀行リンク決済、ジャックスショッピングクレジット最大48回まで金利0%キャンペーン中、各種クレジットカード

    CPU intel Core i7-10700 漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080
    記載無し
    VGA GeForce RTX2070Super 8GB
    マザー intel H470 ATX おすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆☆☆☆
    コスパ:☆☆☆☆☆
    サポート:☆☆☆☆
    メモリ DDR4 16GB(8GB×2)
    SSD/HDD NVMe512GB/オプション
    OS Windows 10 Home
    おすすめポイント: スマホ購入対応済み Amazon Pay・PayPay対応 LINE会員募集中→こちら

    推奨パソコンガレリアXFはCPUの世代交代のため販売終了し、本機が後継モデルとなりました。
    オリジナルの新ケースを採用し、よりスタイリッシュになり、排気性能もアップしています。標準でRTX2070Superを搭載してますのでヘビーなゲームも、4K解像度でのFF14も楽しめます。ストレージは爆速SDDが512GBあり、オプションで増加も可能です。ドスパラさんでも今一番人気のおすすめモデルです。

    ゲーミングノ
    ート2モデルが追加されました。
    とくにガレリアGCR2070RGF-QCはインテルと共同開発されたスタイリッシュかつ高性能な薄型ノートで、FF14はもちろんリモートワークにも。スクエニ側も今おすすめなノートになっています。レビューはこちら

    もう少し予算を抑えたい、という方におすすめなのがGTX1660Super搭載のガレリアXA7C-G60Sです。最新のインテルCPU搭載で現在は推奨モデルから外れていますが、2560✕1440ドットのWQHDモニターまではしっかり稼働してくれます。16MBメモリに256GBの爆速SSDとバランスもいい構成です。とくに初心者さんは迷ったらこれ!グラフィックカードは後から交換も可能です。

    漆黒のヴィランズ推奨パソコン一覧はこちら。

    ドスパラさんの一番の売りはカスタマイズせずとも始めからしっかりとSSDがついており、保証や初心者向けサービスがしっかりしている点です。

    アジアで一番インテル製CPUを販売し、インテルから表彰されています。

    パソコンを対象に最大48回まで金利手数料無料キャンペーンを開催中
    例:上記ガレリアXF JACCS分割払い(48回):月々3,900円(税込)〜

    秋葉原でも最大手のPCショップで、神奈川に国内最大の工場を持ち、熟練のスタッフが一つ一つ組み上げ、注文から最速2日で出荷されます。
    セーフティサービスに入れば電話にて基本操作からサポート、万が一の破損・故障も無償交換のサービスがございます。



    TSUKUMO(ツクモ)
    G-GEAR ファイナルファンタジーXIV 推奨ゲーミングパソコン |ハイエンドモデル 
    tuku
    ¥169,800~(税別)
    購入方法店舗・通販
    みずほ銀行振込、代引き、ジャックスショッピングクレジット、各種クレジットカード

    CPUAMD Ryzen™ 7 3700X漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080
    17,666
    VGAGeForce RTX2070Super 8GB
    マザーASUS PRIME B450-PLUS (ATX)おすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆☆☆
    コスパ:☆☆☆☆

    サポート:☆☆
    メモリ16GB(8GB×2)
    SSD/HDD500GB/オプション
    OSWindows 10
    おすすめポイント: スマホ購入対応済み

    新たにRTX2070Superを搭載したFF14推奨ハイエンドモデルが追加されました。CPUはAMDを採用し、よりコスパを追求したパーツ構成で、ストレージもしっかりあるので初心者さんでも使いやすいモデルだと思います。

    現在FF14推奨モデルは3種あり、インテルCPU搭載のエントリーモデルが2月より加わりました。
    フルHDモニターでプレイするなら最適な10万円を切るモデルです。

    エクストリームモデルは第9世代Core i7-9700KとRTX2080搭載モデルになっており、高性能なRTXカードでレイトレーシング対応ゲームをお手頃に楽しみたいならツクモさんのモデルもおすすめです。

    電源など昔から定評のある壊れにくいパーツを選んで組まれている印象で、一見地味ですが信頼性は折り紙付きです。

    秋葉原でも老舗の一つで、ショップ数と扱うパーツ数は群を抜いており、昔からの自作派には外す事の出来ないショップです。液晶モニターの扱いも豊富で、常に詳しいスタッフが常駐しており、店舗に行けてセットで買うならツクモさんがおすすめです。

    Sycom(サイコム)
    2146114
    漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン G-Master Spear Z390-Mini III-FX 
    基本構成
    erty5w
    ¥195,160~(※税込み
    購入方法通販のみ
    三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、郵便口座への振込、代引き、セブンイレブン先払い、各種クレジットカード

    CPUCore i7-9700K漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080

    記載無し
    VGAGeForce RTX2060 Super 8GB
    マザーGIGABYTE Z390 M GAMINGおすすめ度:中級者向け
    カスタマイズ:☆☆☆☆☆
    コスパ:☆☆☆
    サポート:☆☆☆☆
    メモリ8GB(4GB×2)
    SSD/HDD512GB/オプション
    OSWindows10 Home
    おすすめポイントAmazon Pay対応

    漆黒のヴィランズ推奨ゲームパソコンには3機種ラインナップされており、その中でもコンパクトな筐体を採用しながらも性能が全く落ちない「G-Master Spear Z390-Mini III-FX」がスクエニおすすめです。

    最新モデルが欲しい!という方には第10世代CPUに切り替わったG-Master Spear Z490-Miniも発売中です。スクエニが検証次第、推奨パソコンに切り替わるモデルです。個人的にもおすすめです!

    標準でRTX2060とFF14に有り余るパワーを持ち、その他パーツ群もこだわりのメーカーばかり。ケースは今一番人気のある北欧製の高剛性のものを採用、LEDのオプションあったりと見た目と性能がハイレベルで融合したおすすめモデルです。

    ハイエンドモデルはCPUとグラフィックカードどちらにも水冷システムを採用。静音と安定した動作を求めるなら本製品です。

    サイコムさんといえばハイエンドモデルにグラフィックカードにオリジナルの水冷ユニットに換装した高性能&静音モデルが挙げられます。PC系Webサイトでもよく特集されていて自作派にも参考になる構成です。

    カスタマイズ画面は相性の悪い物はグレー表示になったり、消費電力の高いパーツはちゃんと推奨電源アドバイスしてくれたりと親切ですね。

    他ショップに比べ少し高めで納期も長めですが、ブランド指定で自分だけのカスタマイズが出来るので、こだわりのある方におすすめです。注文を受け埼玉の本社にて熟練のスタッフが一台一台手作りしており、その美しい配線は所有者の満足度も高いです。

    パソコン工房
    パソコン工房ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン LEVEL-R0X5-R73X-ROR-XIV  icon
    icon icon¥164,980~(税別)
    購入方法店舗・通販
    三井住友銀行振込、代引き、コンビニ決済、各種ネット銀行、Pay-easy、じぶん銀行、郵便振替、オリコショッピングクレジット、各種クレジットカード

    CPUAMD Ryzen7 3700X漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080

    現在記載なし
    VGAGeForce RTX2060 6GB
    マザーASUS X570-PROおすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆☆☆☆
    コスパ:☆☆☆

    サポート:☆☆☆
    メモリDDR4 16GB(8GB×2)
    SSD/HDD240GB/1TB
    OSWindows10 Home
    おすすめポイントスマホ購入対応済み
    icon

    最新CPUを搭載し、格闘プロゲーマー「ガチくん」とのコラボモデルLEVEL-M049-iX7-RJS-IeC iconは、Core i7-10700、DTX1660Super、16GBメモリに480GBSSDを搭載して13万円台!
    パソコン工房さんで買うなら個人的におすすめです。


    「漆黒のヴィランズFF14推奨ゲーミングパソコン 」
    iconは現在1機種ラインナップされていますが、構成にやや古さを感じるためリニューアルを待ちたい所です。

    紹介の製品はAMD Ryzen7、 RTX2060を搭載したモデルで、16GBメモリ、大容量ストレージ・DVDドライブ搭載という構成で、WQHD解像度でのプレイに最適なスペックと言えそうです。
    ストレージが若干心もとないので、SSDはせめて512GBあると安心です。


    安心の国内生産、24時間電話サポートと、全国に支店も多く不具合時に直接見てもらいやすいメリットがあります。 あとカード以外の支払い方法が一番豊富です。

    Mouse(マウスコンピューター)
    マウスコンピューター/G-TuneァイナルファンタジーXIV 推奨パソコン NEXTGEAR-MICRO im610SA6 iconicon
    iconicon ¥144,800~(税別)
    購入方法店舗・通販
    銀行振込、代引き、コンビニ決済、ジャックスショッピングローン、各種クレジットカード

    CPUCore i7-9700漆黒FF14ベンチ
    DX11最高品質1920×1080
    現在記載なし
    VGAGeforce GTX1660
    マザーintel B360chipsetおすすめ度:初心者向け
    カスタマイズ:☆

    コスパ:☆☆☆
    サポート:☆☆
    メモリ16GB(8GB×1)
    SSD/HDD256GB/1TB
    OSWindows 10
    おすすめポイント: スマホ購入対応済み

    残念なことにFF14推奨パソコンは販売終了となってしまったようです。上記リンクも無効となります。

    推奨ではないですが、マウスさんのおすすめモデルはCore i7-10700K、RTX2070Superを搭載したG-Tune HN-Z iconです。512GBのNVMeタイプの爆速SSDと2TBストレージに、高級800W電源などガッチリ固めた構成です。

    マウスさんはとにかく推奨ゲームPCの種類が多いので、目的にあったものが選びやすいイメージです。CMに乃木坂46を起用したりニコ生で実況したりとマーケティングが上手ですね。もちろん初心者にもやさしく、サポートも365日24時間体制です。

    BTOパソコンカスタマイズ画面で対象のHDDを選ぶと、1年間のうち1回限り故障・破損時にデータを復旧出来るサービスあり。


    トップページに戻る 

    ※ローン金利無料サービスはショップのキャンペーンによって変動しておりますので最新はショップのページにてご確認ください。

    おすすめ度はあくまで個人の見解ではありますので、ご参考程度にとどめていただければ幸いです。
    各ショップの名誉のために書いておきますが、5 点満点で☆3つを「標準的」という感覚で書いています。 逆を返せば標準以上のお店を厳選しているという事ですm(__)m

    おっちゃん的にはドスパラさんがSSDを基本構成で大容量を搭載している所に好感を持ちますし、このブログで30台以上レビューさせてもらっておりますが、一度も不具合に遭っていません。
    FF14特設ページのデザインも一番凝っていて、ラインナップも豊富でドスパラさんの力の入れようがよくわかると思います。今の所標準で最新のRTXシリーズのSuperを積んでるのはドスパラさんだけですね。(サイコムさんもカスタマイズなら可能です)スクエニさん側もドスパラさんが一番最初に載ってますので、一番のおすすめショップと考えていいでしょう。


    RTX2070Super発売で4K解像度でのプレイも可能になってきたのもあり、ガレリアXF2070Superモデルが今一番の売れ行き商品だそうなので、これから出るゲームも色々やってみたい方には先行投資的におすすめですね。予算が厳しいいようならGTX1660Super搭載のガレリアXA7C-G60Sがその次におすすめです。

    予算がありかつひと味違うオーダーメイド感覚で選びたいのでしたら、サイコムさんもおすすめです。

      FF14推奨ゲーミングパソコン のカスタマイズについて

    CPUとマザーボード:固定倍率のもの(Corei7-9700)と、自分でオーバークロックして性能を調節出来る高クロック版(例:Core i7-9700K)の製品があります。マザーボードのグレードにもよりますが、標準のCPU(Core-i7 9700)ならB365やH390で十分ですし、もしBIOSをいじって性能を引き出したいのであればZ390チップセットを選ぶのがおすすめです。(但し無理なクロックアップは製品の寿命を縮めますので正しい知識が必要ですし、壊れても自己責任になります)

    無理に最高レベルのCPUにせずとも、その時代に一番コスパの高いパーツを3〜5年周期で替えるのが一番満足度が高く感じます。やはり予算の割り振りはグラフィックカードが最優先ですね。

    HDD/SSD:このクラスのNVIDIAのグラフィックカードになると、プレイを簡単に録画・配信出来る「シャドウプレイ」という機能が無料で使え、Youtubeにアップしたり、配信してFCや固定メンバーと攻略研究などをする場合重宝すると思いますので、録画するのでしたらHDDは多めにあった方が良いと思います。おっちゃん的には最低SSD240GB+HDD2TB以上あるものを選びたいです。音楽を楽しんでる方なんかは非圧縮のCDデータを沢山収容出来ますしね。

    メモリ:予算に余裕があるのでしたら、最後のひと押しに16GBにしておくと、動作に余裕が出るのでおすすめですね。

    電源:GTX1660クラスでしたら500Wあれば十分です。今後グラフィックカードを自分で差し替える予定があるのでしたら、700Wあたりにしておけば無難でしょう。メーカーはSeasonic、Corsair、Silverstoneが候補にあればおすすめです。

    ケース:ATXサイズのミドルケースなら、開ければ全てを見渡せる構造になっています。グラフィックカードを取り替えたり、HDDなどの追加は少し調べれば誰でも出来るようになりますので、初めて購入の方ほどメンテや拡張のしやすいミドルATXケースがおすすめです。

    naibuZZ8700
    例:ドスパラさんのPCの構造

    ここではミドルケースのPCを優先的に紹介しており、自分で拡張できれば丸まま買い換えずともより長く楽しめますよ。例えばですが、そのままで3年遊んで、グラフィックカードを最新に変えてさらに2年、その間HDDをもっと大容量に取り替えたり、メモリを増やしたりで、壊れない限り5~6年楽しめるのがこのサイズのPCの魅力ですね。コンパクトなものはグラフィックカードを選んだり、配線がごちゃついて初心者は難しいと思います。

     PCショップのゲーミングパソコンが自作よりおすすめな理由

    昔から和洋問わずPCのRPG好きでしたが、吉田Pと同じくウルティマオンランでMMORPGの楽しさに目覚め、快適にプレイしたくて自作PCを始め、EverQuest、Lotroなどを経てFF11も6年ほどプレイして来たおっちゃんとしては、PCを組む(BTO含む)なら経験上、パーツのバランスもありますが大体13〜15万の予算が突っ込みすぎず、かといって陳腐すぎないラインだと思っています。そういった意味でまさにFF14推奨PCはバランスのいい構成だと思います。

    2020.5.15追記:
    現在、こっそりとあるMMORPGのベータテスターをしています。洋物好きなら絶対ハマる、今後の展開も期待できる超大手リリースの作品です。夏頃にはリリースするでしょうし、洋物好きな吉Pも絶対注目しているタイトルです。ここで紹介する推奨モデルで十分プレイできます。
    良かったこちらに記事が。

    最近だとYoutubeなどにあげる動画編集にもグラフィックカードがエンコードの支援をしてくれるのでHDDを足せば強力なツールにもなってくれます。

    自作PCの世界も楽しいのですが、どうしてもパーツの相性や組み立て時のショートなどによる故障の場合すべて自己責任になってしまいますし、最初からパーツが壊れていた場合、その特定と交換にとても時間もかかってしまいます。

    ですがPCショップのゲーミングパソコンなら最新パーツで思った通りの完成品が届く上に保証までつきますもんね。FF14をプレイするなら、是非上の5ショップから選ぶ事をおすすめします。

    続きに現在のパーツの簡単な説明とトレンド、さらに各ショップのポイントなど追記していますのでよければどうぞ。

    ※購入について分からない事があればコメントの方にお気軽にどうぞ。今までの回答もヒントになるかもしれませんのでよかったらご覧ください。

    【新生FF14 推奨ゲーミングパソコン おっちゃんのおすすめ度チェック 2020年10月】の続きを読む

      5
        このエントリーをはてなブックマークに追加
      【GTX1080】蒼天FF14もおすすめハイスペックBTOパソコン【GTX1070】

      新生FF14推奨パソコンを販売しているショップはマイナーチェンジを重ねながら主力製品としてアピールしています。PCゲームをするなら断然BTOパソコンがおすすめです。

      現在はかなりハイスペックな推奨モデルも出てきましたが、新生FF14は設定次第でロースペックでも遊べる懐の広さがありますので10万円前後の推奨モデルもありますしPS4と迷ってる方も手を出しやすくなってるかもしれません。

      管理人は現在自作PCでプレイしていますが、以前はツクモさんのBTOモデルでした。もともと自作派で旧14をしたくて構成を考えてたらほぼ同じものが販売されていたので買っちゃいました。理想のスペックで完成品が届くのはやはり魅力的ですよね。

      そこで本題なのですが、
      これから自作あるいはBTOパソコンでで新生FF14をプレイしてみたい!
      または最新スペックに買い換えたい!という方に、まず2016年6月現在のPCパーツのトレンドをまとめ、その上でおっちゃんおすすめのBTOパソコンを選んでみました。

      おさえたいポイントとしては、
      ・新生FF14は特にですが、お金を掛けるならCPUよりもグラフィックカードに
      ・マザーボードは基本H170チップセット、SLIや、CPUをオーバークロックしたければZ170チップセット
      ・メモリーは8GB以上(無駄なく使うためにOSはWindows10 64bit版を)
      ・読み込み速度の速いSSDにOSとゲームプログラム本体、画像・動画などの保存データはHDDに
      ・電源は適切な容量と出来るだけ高いグレードを(4段階あります)


      拡張パック3.0でDirectX11になっても基本は同じです。

      以下は主に価格コムの売れ筋上位のものや、
      価格コムプロダクトアワードなどを獲ったものからピックアップしており、
      値段は基本的に最安値の辺りを示しています。
      円安の影響でほぼ輸入品のPCパーツは値上がり傾向ですので、
      今は自作よりコスパの高いBTOPCを見つけて買うほうがお得でしょうね。

      CPU
      intel Core i7-6700K(Devil's Canyon)40,000円前後で価格コム1位。プロダクトアワードでも銀賞受賞です。FF14推奨PCにはよく1つ下のCore i7-6700が採用されており充分な性能ですが、6700Kはさらにオーバークロックで性能を引き出したい方向けです。ちなみにOCせずとも周波数がデフォルトで6700よりも高いため人気があります。ただFF14に関してはSSDの追加や上位グラフィックカードの交換に予算を割り振った方が体感差を得やすいと思います。CPUはゲームと同時にプレイ録画や配信などの重い作業をする事があれば違いが出る程度でしょう。

      CPUクーラー
      虎徹 SCKTT-1000
      定番人気の空冷CPUクーラーです。現在1位で3,300円前後。CPU付属の純正クーラーでは心もとない方には安くてよく冷える代表だと思います。個人的には自分のPCに導入しておりますNoctua製のものが、さらに静かなファンとよく冷えるヒートシンクを備えており、サイコム製の静音PCにもよく採用されているようでおすすめです。

      マザーボード
      ASUS H170-PRO  現在1位で13,000円前後、SKYLAKE対応の最新H170チップセットです。台湾メーカーのASUSは手堅い作りが人気で、国産大手メーカー製PCにも昔からよく使われています。他にもASRockやGIGABYTE製があり、推奨BTOパソコンにはこの3社いずれかのH170マザーを使ってる事が多いです。CPUを定格で、グラフィックカードも一枚で使うならH170で十分ですが、もしオーバークロックやSLIやCrossFireなどカード2枚挿し以上を考えているのであればZ170チップセットのモデルを選ぶのが一般的です。さらに上を目指すならX99チップセットもありますが、ゲーム用途としては別ベクトルでオーバースペックなので同時にいくつものアプリを操作したいマニア向けな気がします。

      グラフィックカード
      STRIX-GTX960-DC2OC-4GD5 [PCIExp 4GB] 26,000円前後。新生FF14をメインに考えるならばスコアも7,000前後出る一番程よいクラスのカードです。ゲーム以外の低負荷時にはファンを止めて静音を期待できる賢い機能つきでおすすめです。GTX960であれば蒼天のイシュガルドベンチマークでも、フルHD最高品質でスコア7,000前後で遊べる事がわかりました。FF14ならばまずGTX960をおすすめしますね。あとはお好みのモニターの解像度などに合わせてアップグレードをしてゆければいいと思います。現在順位はGTX1080の登場で大きく変動していますが、10万円前後でかなりのオーバースペックですので、さらなる高みを目指す方向けになっています。


      メモリ
      コルセア CMK16GX4M2A2666C16(DDR4 4GB2枚組)1位で9,000円前後です。定格で使うなら十分ですが、今時なら最低8GB欲しいところです。オーバークロックを視野に入れるなら、高クロックに耐えられるものがおすすめです。メモリといえば、秋葉で一番品揃え豊富なPCショップArk(アーク)販売のサンマックス製のものもおすすめです。

      SSD
      SanDisk SSDプラス SDSSDA-240G-J25C 240GBで7,400円前後。これの導入の有無でPCの起動やアプリケーションの立ち上がり等、HDDに比べ読み込み速度にかなりの差が出ます。新生FF14は特にエリア移動時の読み込みが多いので超おすすめです。マザーボードがZ170なら、さらに高速なM.2スロット直挿しのSSDもついており高速化していますので人気です。保存データをHDDに貯めるなら、SSDは256GBで十分だと思います。

      HDD
      WD30EZRZ-RT Western Digital製 1位で約3TBで9,000円前後、2位は同社2TBなので必要な容量に応じて。SSDはOSやアプリケーション入れで、HDDはデータ格納と使い分けがおすすめ。もちろん多いに越した事はないのですが、よほど大量に動画などを保存するのでなければまず2TBで十分だと思います。

      電源
      コルセア クーラーマスターV750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP 12,000円前後、定番電源メーカー、Gold認証で手頃なお値段の750Wの製品ただいま4位です。個人的には同じコルセアでもRMシリーズがセミファンレスで静かな上、BTOパソコンへ採用もよくされて信頼性も高くこちらもおすすめです。電源のグレードはBronze,Silver、Gold、Platinumとグレードによって値段も上がりますが信頼度も上がります。ちなみにRMシリーズはすべてゴールド認証です。他にシーソニック、玄人志向などがよく名前があがります。

      DVDドライブ
      パイオニア DVR-S21L 現在7位で3,000前後。国産内蔵型DVDドライブといえばパイオニア製です。BTOパソコンには韓国LG製ドライブがデフォルトな事が多いです。ブルーレイ記録対応タイプはぐっと高くなり12,000円前後しますが、BD再生だけ出来る(DVDには記録可能)パイオニア製BDC-207BKがあり安めではあります。


      ケース
      Define R5 FD-CA-DEF-R5
       1年以上1位をキープし続けている管理人の超おすすめケースです。16,000円前後。スウェーデン製のケースですが、そのデザインと剛性、値ごろ感で今人気です。ファンの取り付けも自由度が高く組みやすい内部機構が口コミで広がっているようですね。サイコムさんではMicroATX版ですが水冷式ゲーミングPCのケースに採用されています。BTOパソコンは人気のあるケースを使ったり、ショップオリジナルを開発して売り出している所も多いです。最近同じコンセプトのMicroATX版も出ました。

      まとめると
      CPU…Intel Core i7-6700、予算があればより実クロックの高い6700K
      CPUファン…基本純正のCPUに付属のもの、オーバークロックなどを考えるなら別買い。
      マザーボード…intel H170チップセット ASUS製かASrock製あたりが鉄板
      グラフィックカード…1920×1080フルHDモニターで遊ぶならGTX960が最適 今人気なのは上位GTX1080
      メモリ…ちゃんとしたパッケージ入りのDDR4-1600 4GBを2枚(デュアルチャネル)
      ストレージ…HDD2TBあたりが平均、出来ればSSDを120GB以上入れ、そこへOSやFF14をインストール
      電源…グラフィックカード2枚挿しなどの予定が無いなら、SILVER認証以上の最低500Wのもの
      DVD…DVD再生、DVD-Rへの書き込みが出来ればいい
      ケース…パーツを熱で寿命を縮めない為にも通気、排気などがしっかり出来るATXサイズのケースがベスト。
      マウス・キーボード…直接操作するものなので、店頭で確かめるのが一番。あまりに安いとカサカサギシギシうるさかったりする。ロジテック製あたりがおすすめ。
      OS…基本Windows10ですが、Windows7や8.1も一応購入可能のようです。

      以上、価格コムで人気の最新パーツで自作するならDSP版OSも含めてグラフィックカードのグレードによって13〜20万強というところでしょうか。(キーボードマウスモニター除く)

      フルHD1920×1080の解像度で最高品質設定で7,000出ればベンチで最上位の「非常に快適」ですので
      CPUがよっぽど低性能でなければGTX960で十分達成できるラインです。せっかくPC版ですし、PS4がフルHD最高品質で非常に快適クラスで動いているのでそれよりは高画質で楽しみたいですよね。

      ですが今より高画質になるであろうDirectX11版の新生FF14や、フルHD以上の解像度で楽しみたいと思われるならGTX980、GTX970あたりで余裕を持っておいてもいいと思います。

      2016年6月現在、上のトレンドをふまえ、
      なおかつ新生FF14推奨BTOパソコンで探してみると
      このあたりが一番近かったです。


      GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン XF ガレリア XF
      144,980yen(税別)
      一番人気ドスパラ製BTOパソコンです。GTX970搭載で標準でSSDが480GBもついており長く使える一台でしょう。
      GTX960搭載モデルももちろん快適に遊べますが、高解像度モニターも最近は増えていますしそれに耐えうる性能を持つためにも今ならガレリアXFが魅力的に思います。FF14蒼天ベンチDX11モードでも最高品質フルHDで11,000オーバー、OSはwindows10(7も選択可)、CPUはCore i7-6700、H170マザー、DDR4メモリ8GB、ストレージはHDD2TBもついています。

      グラフィックカードが2015年の価格コムプロダクトアワードで金銀銅総ナメしたPalit製なのもポイントです。カードの負荷によってファンの速度が変わり、低負荷時には完全に0になり静音性も高いカードを標準搭載しています。納期の早さや、12回払いまで金利0のジャックスクレジットローンもポイントです。

      ツクモ
      G-GEAR ファイナルファンタジーXIV:
      新生エオルゼア推奨PC | ハイエンドモデル

      134,800yen(税別)
      こちらも新生FF14推奨パソコンで、GTX970搭載機であり、SSDは240GBが標準搭載ですが、HDDはオプションですのでご注意です。オリジナルケースも最新の静音メンテナンスが向上したものに入れ替わりました。
      ちなみにGTX960搭載のスタンダードモデルもくせのない構成でおすすめです。


      BTOパソコンは少しの知識があるだけで簡単に交換アップグレードできるのがいいですよね。ノートや一体型PCはよくやってメモリ増設とHDD交換位ですし。そもそも、BTOパソコンは無駄な物が付かない上に自作よりも場合によっては安く付きますし、何より完成品で届くのはやはり安心です。

      ちなみに今もっとも新生FF14プレイヤーに売れている液晶モニターが
      EIZOのFS2434-Rでしょう。売れすぎて部材調達が間に合わずなのか、値上げしてリネームし再発売されました。


      お値段は42,000円前後とお高めではありますが、
      ・日本製、新生FF14公式推奨モニター
      ・視野角に優れたIPSパネルを使用し斜めから見ても色変化が少ない
      ・画面のちらつきをほぼゼロにするフリッカーフリー
      ・色合いや輝度などを付属のアプリケーションで、マウスで簡単に調整出来る
      ・ゲーム内の暗いエリアを明るく映しだして視認性を劇的にアップさせる機能(SMART INSHGHT2)
      ・リモコン付きでPS4や他ハードの切り替えも簡単
      ・VESAに対応してるので、モニターアームを取り付け可能

      ここまで揃っているIPSフルHDモニターはFS2434-Rだけです。アマゾンでもかなりの高評価ですね。
      5年保証、国産ブランドの信頼性が付いてゲーム以外の用途にもしっかり使えるのでおすすめです。
      その他、おすすめのモニターを別記事でも紹介しています→こちら

      自作PCを15年ばかり趣味にしているおっちゃんからすると、今BTOパソコンを買うなら
      ドスパラさんやツクモさんが大手ですし、大量生産する分コスパも良く新しい規格にも対応が早いのでおすすめです。実際よく売れているようですしね。秋葉原ではこの2店に加えてパソコン工房(ユニットコム系)とマウスコンピュータさんが、ゲーミングBTOパソコン販売の四大柱という感じに思います。

      あとは、通販専門店ですがパーツのメーカーまでこだわりたければサイコムさん、ガチガチの高性能PCならストームさんが得意そうに思います。

      以上、最新スペックのBTOパソコンで快適なエオルゼアライフを楽しんで下さいね!
      ご参考になれば幸いです。

      下記関連記事も、若干内容はかぶりますが定期的に更新しておりますので良ければどうぞ。

      関連記事:

        5
          このエントリーをはてなブックマークに追加
        追記 2013/08/02

        この構成で2013年新生14のプレイは続行します。

        最新キャラクリエイト付きベンチは、調べた範囲だと
        1600×1080 最高品質で8000弱出ます。非常に快適だそうです。
        前回ワールドベンチで 5300ほどだったんで、かなり最適化が進んだ結果のようです。
        勝因(?)は無理にでもお金をかけたRADEON5850ですかね。
        このGPUは今でも結構通用する性能だと思います(震え声)

        まぁ買い替えるお金もないんで、、ね。
        問題はパンパンになったSSDですな・・・・何を削ろう(汗) 

        以下2010/09/13日記

        一週間は悩んだFF14の為と言っても過言ではない
        PC構成がやっと決まった。

        最初は出来るだけあるものを流用して組むつもりだったけど、
        バラバラに注文すると結局高くつくし、届かないと相性問題が分からないし。
        悩んだ末、今回はプロに任せようかと思いBTOにした。

        それに嫁さんが「もうこの先そうそうは買えないんだから
        後悔しないようにすれば」とのありがたいお言葉で
        ちょっぴり予算もオーバーしちゃいましたが(*´Д`*)
        とはいえ、拡張の余地は残しておきたいもの。
        小遣いでちょいちょい弄りたいもんね。

        まぁ一番悩んだのは、INTELにするかAMDにするか。
        FF14はCPUはGPUに比べればそこまで重要じゃないらしいし、
        ハイエンドGPUにすれば、HIGH設定ではCorei5-760辺りから上はスコアにあまり影響しないそうな。
        まぁあくまでベンチの結果だけだし、実際のゲームは重くしようと思えばいくらでも設定で重く出来るんだけどね。

        やはり確実なのはINTELかなぁとCorei7-870とギリギリまで思ってたけど、今回はAMDに決めた。
        まだP55チップセットはしっかりUSB3.0やSATA3.0に対応してないし、
        ブリッジで搭載してるやつもUSB3.0とSATA3と排他利用、GPUとの帯域を共用?するとかで、
        イマイチパッとしないんだよね。
        コロコロかわるINTELのプラットフォームに
        何回も丸替えさせられた経緯もあるし。

        そもそも次回はAMDにしようと思ってたんだよね。
        マザーもAM3ソケットはしばらく現役だろうから次世代もいけそうだし。
        チップセットもすでにフル帯域で対応してるから長く使えるし。
        全体的に安いのもいいな。

        まぁ性能はぶっちゃけINTELさんの方に分があるんでしょう。
        ただ最初に書いたように14はCPUはそこまで性能を問わないし、
        全体のバランス見たらこっちの方がよく思えたんよね。

        前置き長くなったけど、これが決定した構成です。

        【CPU】AMD PhenomII X6 1090T Black Edition…鶏頭牛尾とでも言いいましょうかw
        【CPUファン】リテール…兜か無限2にしたかったけどメニューに無かった。OCするつもりないのでひとまず様子見
        【MB】ASUS M4A88TD-V EVO/USB3…BTOではこれ一択だけど、価格.COMだとAMDマザーでは実質1位
        【MEM】DDR3-1333 4GB(2GB×2)Sanmax製…ちゃんと動けばこだわりないです。
        【VGA】ATI Radeon HD5850 1GB …長く使いたいからどうしてもこれ以下には妥協したくなかった。
        【SSD】crucial RealSSD C300 64GB…これも出来るだけ妥協したくないポイントだった。OS、アプリ用。
        【HDD】高速SATAII 1TB …メーカーは記載なし。データ保管用。
        【電源】Toppoewr TOP630P1 80PLUS認定…容量十分だし認定品なのでメーカーは特にこだわらず。
        【DVD】SATA DVDマルチドライブ…動けば良い程度。
        【ケース】指定のもの。オプションでSSD用マウンタ追加。
        【OS】なし

        以上、注文は結局TSUKUMOにした。見積は108,600円。
        色んなショップで見積もったけど、
        マザーの自由度が高いとこは大体高くついて、
        ここは一択だけど人気のマザーだったのでこれが大きな決定打だったかな。
        でも他のモデルで安いのは、他のショップでもそうだったけど
        大体MSI製の必要最小限のマザーだった。BIOSアップデートさえ怪しいらしいとの噂。
        それとVGAは基本でHD5870だったけど、5850に下げて、OSなしにして値段を下げた。

        ただ、実はSSDがここではcrucialRealSSD C300が選べなかったので、
        しょうがなくそれとは別に同じツクモに注文した。
        大した手間じゃないけど、組み込んでもらえたら尚いいんだけどなと。
        一応、メールで可能か今聞いてるとこ。

        自分の理想としては、FF14ベンチHIGHで4000を超えてくれるといいなぁと。
        初めてのAMDだから、ちょっとドキドキするけど、
        今後エンコードもiPhone4の為にやるだろうし、6コアは無駄じゃないはず。
        少し納期は長いけど、なんとか
        22日のコレクターズエディションが手に入るまでには間に合うかな。

          このページのトップヘ